fc2ブログ

食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

進撃のホシノさん!!

ある日、庭を片付けようと掘り起こした山茶花の切り株を移動しようと試みます。

すると切り株に向かっていっせいに群がってくるホシノさん達。
2016.10.18襲撃8
(おもしろそうなのでふじまで駆け寄って来ています。笑)

「なんだ!?」
不思議に思って見てみると小さなツチガエルがたくさん地面にいます。
2016.10.18襲撃1
この画像に3匹のツチガエルがいるのが分かりますか?

丸印を付けてみるとこんな感じ。
2016.10.18襲撃7

ホシノさん達はこのツチガエルを狙っているようです。
2016.10.18襲撃2
ニワトリは目が左右についていて、猛禽類のように一点集中で焦点を合わせて狙うのではなく、動いたものに反応するタイプです。

いつもは「何くれるの?」と足元に寄って来てかわいいホシノさん達ですが、こんな写真を見ると怪獣のようですね(笑)。


対するツチガエルの防御方法は「ひたすらジッと動かずに忍んで耐えること」。
2016.10.18襲撃3
真ん中の個体なんて、足を延ばしたままの状態で固まっています。

ツチガエルから見たらとてつもない大きさのホシノさんが周囲を歩き回り、更に土を足で蹴っています。
2016.10.18襲撃6

ピョンッ!
耐えきれずに逃げ出すツチガエル。

すかさずホシノさんが狙いを付け、啄んだかと思うと一気に丸呑み。


ホシノさん達を庭に放し始めた時は「ニワトリってこんなに獰猛なんだ」と正直驚いたものです。
カナブン、セミ、アシナガバチ、カエル、ヤモリ、クモ、バッタ、コオロギ・・・。
動く小動物はほとんどなんでも襲って食べます。
(毛虫は食べるものと食べないものがあります。チッ!)


結局最後は一番右のツチガエルだけが無事でした。

こんなことは野生の世界では日常的に繰り返されていて普通の出来事なのでしょうが、こうやって改めて見ると凄いものですね。


そんなことを考えながらふと気付くと、秋も深まって来たというのにコオロギや鈴虫の音も全くせず、窓の外には静寂が広がっています。
「去年まではあんなにリンリンコロコロと煩いくらいに賑やかだったんだけどなぁ。食べちゃったんだろうなぁ・・・」


そんな感じで静かで淋しい感じの秋の夜長です。


まあしょうがないよね。。。


↓なんでも食べるのはお前に似たんだよっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

スポンサーサイト



カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード