食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

生きて帰る

「みんな、ちょっと集まってくれ」
各人が見切りを終えて集合すると勢子長が神妙な面持ち。
2017.03.14生きて帰る1

「端木のオヤジ(仮名)がシシ(猪)にやられた。幸い特に重傷という訳ではないけど、本当に殺されかけたらしい。後学のために皆も聞いてほしい」

「えっ!?」
皆の表情が一瞬固まります。


端木さん(仮名)というのは近隣の銃猟ハンターで、私の所属する猟隊とはライバル関係に近いものがあり、決してお世辞にも人柄的に褒められたものではない典型的な一昔前のハンターです。
「ワガママで我が強い」と言えば良いのでしょうか・・・。猟欲が強くて他人との協調性が無く、ちょっと複数の仲間のハンターを引き連れているかと思えば、一猟期も持たずに喧嘩別れする始末。
〔実際に勢子長もかつて端木さん(仮名)と一緒に猟をしていました〕


しかしその人間離れした猟の実力は誰もが認めるところ。
80歳を超えた現在も猟犬を引き連れ、単独猟で山の中を駆け回っています。

私なんぞの駆け出しハンターが見切りをしている時に山の中で出会うと、生物としての強さというか迫力に気圧され、ビリビリと殺気を感じて毛穴が逆立つのを感じたものです。


「あの端木さん(仮名)がシシにやられるなんて・・・」
武勇伝の枚挙に暇がない人物でしたが、危うく本当に死にかけたとのこと。

以下は勢子長から聞いた話を書き起こします。



100kg超えのシシを寝屋から起こして2発弾いたんだ。
首と背骨に間違いなく命中した。

危険を感じたシシは寝屋に籠って出てこない。
止めを撃つために犬の啼いている方向に忍び寄った。

犬の吠えている藪までの距離5メートル。

その場所からではシシの姿が見えなかったから、一歩足を踏み出したんだ。
その瞬間小山のような大きなシシが突進してきた。

銃に残っている弾2発を発射!
だけどシシは凄まじいスピードで2発とも失中。

あっと言う間に宙を舞って地面に叩きつけられた。
シシに突進されて吹っ飛ばされたんだな。

そしてすぐに馬乗りになられてシシが腕に噛み付いてきた。口からはみ出した大きな牙がハッキリと見えたよ。
「腕を持って行かれる!」
噛み付かれながら瞬間的に腕を引き抜いたけど、肉が抉り取られた。

すぐに今度は足元から何度も捲られた(鼻先で突き上げられること。牙で大きな血管を切られると簡単に致命傷になる)。
幸運なことに冬で厚着をしていたのと丈夫なズボンだったから肉に牙が通らなかったけれど、ズボンはズタズタに切り裂かれてボロ雑巾のようになった。
切られはしなかったけれど、突かれて足は内出血だらけ。

なんとか弾を取り出そうとしたけれどそんな暇はない。

次は足首に噛み付かれた。
噛まれた方の足と反対の足で必死にシシの鼻先を蹴りながら、銃弾を撃ち尽くして空になった銃の銃床で何度もシシの脳天をブッ叩いた。

その時に猟犬がシシの後ろからトモ(後ろ足)に噛み付いてくれてなぁ。それにシシが気を取られてなんとか一発だけ銃弾を取り出して仕留めることが出来た。


本当に今回は殺されたと思った。
50年以上シシ撃ちをしているけれど、こんなに恐ろしい経験は初めてだった・・・。



結果的に腕はダメージを受けたけれど全身どこも骨折もせず、状況からすると軽症。


「あの端木さん(仮名)がなぁ。だけどあの人だったからその程度のケガで済んだんだろうな。
これが普通のハンターだったら、弾を取り出すことに執着し過ぎて殺されているよね」

皆でちょっと青ざめた表情で話したのでした。



結局猟の方は、その日は何も獲れずに珍しくボウズ。

しかも猟犬2頭がイノシシの牙で受傷。
重傷でしたが、今のところ幸い命に別状はないようです。


何かと考えさせられ、「出猟したら無事(とは言えないけれど死なないよう)に帰宅しよう」と心に強く思った一日でした。



↓イノシシこえぇ~っ!!と思った方はクリックプリーズ♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

スポンサーサイト
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード