fc2ブログ

食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

擬態と生物相と死後のことについて考える

庭のツゲの木を剪定していると、とある生物を発見!
2021.11.03擬態1

分かりますか!?
2021.11.03擬態1 (2)
ちょっと拡大して印を付けてみました。

ヤモリです。
2021.11.03擬態2
こうやって見ると見事な保護色。

外敵から見つかりにくいので葉っぱの茂った木々の下は絶好の隠れ家ですし、エサとなる昆虫類も集まってきますしね。


我が家の庭にはヤモリやカナヘビやマムシやシマヘビやアオダイショウなど、たくさんの爬虫類が生息しています。
そのエサとなる無数の昆虫類も。
(鳥類や哺乳類もたくさんいます…)

地面を掘ったらミミズや幼虫の類がウヨウヨいますし、夜間はナメクジが這い回り、ワンコ達の排泄物を少し放置したらフンコロガシの幼虫によってスカスカになっています。

虫や爬虫類が嫌いな人々にとっては地獄のような空間でしょうが、私にとってはとても心地良い場所です。

農薬や化学物質によって、それらの小さな生物が全く生息していないなんてとても不自然に感じるんですよ。


汗を流しながら作業をしつつ
「もし自分が剪定作業の最中に急病で倒れたりしたら…」
そんな事をふと考えます。

それなりに近隣住民が住んでいる場所なので、そんな事はないのでしょうが
「あっと言う間に土に還って、たくさんの植物や生物の栄養素になるのだろうなぁ」

今までにフィールドで見たたくさんの骸の事を思うと、「それもまた良いな」とも思ってしまいます。


あ、こんなことを考えるなんてちょっとお疲れ気味かも(笑)。


早く山へ行きたいぞっ!!


↓そんな事になったら腐敗臭が凄くてきっと大事件になると思うよっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
狩猟の魅力まるわかりフォーラム
スポンサーサイト



カレンダー
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード