食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

走る!

鳥撃ちに行っていたある日の事。

「ん!?」
違和感を感じ車をUターン。

「うおっ!!やっぱりイノシシ!」
2016.01.28走る!2
30kg程の小さなイノシシが2頭で田んぼに出てきて餌を食べています。
時間は16時になっていないくらい。

だけどここ、鳥獣保護区なんですよね。
どうしようもないから親父に運転を変わってもらいカメラを手にします。

それまでは平気な顔をしていたのに、車が停まると猛ダッシュ!!
2016.01.28走る!4
他にも車は通っていたのに私たちが乗る車にだけ反応しました。
他の車とは違う行動と、窓から見えるカメラのレンズに危険を感じたのでしょう。
やっぱり野生動物は敏感なものですね。

「走る~、走る~、オレ~達!」
という歌が一昔前ありましたね(笑)。
2016.01.28走る!1
山沿いの田んぼの横をかなりの距離走り、しばらく並走してから山の中へと消えて行きました。

まあしかし、鳥獣保護区だったからどうしようもありませんねぇ。
美味そうなイノシシだったんだけどなぁ。

しかしおもしろいものが見れたので満足です♪


狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP
↑会場でパネル展示していただいています。

↓殺気が強過ぎなんだよっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

寒波襲来!!

大寒波到来とのことで、あまり雪の積もらない私の居住地域でも30センチの積雪予報。

今日はさすがに大物猟はやらないだろうと思って朝寝坊していると
「早く来い!もうみんな出発しているぞ」
と集合招集。

外を見るとチラチラと降り始めてはいるけれど、確かにまだ雪は積もっていない。

半ば「ウソだろ!?」と思いつつも、「こんな大雪予報の日に猟をするぞ!」というメンバーの方には痺れましたね、色々な意味で(笑)。
いやぁ~、こんなすごい熱意を持った先輩方に囲まれて本当に幸せだ(涙)♪

「この気温じゃ凍り付いて見切りも出来ん。気配が濃い場所へ直行!サッサと競ってサッサと引き上げるぞ!!」
2016.01.25雪6
という事で山へ行ったけど、どっさりと雪は積もっているし、前が見えないくらいに吹雪きだしたのであえなく撤収(笑)。

外気温マイナス7℃。
2016.01.25雪4
私の住んでいる場所ではこんな気温はなかなか見れません。

帰宅途中に幹線道路にも雪が積もり始め、4WDの私の車も滑り始めます。
「う~ん、結構やばいな。ノーマルタイヤだしチェーンは積んでいないんだよね・・・」
応急処置としてタイヤの空気を抜き、タイヤが変形するくらいまで空気圧を落として接地面積を増やします。
(あくまでも応急処置。アイスバーンなどでは役に立ちません)

冷や冷やしながらも何とか無事に帰宅。
幸い自宅近くはあまり積もっていませんでした。
2016.01.25雪3
山へ行って駆け回るつもりだったふーちゃんは不満そう(笑)。

しかし初めて見る雪に大興奮し、喜んで庭を駆け回ります♪
2016.01.25雪1
ふじ、今度はキチンと準備をして雪の山を駆け回ろうな。


この寒さのせいか、ふーちゃんとニャンコ(仮名:毛皮)の距離も相当に縮まりました。
2016.01.25雪2

ま、悪い事ばかりじゃないよね♪


狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP
↑会場でパネル展示していただいています。

↓ふーちゃん、コタツで寝てキミは本当に猪犬かね!?と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

嵐の前の鴨撃ち

みぞれ交じりの雨で大物猟が中止になったので鳥撃ちに行ってきました。
雨だとブッシュの中のキジは競ることが出来ないので、必然的に鴨撃ち中心になります。

朝一で川にいたカルガモ発見!
半矢で落とし、川岸の竹藪に潜り込まれます。
2016.01.25雪の鴨撃ち1
こんな時はブリタニースパニエルのジャンにおまかせ!
倒れた竹の下に潜り込んだ獲物を、ほぼ百発百中の確率で回収してくれます。
(竹の下を流れに逆らって泳いでいるのが分かりますか?)

ところが今回はジャンが咥えようとした寸前に半矢のカルガモが飛び立って逃げてしまいました。
「え?うそだろ!羽根が折れた感じだったのに・・・。いや、でも力尽きてすぐ近くに落ちるハズ!」
飛び立った先を視線で追いますが、近くに落ちると思っていた目論見は外れ、遥か遠くの山向こうに飛び去ってしまいました。
「だあぁ、失敗した!止め矢を撃っておけばよかった」

それからいつもの池を覗いて回りますが、かつてないほどに鴨の姿が見えません。
翌日から大寒波が来るとのことで、凍って閉じ込められてしまう惧れのある小さな池は避け、大きな湖や川に避難しているのでしょう。
2016.01.25雪の鴨撃ち2
雨は雪に変わり、山間部は気温もドンドンと下がって行きます。

「このぶんじゃ、早めに帰らないと雪が積もって帰れなくなるぞ」
と親父と話しながらも鴨が全然いません。
野生動物は大きく気候が変わる前などは行動パターンがガラッと変わるのが常なのですが、これほどまでに鴨の姿を見付けられなかったのは狩猟を始めて初めての事です。

それでこちらもいつもと大きく行動パターンを変えて鴨を探します。
2016.01.25雪の鴨撃ち3
今まで行ったことの無いような大きな湖や川の、銃の射程に入り回収出来そうな場所の鴨がターゲット。
通常なら半矢にしたり、回収に手間取ったりするので狙わない場所です。

苦労しながらも最終的には真鴨を2羽とコガモを1羽ゲット!
2016.01.25雪の鴨撃ち4
ふぅ!

今回の鳥撃ちはかつてないくらい苦戦しましたが、親父の長年の経験に助けられました。
私はまだまだ修業が足りませんね。

勉強になりました。


今日も自然の恵みに感謝です。


狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP
↑会場でパネル展示していただいています。

↓まだまだヒヨッコだな!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

美味っ!!鴨のすき焼きはベリーレアで♪

うう、今週も寒いですね!
凍えそうだ!!

こういう日はやはり鍋物が食べたい♪
久しぶりに鴨のすき焼きがいいね~。

では、まずは鴨を獲ってきます。
2016.01.21鴨スキ7

「ええ~、鴨をすき焼きにするの!?味が濃いし、せっかくの鴨肉なのに鴨本来の美味さを殺してしまうんじゃないの?」
と思われる方も多いかと思います。(私も以前はそう思っていました)
しかし先輩ハンターから美味しい食べ方を教えていただいて以来、大好物の食べ方の一つになりました。

まず捌いて骨と身に分け、骨は少し油でいためてからすき焼きの割り下でグツグツと煮込みます。
少し煮て骨からの旨味が出た所に野菜を投入して更に煮込みます。

胸肉などのお肉は最後に投入!
2016.01.21鴨スキ1

水菜などを入れて蓋をし、お肉にわずかに熱を通すくらいで火を止めます。
2016.01.21鴨スキ2

これくらいかな。鴨肉は火を通し過ぎるとパサパサするし、レバーっぽい味になります。
2016.01.21鴨スキ3

骨からエキスが出て甘辛い味に良く合いますし、レアだとお肉の旨味も負けずに楽しめます♪
2016.01.21鴨スキ5

そして最後に再びうどんを入れ、今度は良く味が染み込むように煮込んで〆。
鴨の脂が染み込んだうどんがまた良いんですよね。

はぁ~、美味しかった♪
今日も自然の恵みに感謝です。


狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP
↑会場でパネル展示していただいています。

↓どんどん料理ブログ化しているな!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

山中のミカン

狩猟の為に山を歩くと、山中に栽培放棄されたミカンの木を見付けることがしばしばあります。
2016.01.19ミカン2
農家の方も高齢化が進んだり、手軽にコンビニで美味しいスイーツが買える時代なので、手間暇かけてミカンを栽培しても売れないし割に合わないのでしょう。


そして山の中で見つけた、ちょっと変わったミカンの木。
2016.01.19ミカン1
変なのが分かりますか?
ミカンの実はあるのに下の方の葉っぱが無くなっています。
最初は「うっ!?この時期に毛虫が発生したのか?」とも思いましたが明らかに違います。

これは鹿が届く範囲の葉を食べたためです。

この木を見て以前農家の方と話したことを思い出します。
「鹿がなぁ、ミカンの実は食べずに葉っぱだけ食べてしまうんじゃ。すると木が弱って枯れてしまうんじゃ」
なるほど~、納得!!


熟して落ちたミカンの実はイノシシの絶好の餌になりますし、木に生った状態でもヒヨドリが突きます。
そして葉っぱは鹿の大好物。

有害鳥獣が増えたという現状がありますが、この様な人間の負の遺産が野生鳥獣を人間の近隣におびき寄せ、増やしている現状もあります。
野生の硬くて苦い実や葉を食べるよりも、山の中に品種改良されて美味しい食べ物があるわけですから、そりゃこちらを食べますよね。

そしてこれらが栽培されていた場所は少しだけ人の住む集落から離れた場所で、まだ耕作している田畑が周囲に多く存在します。
そんな田畑で栽培されている農作物が更なる野生鳥獣の被害に遭うわけですね。

田畑の周囲に長大なフェンスや電柵を張ったりするよりも、この様な野生鳥獣を呼び寄せる原因を潰してしまう事が先だと思うのですが・・・。
2016.01.20鹿用電柵1

まあ、農業従事者でもない私が言う事ではないですよね。


狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP
↑会場でパネル展示していただいています。

↓キミの興味は生っているミカンだけだろ!?と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

イノシシの胃袋焼きとしゃぶしゃぶ

これは山の神様祭りでいただいたイノシシの胃袋。
2016.01.20イノシシの胃袋1
手前の白っぽい物体が胃袋です。
獲れたてのイノシシの胃袋の内容物を取り除き、良く洗って適当な大きさに切ります。

シンプルに炭火焼。味付けは塩胡椒♪
2016.01.20イノシシの胃袋2
(画面左手前が胃袋)

コリコリして美味いっ!!
こういうの食べるとハンターの特権だよなぁ、と思ってしまいます♪


そして冷え込んできた日はお肉を使って鍋物~!!
2016.01.20イノシシのしゃぶしゃぶ1
たっぷりのイノシシの骨を圧力鍋で炊いてスープを取って出汁を取り、お肉は薄くスライスしてしゃぶしゃぶでいただきます。
美味しいイノシシ肉は売っているだろうけど、出汁を取るための骨を贅沢に使えるなんていうのも猟師の特権だよなぁ。

濃厚なスープで煮込んだ野菜にしっかり味が付いているし、サッと火を通したイノシシ肉の美味さと脂身の甘さ・・・。
2016.01.20イノシシのしゃぶしゃぶ2
美味過ぎるっ!!

いやぁ、なんか本当に幸せだ。
私は美味しいものがあればそれだけで幸せな人間なんだろうなぁ、とつくづく思ってしまいます。

まあ貨幣経済社会に生きる人間だからお金はあったら良いものだろうけど(←お金持ちになった事が無いから分かりません)、美味しいものが食べられるのが何より一番の幸せだ♪


ふぅ、今日も自然の恵みに感謝です。


狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP
↑会場でパネル展示していただいています。

↓キミのブログジャンルは「狩猟ブログ」じゃなくて「料理」ジャンルだろ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

イノシシ発見!!

親父と一緒に今年何度目かの鳥撃ちに行ってきました。

この日は冷え込み、山間部では外気温が-5℃。
2016.01.19イノシシ発見!2
水溜りは凍りつき、寒さで指先がジンジンと痛みます。
「うう、少年時代に狩猟について行くと、よくこんな感じでつま先や指先が痛くなったよなぁ。冬ってそんなものだと思っていたけど、この感覚は久しぶりだ。そう思うと地球温暖化って進んでいるんだろうなぁ」

猟果は2人で真鴨が3羽とカルガモが3羽。
2016.01.19イノシシ発見!3
(猟果の一部)

途中でキジも攻めましたが、オスキジには早立ちされたり、出てもメスキジ(←撃ってはいけない)ばかりで獲れず。
最後にキジの寝屋攻めをして本日の猟は終了。


身に着けていた弾帯やナイフ等を取り外し武装解除。長靴を脱いでサンダルに履き替えます。
(猟場への行き帰りにサンダルを履くと疲れが軽減できますよ)

少しホッとして車を走らせていると、田んぼの中に岩のようなものがチラリと見えます。
「ん!?今のはなんか怪しかったぞ」

親父と運転を変わってもらい車をUターンさせ、カメラを手にそろそろと先程の場所に近付くとやはりイノシシ!
2016.01.19イノシシ発見!1
距離が70メートルほどあり、遠目では小さく見えたので30kgくらいかな?と思ったのですが、立派な大人イノシシの顔。
成獣で50kgほどはありそうです。

時間は夕方5時ちょうどくらい。
イノシシが出て来るには明る過ぎるけど、前日冷え込んで田畑が凍り、充分な餌を得られず空腹だったのでしょう。

「ラッキー!なんとかして獲っちゃる!!」
と通常なら思うところですが、交通量の激しい国道側の田んぼで近くに人家もコンビニもあるので、どうしようも出来ずに写真撮影をして終了。


暫くすると異変に気付いたのか、近くの草むらに走り去って行きました。

そして最初は気付かなかったけれど、その草むらにはもう一頭イノシシの姿。
「う~ん、こんな車がバンバン通る場所に出てきているんだなぁ・・・」

だけど、これだけ車が通っていても田んぼの中のイノシシに気付いたのは私たちだけで、道路脇に停車してカメラを手にする私達の姿を訝しげに眺めながら何台もの車が通り過ぎて行きました。


「まあ、今日のところは勘弁しといてやろう。今から解体しても遅くなるしな!」
と負け惜しみ。

ちぇ!!


狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP
↑会場でパネル展示していただいています。

↓次回は括り罠でチャレンジ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード