fc2ブログ

食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

大物マハタを釣りました!!

疲れるとか日焼けするとかお金がかかるとか、色々なことに懲りずに再びディープタイラバ釣行へGO!!

最近なぜ船釣りにばかり行っているのかというと、同じくらいの情熱や熱量を持つ友人ハンターの腹口くん(仮名)という、一緒に行ってくれる友人の存在が大きいですね。

あと、コロナ禍で防波堤はファミリーフィッシングのご家族でいっぱいなんですよ。
大自然の下で遊ぶのはとても良い事だし、子供の内にたくさんの色々な経験をすることはとても大切だと思うのですが、私は静かに釣るのが好きなタイプなのです。(←単なる大人のワガママ。笑)


自宅を出たのは夜中だったので、船に乗り込み釣り場に着くまで船倉で横になり仮眠。


さあ、第一投目。
まずは船長さんが前回ガンガン大きな真鯛を上げていた緑色のタイラバでチャレンジ!

でも、レンコダイが時たまヒットするのみで大物はイマイチの状況。

早々に見切りをつけ、前回私がよく釣れたオレンジ色へタイラバチェンジ。
2021.06.30マハタ1
お、すぐにレンコダイが連続ヒット♪

更に50センチほどの真鯛がヒット!
2021.06.30マハタ3

私はあまりタイラバ(ルアー含む)の色や細かなところに頓着しないタイプなのですが、やはり自分が自信のある選択をすることは大切だと思いました。
(こんないい加減だからルアー釣りが下手)


続いてアオナに
2021.06.30マハタ2

40センチほどの真鯛(写真撮り忘れました)。


そしてガツガツと大きな魚がタイラバにアタックしてきたのですが、針掛りしなかったので完全に巻き上げず、すぐに再フォール(途中でタイラバを海底まで落とすこと)。

ドカンっ!と重量感のあるアタリ!!

ドラグが唸りを上げて鳴り、ラインが凄い勢いで引き出されます。
「デカい…。それに重量感が普通じゃない…。走らないから青物じゃないな。鯛だったらかなりの大きさだぞ!」

ジワジワと寄せては魚が走ってラインが出されを繰り返します。
「なんとか姿だけでも見たい。慎重に慎重に…」

そして上がってきたのは大きなタカバ(マハタの地方名)。
2021.06.30マハタ4
62センチ。4.1kg。
(大きなものは1メートル以上になります)

巷ではアラ(クエ)と並ぶ高級魚です。
初めて自分で釣りました。
「やったやった!メチャ嬉しい!!」

もうこの時点で終漁しても良いくらい(笑)。


その後はヤズ(ブリの若魚)を釣ったり、真鯛を追加したり。
2021.06.30マハタ5

真鯛は良く釣れ、66センチを筆頭に6枚。


これは腹口くん(仮名)の釣った大物シイラ(80センチ)。
2021.06.30マハタ6
よく引いて楽しそうでした。


帰宅してワンコ達もソワソワ(笑)♪
2021.06.30マハタ7
最近魚をトッピングで食べていますから、美味しいものだと理解しているようですね(笑)。


なんだかんだで大漁!!
2021.06.30マハタ8

(ご近所さんにお裾分け後のもの。腹口くん(仮名)の釣った大物シイラもいただきました)


あ~、楽しかった♪

今日も自然の恵みに感謝です。


↓ちょっとだけ褒めてやるよっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
狩猟の魅力まるわかりフォーラム
スポンサーサイト



カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード