食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

ヒザラガイ

お!ヒザラガイが結構ついてるなぁ。
酒の肴にちょっとだけ獲って帰るか!!
2017.05.09ヒザラガイ1

※地域によっては採捕禁止の場合がありますので、充分に確認されてください。


どれがヒザラガイか分かりますか?
甲羅の付いた円盤状のものというか、化石で出てくる三葉虫みたいなヤツです。

磯金かマイナスドライバーで簡単に引き剝がせます。
2017.05.09ヒザラガイ2
一見生き物には見えませんが、引っぺがすと肉が見えるので「生き物なんだ」と確認できます。

手に載せるとこんな感じ~♪
2017.05.09ヒザラガイ3
やっぱり背中の殻を見ると食べ物とは思えないですね(笑)。

調理方法はシンプルにサッと塩ゆで。
2017.05.09ヒザラガイ5
火を通し過ぎると硬くなるし、甲羅も引き剥がしにくくなるので、湯にくぐらせるくらいな感じで。

軍手をはめて甲羅を引き剥がします。
2017.05.09ヒザラガイ6
ゴリゴリと揉むと硬い甲羅はポロポロと落ちますが、甲羅周りの縁の苔のような皮は軍手でゴシゴシと擦り落とします。

それから貝の内臓が見えてくるので、これもきれいに取り除きます。
美味しいけれどヒザラガイはこの作業が面倒なんですよね。


まだ明るいうちにビールを飲みながらヒザラガイを手で摘まむ。
2017.05.09ヒザラガイ7

独特のコリコリとした食感。
旨味が強く、磯の香が口の中に広がります。
「美味い!」
見た目の悪さや処理の面倒くささや大きさを除けば、味はかなり上位にランクされる貝だと思います。


「ああ、ビールの美味しい季節になったなぁ~♪」

そう言えば海にキャンプに行って、時化で潜れない時はよく食べていたなぁ・・・。
(おかずは現地調達方式)

ヒザラガイやマツバガイなどの磯に付く雑魚貝は、一昔前には飢饉の時の救荒食料としての役割が有り、そんな時のために通常はむやみに獲らないという取り決めがあったりしたそうです。

今の時代、ヒザラガイを取って食べるなんて極々一部の人間なんでしょうが、ビールの酔いが回った頭で、ぼんやりと過去にヒザラガイが繋いでくれた命の事を思ったりしたのでした。


今日も自然の恵みに感謝です。


↓今時の若い人は「飢饉」なんて言葉知らんよっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

スポンサーサイト
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード