fc2ブログ

食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

セミの生る木

我が家に生えているモチノキ。

「そろそろ枝先だけでも剪定しなきゃなぁ~」
暑くなってきて野外活動がしんどくなる気温なので、少しウンザリしながら木を見上げます。
2021.07.11セミの生る木1

「ああ、アブラゼミの抜け殻が付いてるな」
2021.07.11セミの生る木3

と思ったら尋常な数ではありません。
2021.07.11セミの生る木4

ほとんどの枝という枝にアブラゼミの抜け殻がぶら下がっています。
「おお、まるでセミの生る木だ!」

セミの抜け殻は例年見られたのですが、こんなに大量にくっ付いているのを見たのは初めてです。


一つ心当たりがありました。
ホシノさん(飼っていたニワトリ)の最後の一羽が死んでしまった事です。

最初は5羽いたホシノさんですが、一羽、また一羽とお亡くなりになり、遂に今年最後の一羽の命の炎が消えてしまいました。
そこで驚いたのは小さな庭の生物相の変化です。

まず雑草がボーボーに茂り、草藪に蚊やその他の昆虫が繁茂し、それを食べるカナヘビやカエルがとても増えました。
2021.07.11セミの生る木7
(最近は抜くのを諦めて草刈りに変更しました。笑)

ニワトリが土の上を歩き回ってミミズなどのエサを探すだけで雑草の防除になっていましたし、生えて来る雑草の新芽はホシノさん達の貴重なビタミン源となっていたのです。

カエルやカナヘビや昆虫類もホシノさん達の恰好のエサになっていました。
同じように羽化のために地上に出てきたセミの幼虫も、たくさんの数がホシノさんのタンパク源となっていたんでしょうね。


それにしてもニワトリが数羽歩き回るだけで庭の平和が護られていたんだと実感できます。
早く次のニワトリ飼わなきゃなぁ~。

庭木を少し整理して畑を少し増やそうか迷っているんですよね。


ホシノさんがお亡くなりになって悪いことばかりではなく、葉っぱがニワトリのビタミン源となって食べられていたので、ほとんど収穫できなかったブルーベリーが実って毎日収穫できています。
2021.07.11セミの生る木2

毎日これくらい。
実が小さめのラビットアイ系だけど、今までほとんど採れなかったのでとても嬉しい♪


色々な物事には良い面と悪い面があるのだと実感できます。

さ、庭木の剪定頑張ろうっと!!


↓セミの幼虫の唐揚げの食レポ頼むっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
狩猟の魅力まるわかりフォーラム
スポンサーサイト



カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード