fc2ブログ

食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

新型コロナワクチン接種を受けて狩猟と産業革命についてちょっと考えた

1回目のコロナワクチン接種を受けてきました。
2021.07.08ワクチン接種2

もともとは7月末くらいの接種予定でしたが、職場から唐突に「明後日行ってください」と連絡が来ました。
「ワクチンが足りない」とか「高齢者から年代別の接種」なんてことが報道されていますのでかなり驚きましたが、夜間の接種枠が許可されたので空きが出来たとのこと。

心の準備も出来ていなかったのですが、遅かれ早かれ打つようになるので、指定時間に接種会場に到着。
同じ職場の若い方もたくさん受けに来ていましたよ。

病院の駐車場に設置されたプレハブ小屋に「ワクチン接種センター」と大きく書かれた横断幕。
2021.07.08ワクチン接種1
しかしここは昼間のみのもので、夜間接種枠の人は病院の中で接種を受けるとのこと。



接種を受けるにあたり、大学時代は抗体の研究をしていたので基礎知識はあったのですが、ワクチンについて真面目に学んだことがなかったので、改めて少し調べてみました。

【1798年(18世紀末)、イギリスの開業医エドワード・ジェンナーは牛痘(牛がかかる天然痘)を用いた天然痘予防のワクチンを開発し、当時不治の病であった天然痘から人々を救うことになりました。(天然痘により50年で人口が8000万人から1000万人に減少)
その後、パスツールなどによってワクチンの培養方法などが確立し、時には1000万人の単位で人類が死亡しかねないような流行病から、ワクチンは人類を救ってきた】

ジェンナーが天然痘ワクチンを開発した当時の歴史背景を見てみると、蒸気機関が発明され、18世紀半ばに起こった産業革命の真っ最中であることが分かります。

蒸気機関の発明によりエネルギーや食糧の安定供給がなされるようになり、大量の物資や食品が汽車により遠隔地まで移動され、それまでそこに費やされていた労力が他の工業や医療などに費やされるようになったのですね。
こうやって考えてみると産業革命と医療の進歩などは深く関係があることが分かります。



病院で受付をしてワクチン接種予診票に記入し、医師による問診。
接種自体はあっけないほどにすぐ終わりました。

接種後に15分のタイマーを渡され、アナフィラキシーなどの異変がないかの経過観察。
待ち時間にすることもなくぼんやりと考えます。

「産業革命が起こった頃から、全世界的に自分が生きるための狩猟というものが廃れていったのだろうなぁ。
安定して食料が得られるようになれば、命がけで野生鳥獣を獲る必要なんてないもんな…。
狩猟採集生活の終焉がきて、飢えることもなく、医療も発展して一昔前では不治の病だったものが治療出来たり予防できるようになった恩恵で、人類がこれだけ繫栄できたのだろう。

しかしながら人口増加や食糧の安定供給に伴い、人口爆発や自然破壊などの負の一面を持つ問題を引き起こすことになり、そして人口密集や遠距離移動が可能になることによって、一地方の疫病でしかなかった病原体が世界的蔓延を引き起こすことになったんだよなぁ。

そう考えると300年前からあまり進歩していないのかも…。

いやいや、パンデミックが起こっても、こうして発生から2年程度で一般人がワクチンを接種できるほどに人類の英知は進歩したじゃないか」


ピピピッ!とタイマーの電子音。

特に異常がないことを係の方に告げ、趣味で狩猟をしているへなちょこハンターの私はいそいそと帰路に就いたのでした。


早くコロナ禍が治まりますように。


↓接種日は酒飲むなよっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
狩猟の魅力まるわかりフォーラム
スポンサーサイト



カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード