食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

距離

何回か記事にした子アナグマちゃん。

実はまだ居ます(笑)。
2016.06.30距離1

人をまったく恐れていませんね。


「一体どこから来て、何故こんな住宅の庭に住み付いたのだろう?」
と疑問に思っていたのですが、近くにイチゴを育てているビニールハウスがあって、その匂いに惹かれて巣立ちしたばかりの個体が迷い込んできた感じ。


で、こちらは現在のふじとの距離。
2016.06.30距離2
アナグマはブロック塀一枚隔てた向こう側にいます。

野生動物は寄生虫や病気を持っていることが多いので「ふじに移ったら困るなぁ~」と思っていたのですが、毛艶も良くその点はあまり心配ない感じ。


「この匂いはふじが獲る獲物じゃないんだよ」
と教え込んでいたら、興味はあるのですがふじも吠えなくなりました。

実際、山でアナグマの巣穴を見かけることはよくありますし、その中に猟犬が入り込んで出られなくなり掘り起こして救出することもしばしば。

獲物を追うという猟犬の本能を抑え込むのはかなり大変な作業なのですが、事故防止の観点からフィールドで猟犬がアナグマを追わないことを覚えさせることが出来るこの状況は良い事かも!
(実際にアナグマやタヌキやウサギは全く追わず、イノシシだけを追う猟犬を知っています)

と、最近ではポジティブシンキングに努めています。


い、いえ。邪心なんかはありませんとも・・・(汗)。


↓邪な心がハッキリ見えるぞっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

猟友会射撃会で豪華賞品ゲットだ~♪

久しぶりに所属する猟友会の主催する月例射撃会に行って来ました。

私はお世話になっている銃砲店の射撃クラブと猟友会射撃会の会員になっていて、時々は射撃場に足を運んでクレー射撃を行っています。
まあ、どちらも幽霊部員に近いものがあるのですが、そうやって射撃場に行って射撃技術の向上に努めることは、安全な猟銃の取り扱いの面からも非常に重要であると思うのです。

持っているものが猟銃ですしね。


で、射撃場に到着して参加費用の5,700円(スキート又はトラップ100枚撃ち)を支払います。

「さぁ~って、今日の賞品は何かな!?」
とクラブハウスを覗きますが、いつになく景品が豪華!!
2016.06.28豪華賞品1
電子レンジに自転車に空気清浄器、(発泡酒じゃない)ビールやIHクッキングヒーター、バリスタやテントなんかもあります。

「あれ?今日は記念大会かなんかだったっけ?」
近隣からシューターさん達を招いたり何かの記念大会だったりした時は、スポンサーを募ったり少しエントリーフィーを多く支払って豪華賞品が用意されることもあるのですが、今回は特に何も聞いていません。

これは同じく久しぶりに参加した男気溢れる今町さん(仮名)の個人スポンサードによるもの。
男気溢れる今町さん(仮名)、ありがとうございます♪


競技の方はスキート種目に参加したのですが、ここの射場はクレーが公式種目のスピードにセッティングされていて速い!
いつもジャパンルールスピードの遅いクレーを撃っているので、久しぶりに撃つ公式ルールのクレーに体も眼もついて行きません。
2016.06.28豪華賞品5
写真は男気溢れる今町さん(仮名)。

特に2枚のクレーが交差するダブル撃ちでは2枚目のクレーを見失うほどに速く感じました。


競技の合間にトラップ種目を覗いて見ますが、こちらも公式セッティングなのでスピードも速く飛行角度もキレッキレでクレーが飛んで行きます。
2016.06.28豪華賞品2
写真は有村くん仮名)。

「いやー、飛行角度を見ただけで中りそうな気がせん・・・」


1ラウンド目が15点(25点満点)でダメダメだったので、他のグループの後ろでクレーを見てなんとか修正を試みようとしましたが、結果は15-16-15-16の62点。
実力通りの6割シューター(涙)。

苦手とする5番、6番射台の6枚がほとんど取れなかったのが痛かったですね。
今度、箇所撃ちの練習に来よう。


そしてお楽しみの景品抽選会!
「ちょうど家の電子レンジの調子が悪くなってたんだよね。でも自転車やバリスタもいいなぁ。発泡酒じゃない普通のビールなんて買えないから贅沢品だし・・・」
夢は膨らみます(笑)。

結果は空気清浄器ゲット♪
2016.06.28豪華賞品3
「いつも家の中に泥だらけの人間(私の事ね)やワンコやニャンコや鶏が駆け回っているから、空気清浄器は有効なんじゃないかい?ラッキー!! でも機械に酷く負荷かかるだろうなぁ・・・」


こちらは自転車ゲットの岡村さん(仮名)。
2016.06.28豪華賞品4
軽自動車に無理やり自転車を押し込むの図(笑)♪


久しぶりの公式クレーはとても速く感じ成績はイマイチでしたが、ワイワイと楽しい射撃会でした。

今年は少し射撃も頑張りたいと思います。


↓空気清浄器は過負荷ですぐ壊れると思うよ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

新しいウナギバサミ。そして道具について少し考えてみる。

先日、ウナギ獲りの時に失くしてしまったウナギバサミの代わりに新しいウナギバサミを購入しました。
2016.06.26新しいウナギバサミ1
価格は1万円ちょっと。

以前持っていたものは3,500円くらいだったので、
20091023ウナギバサミ2
今回のものは割高と言えば割高なのですが、これが無いとウナギが獲れないので、必要な私にとっては安いものです。

こんな時にネットで全国から商品が探せるってとても便利だと思います。

本当は川漁が盛んな土佐の手打ちのウナギバサミが欲しいんですけど、高価すぎて手が出ません。
(ここの手打ちのホコ先を愛用しているので、その良さは充分に分かります)

いいものなんだろうなぁ~。死ぬまでに手に入れてウナギを獲りまくりたいなぁ♪
そんなことを夢想してしまいます(笑)。


「職人の一品物」とか「完全受注生産」って、私はそれだけでなんだか憧れてしまいます。
今はプログラミングするだけで様々な部品を自動的に作ることが出来る機械があるのも知っていますが、ウナギバサミなんていうレアなものを作ってくれる奇特な場所は無いでしょう。

でも例え「鍛冶屋一筋ン十年」という職人が作り上げるものと、機械で自動的に削り出したものとで全く同じ性能を有していたとしても、やはり私は鍛冶屋の名職人さんが作ったものを使いたいですね。
そこには「作り手の心」が入っていると思うから。



ここでちょっと話は逸れますが、先日仕事の出先の片田舎で急遽ホームセンターの場所を探さなくてはいけない状況になりました。

「スマホで近くのホームセンター検索して電話番号教えてほしい。カーナビに入力するから」
運転中だったので、(ちょっと人間関係が苦手で普段から色々と問題のある)助手席の部下に指示します。

すると彼はスマホを取り出し、なにやらヒソヒソ声でスマホに向かって喋りかけています。
「Hey,Siri! Hey! あ、あれ?おかしいな・・・。Hey!Hey,Siri!」

その様子を眺めながら唖然としていると、ずっとスマホに向かって話しかけています。
「いや、普通に検索していいから」

検索した電話番号をカーナビに入力して現地に向かっていると、更に何度もスマホに話しかけた後にようやくスマホから回答が来ます。
「ね!便利でしょ? 例えば明日何時に起こしてなんて頼むと自動的にアラームがセットされているんですよ。分からないことも大抵答えてくれるし。どうですか?使うなら使い方教えますよ」
「いや、いい。確かに便利なものなのかもしれないけれど今のオレには不要なものだ。それにそんな人間力を退化させるようなものを使い続けていたら、自然の中でアクシデントが起こった時に自分の直感を信じれなくなるような気がする」

「キミがちょっと人間関係が苦手で、社会生活を送る上で問題があるのはそんな事が原因じゃないの?」
と聞いてみたい気持ちをグッとこらえて
「(取引き先のお客様がいたりすることもあるから)ビジネスシーンでは今回の様にスマホに話しかけるのは以後禁止。いいね?普通に検索してくれればそれでいいから。スマホに向かって話しかけるのはプライベートだけにしてくれ」
と少しウンザリしながら説明します。(正直恥ずかしいし。笑)

「便利な道具なんですけどね・・・」
と彼はちょっと不服そう。



手打ちのウナギバサミの事を仕事中に考えている人間と、仕事中にスマホに話しかける人間・・・。

まあ、傍から見るとどっちも変わった人間なんだろうなぁ(笑)。



↓現代社会では手打ちのウナギバサミの事を仕事中に考えている人間のほうがよほど変人だと思うよ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

鶏のいる風景

見た目でハッキリ分かるほど日に日に大きくなっていくホシノさん。
2016.06.21違う2

通常は鶏小屋の中で飼っていますが、朝晩の短い時間や休みの日には庭に放します。

「鶏がいる風景っていいよな。子供の頃は近所のあちこちで鶏を飼っていたし、野良鶏なんてのも普通だったよな~」
なんて事を思います。


そう言えば私が小さい頃はウチの実家にもたくさんチャボを飼っていたっけ。
でも家を増築するか何かの理由で、お祖母ちゃんの家に持って行って食べたよな・・・。

子供心に大きな出来事で(ショックなわけではなかった)、幼稚園の先生に
「ウチで飼っていたチャボをお祖母ちゃんの家に持って行ってつぶして食べたんだよ!」
と報告したら、幼稚園の先生は何と言って良いかわからず困った顔をしていたっけ。

先生は「美味しかった?」とも「かわいそうね」とも言えなかっただろうから、困ってしまったのはとてもよく理解できます(笑)。


う~ん、もし自分がその先生だったら何て答えるだろうか?
2016.06.21違う1
そんなことを少し考えてしまいました。


よろしければコメント欄に皆様の模範回答をお待ちしております(笑)♪


↓2枚目の写真には鶏じゃないものが写っているぞ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

イノシシ頭肉のマース煮(グロ画像注意!)

先日作った魚のマース煮(塩煮)が美味しかったので、調子に乗ってイノシシでマース煮を作ってみました。
しかもお頭で!

その画像がこちら(※閲覧注意)




映画『ターミネーター』のシュワルツネッガーの有名なセリフ、「I'll be back」なんて被せるとピッタリな感じがするのは私だけでしょうか?
2016.06.19鼻曲り1

(炊き出しをするような巨大なものを除いて)手持ちの鍋の中で一番大きなものを使っても入りきらなかったので、顔の左右や上下をひっくり返しながら気長に煮ます(笑)。


で、出来上がりがこちら♪
2016.06.19鼻曲り2
ホロホロと肉が剥がれ、スープには骨からの濃厚なエキスが滲み出しています。

美味そうだ!いただきま~っす!!




ス、スミマセン。またまたウソをついてしまいましたm(_ _)m。

実はこれは先日のイノシシのスケルトン(頭蓋標本)を作成中の写真(塩は入っていません)。
2016.04.10スケルトン1
いつか記事にしようなんて思っていて、延び延びになってしまいました。
左側の穴の開いていないイノシシの頭蓋骨を煮込んでいる最中の写真です。

肉が離れるくらいコトコト煮込み、肉と煮汁はふーちゃんのドッグフードのトッピングに、頭蓋骨はスケルトンになります。


で、なんでこのイノシシの事を書こうかと思ったのかと言ったら、実は失敗したからなんです。
2016.06.19鼻曲り4
この写真では位置が入れ替わっていますけど、右側の穴の開いていないものが写真で煮込んでいる個体。

変なのがわかりますか?
2016.06.19鼻曲り3
鼻先が曲がっています。
これは煮込むときに片面ずつひっくり返して煮たため、均一に熱が通らず骨が変形してしまったからです。

「う~ん、いつも20リットルのミニドラム缶で丸ごと煮るんだけど、七輪を起こすのが面倒で不精したからなぁ・・・」
2016.06.19鼻曲り5
何事も手抜きはいけませんね。トホホ。


いっそのこと「鼻のヒン曲がった変わったイノシシを獲ってねぇ!骨が証拠ですよ」なんてウソ吹いてみるか(笑)!?

案外騙される人多いかも。。。


↓騙されるもんかっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

絶品!マース煮♪

少し会う機会があって、漁師をしている兄貴にもらった魚。
2016.06.17マース煮1
アコウが1匹とアラカブ達。(他にもたくさんあったけれど、今回料理したのはこれだけ)

兄貴「最近ハマっている料理があるんだ。魚の味がハッキリ分かるマース煮。塩煮だな」。
で、作り方を教えてもらいます。

昆布で出汁を取って、味付けは塩のみ。
2016.06.17マース煮2
塩の量は好みですが海水よりちょっと薄いくらい。
以上!

「ネットで検索すると、ほとんどのサイトが生姜を入れるって書いてあるけど・・・」
「好みもあるんだろうけれど、魚が古くて臭み消しのために薬味を効かせないといけないんだと思う。それじゃあ純粋に魚の味が楽しめないからオレは入れない」

まあ、今回使うのは朝〆た魚ですからね。
魚は鱗と内臓とエラを取り除いて下準備。

魚投入!
2016.06.17マース煮3
アクを取りながら10~15分煮込みます。
煮込み時間は魚の大きさによって変わりますが、「魚の骨から出汁が出る」くらいの時間を目安に。

出来上がりがこちら。
2016.06.17マース煮4
潮汁と違うところは、「汁ではなく魚が主役」という所でしょうか。

汁物のような感覚でお椀に盛り付けてしまいましたが、平皿の方が良かったですね。
2016.06.17マース煮5
見栄え悪くてすみません。


ドキドキの実食。
私の場合、初めて食べる料理や食材はいつもドキドキします(笑)。

パクッと一口。
「むむ、美味い!!確かに魚の身の味がよく分かるし、違う魚を食べても味の違いが明確だ。それに後味もさっぱりしていて食が進む!」

甘辛い醤油味の煮付けも捨てがたいですが、シンプルなマース煮は魚本来の美味さがよく分かりハマりそう♪
我が家の定番料理に決定!

これから色々な魚でマース煮を作ってみたいと思います。


兄貴、ありがとう!


↓肉のマース煮編もよろしく!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

まだいるしっ!

「ごはんだよ~!」と呼びかけてもふーちゃんの反応が無い。。。

あんなにご飯大好きなワンコがご飯に反応しないなんて、どこか具合でも悪いのか!?

少し心配になって運動場に出てみると、ふじはブロックに足を掛け必死に何かを訴えかけてきます。
2016.06.14まだいるし3

「まだいたのかぁ・・・」
てっきり出て行ったとばかり思っていた子アナグマが、フェンスの外のお隣さんの敷地内にいます。
2016.06.14まだいるし4
しかも遮蔽物も無く姿丸見え(笑)♪
キミは本当に野生動物なのかね?

必死に堆肥に頭を突っ込んでミミズを探しています。
2016.06.14まだいるし2
「カ、カワイイ♡」

まだあまり狩りは上手くないようで、何匹ものミミズが子アナグマの鼻先を逃げて行くのが見えます。
2016.06.14まだいるし1
この写真に逃げているミミズが写っているのが分かりますか?

人も犬も恐れない個体で、裏隣りのお孫さんなんかは可愛くてバナナをあげたりしています。
「う~ん、人から餌をもらうほど慣れてしまうと、実際問題としてかなりマズいな・・・」

人間に慣れてしまった野生鳥獣は、人を恐れず成長と共に人家の近隣の田畑を荒らすことになり、役所に駆除依頼が来てしまうのです。
そうすると委託された猟友会としては駆除せざるを得ません。

う~ん、う~ん、どうすんべぇ。。。
いや、ホントに困った。


↓子アナグマさん早く、一刻も早く逃げて~!そこは本当に(色々な意味で)超危険地帯よっっっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード