食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

猪のシャブシャブ

ハァ~、最近夜は寒くて晩御飯には鍋物ばかり食べています。
まあ、メイン具材は猟で獲ってきたお肉なんですけどね。

今日は大好きなイノシシのシャブシャブ。
2015.01.29猪シャブ1

50kgのメスイノシシのバラ肉とモモ肉を使いました。
スライサーで切るほど薄く切れないので肉切り包丁で適当な薄さにスライス。

後は普通にシャブシャブでいただきます。
2015.01.29猪シャブ2

ちなみに他の具材は、山で採ってきたヒラタケとキクラゲ、戴きものの白菜と大根とネギ。
最高に貧乏で、最高に贅沢な鍋(笑)。

本当に美味しいイノシシは臭みも無く、肉に深い旨味がある上に脂身が甘くとても美味しいです♪
こんなイノシシはお肉の美味さをシンプルに味わえる料理が良いですね。

〆はイノシシの旨味がたっぷり出たスープで作る雑炊!
これが最高♪


ハフハフと鍋をつつきながら、出猟した時の出来事なんかをボンヤリと考えます。
「あそこの山には尾根筋がこういう風に走っていて、あそこら辺に寝屋があった。餌を食べていたのは孟宗竹のタケノコで、通し(獣道)はこう伸びていた・・・」

まあいいや、美味しいものを食べてお腹も一杯になってきたし、酔いも回って眠くなってきたから考えるのも面倒になってきた。
そろそろ寝よう・・・。


ちょっと本音を言えば、猟期が始まって約3ヶ月間ずっとお肉を食べ続けているので、少し飽きているのも事実ですが・・・。

ああ、お魚食べたいなぁ(笑)。


今日も自然の恵みに感謝です。


狩猟の魅力まるわかりフォーラム facebookサイト
狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP
鳥獣対策総合案内コーナー(鳥獣対策、狩猟へのご案内など)

↓コンロのカセットボンベが一番高価やね!!と思った方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ソックス履いてる・・・

本日はちょっと小ぶりな38kgのオスイノシシをゲット!
2015.01.26ソックス1
「5~6頭入っている」と見切った通り、結構たくさん獲物は出たのですが、巧く待ち場に掛かりませんでした。
残念!

で、仕留めたこの獲物がちょっと変わっています。

どこが変わっているかというとここ。
2015.01.26ソックス2
足先が白いですね。

後ろ足は両方とも白く、まるで靴下を履いているよう。
2015.01.26ソックス3


これは別の個体なのですが、時々体のどこかに白い模様の入ったイノシシが獲れます。
2015.01.26ソックス4

これはイノブタの血が入った個体だとかアルビノ系の突然変異だとか幼少時に栄養不良だった個体だとか言われていますが、確かなことは分かりません。


しかしこの地域では20年以上前に、実際に養豚畜舎が台風で壊れて豚が大量に山に逃げ出したことがあって、それから暫くは200kg近い体重のイノブタが獲れ続けたそうです。

「撃っても撃っても弾が効かなくってなぁ、そりゃ恐ろしかったんだぞ!」
そんな事を語ってくれる先輩ハンターの表情は、いつも冗談を言っている時と異なり笑みが消えていました。

もしかしたらこのイノシシもその時繁殖したイノブタの末裔なのかもしれませんね。

でもちょっと体重200kgのイノブタって野生の状態で見てみたい・・・。
きっと相当に恐ろしいでしょうねぇ。


今日も自然の恵みに感謝です。


狩猟の魅力まるわかりフォーラム facebookサイト
狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP
鳥獣対策総合案内コーナー(鳥獣対策、狩猟へのご案内など)

↓白かろうが黒かろうが結局食べたんやね!!と思った方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

崖際の攻防

ずっと続いていた微熱が治まり久しぶりの出猟!
実は尿の潜血は続いているのですが、色々調べてもはっきりした原因は分からず「それならストレス解消に山へ行こう♪」と思ったのです。(←バカ)

今日の場所は過去に失敗した事のある場所。(過去記事はこちら

かなり傾斜が急な山なのでゼイゼイ息を切らせながら待ちに付きます。
「うう、キツイ。やはりまだ体が本調子とは程遠いぞ…。」

今日の待ちはこんな感じ。
2015.01.25崖際の攻防3
手前に向かって延びる通し(けもの道)と、前方を横断する通しが交差する場所で待ち受けます。
ちなみにこの右手側に降りると断崖絶壁になっています。

事前の見切りでかなりの数が入っていることは分かっていたのですが、勢子長と若き勢子が犬を入れるとすぐに起こし鳴き!
勢子長と若き勢子がそれぞれ立て撃ち(犬が止めてくれた獲物を勢子が撃つこと)でイノシシをゲット!!

「まだいるから気を付けてよ」
という連絡を受けて緊張感を維持したまま待機。

数発の銃声。

そしてバリバリという音と共に、私の受け持つ通しを猛スピードで駆け下って行きます。
ドカッ!
2015.01.25崖際の攻防8

即倒!!
「40kgくらいのイノシシ倒しました」
メンバーに連絡をして血抜きのためにナイフを抜き近付くと、倒れていたイノシシが起き上がって逃げ出そうとします。

ギョッとして慌ててナイフと猟銃を持ち替え、止め矢を放ちます。
2015.01.25崖際の攻防6
「ふぅ~、やれやれ。前回と同じく半矢で逃げられずに良かった・・・」

ホッとして再度ナイフを手にして近付きますが、再びヨロヨロと瀕死の足取りで逃げ出しました。
2015.01.25崖際の攻防9

「確かに中ったのに何故!?それにこの方向だとバックストップ(弾が外れた場合に安全が確保できる安土)が確保できずに撃てないぞ・・・」
疑問が浮かぶよりも冷や汗が出そうになりながら急いで後を追います。
もうこの先は断崖絶壁で、イノシシが崖下に落ちてしまう惧れが大きかったからです。

あと2メートルほど移動したら崖に落ちるという場所で、回り込んでなんとかバックストップを確保して追撃。
2015.01.25崖際の攻防1
「あ、危なかった・・・。なんとか崖下に落とさずに止めることが出来て本当に良かった・・・」

確認すると私の撃った1発目は脚の付け根に着弾。
2発目は前回と同じく鼻の付け根、3発目でようやく頭蓋に中っていました。


そして問題がもう一つ・・・。
「中腹の獣道まで引き上げるには山が急すぎて無理だし、こんな崖の側からどうやって降ろそうか?」
と悩みますが、ロープを繋ぎ合わせてゆっくりゆっくり崖を降ろしました。
2015.01.25崖際の攻防2
後ろを振り返るとこんな崖。

結局1時間ほどの短期決戦で40kg~60kgのたっぷり脂の乗ったメスイノシシばかりを4頭ゲット!!
偶然かと言われれば実はそうではないのです。

この時期は発情期になってメスを追いかけまわしているオスイノシシから逃げるために、メスイノシシばかりが固まっていることがあるのです。
見切りの結果、メスばかりいる場所を競って作戦通りにゲットできたのでした。


あまりにも1ラウンド目が早く終わったのでもう1ラウンド。
2015.01.25崖際の攻防5
今回は私もふーちゃんと一緒に勢子として山に入りますが、獲物は出たものの上手く待ちにかからず終了。


まあしかし、充分な獲物も授かったし、誰もケガも事故もなく終了できたので上出来です。
2015.01.25崖際の攻防10


今日も自然の恵みに感謝です。


狩猟の魅力まるわかりフォーラム facebookサイト
狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP
鳥獣対策総合案内コーナー(鳥獣対策、狩猟へのご案内など)

↓進歩無いねっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

只今勉強中!

仕留めた鹿の匂いを嗅ぐふーちゃん。
2015.01.22勉強中1

実は幼少期にはそれなりの数のイノシシに当てていたのでイノシシの匂いは覚えていたのですが、鹿には猟期になって初めて出会ったので鹿の匂いは覚えていなかったのです。

実際に初めて山で鹿と遭遇した時は分かりませんでした。
5メートルの距離の藪の中にすくんでいた鹿が飛び出した時には「なんだ?なんだ?」と、動くものに反射的に反応して付いて行った感じです。
私も脱包(銃から弾を抜いた状態)していたので何も出来ず…。

それで鹿の匂いを覚えるために学習中の図です(笑)。

本当は罠にかかった実物と遭遇させると良いのだけれど、これから山を引くとすぐに匂いも覚える事でしょう。


それにしてもへっぴり腰なのがかなり笑えます。


狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP
鳥獣対策総合案内コーナー(鳥獣対策、狩猟へのご案内など)

↓本当にかなりのへっぴり腰だね!!と思った方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

異形

とある場所で見た立派な鹿角。
2015.01.21異形3
ところがこの鹿角がどこか変。

普通の鹿角はこんな感じ。
2014.11.11鹿スープ4

どこが変かと言うとここら辺り。
2015.01.21異形4

並べて飾っているものにはこんな角もありました。
2015.01.21異形2
先端が変形していますね。


あまり知られていませんが、鹿の角は毎年生え変わります。(あんな大きな角が一年で伸びること自体が信じられない)
角が延びる時は袋角という柔らかい袋に包まれた状態で伸びるので、その時に傷付いたりして変形したのでしょうね。

しかしこのスケルトンを見た時はさすがに驚きました。
2015.01.21異形1

画面左の角は2本生えています。
こんな角は初めて見ましたね。

突然変異とも奇形とも取れるこの様な種が固定されていくと、新種になるのでしょうか。

生物の体には不思議な事がいっぱいです。


狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP
鳥獣対策総合案内コーナー(鳥獣対策、狩猟へのご案内など)

↓鬼みたいだね!!と思った方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

記章の装着方法

あまりにもボロボロになっていたので、ハンターベストを購入しました。
(今どき服にツギ当てをしたりして着る人もいないだろうなぁ)

今までの大日本猟友会からの購入品ではなく、猟衣メーカーからオシャレで丈夫なものが売っているのでそんな専用品を購入しようかとも思ったのですが、すぐに血と汗と泥にまみれてドロドロにになってしまうことを考えると、やはり安価ないつものヤツを購入。
2015.01.20装着1
お値段は3千円。

サイズはフリーサイズですが、2年前に購入したものと比べるとかなり大きくなっています。
「お腹が突っ張って入らない」という苦情が多数来たのでしょうか(笑)?

縫製が弱くて縫い目が解けたりすることも度々だけれど、まあそれなりに機能はあるし、狩猟時や猟友会が行政から依頼される有害鳥獣駆除などでは着用が推奨されていますしね。
(オレンジベスト着用は法的な義務はない)


新しいベストが手元に来てまず行ったことは、狩猟者登録の証である記章を付け替えること。
(記章の表示は法的義務があります)

先日記章の話が出たので、ついでに私の記章の装着方法をアップします。
記章は裏がネジ止め出来るようになっていますが、そのままだとネジが緩んで落下しやすいです。

そこでネジ止めした後にボンドを塗布。
2015.01.20装着2
これだけでほぼ落ちなくなります。
落として再交付申請をするのは大変だし、それに比べれば楽なもんです。

以前はネジ山をペンチで潰したりしていましたが、今回の様に交換する時に大変だったので止めました。


ついでにネームプレート着用法。
2015.01.20装着1
ネームプレートは小さなボルトをホームセンターで購入し、同じくネジの先端をボンド付け。

丈夫な糸で縫い付ければ良いのでしょうが、意外に糸は擦り切れていつの間にか無くなっていたりします。


などと偉そうに書いていますが、どちらも先輩ハンターの方から教えてもらった方法なんですけどね(笑)。

参考になれば幸いです。


狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP
鳥獣対策総合案内コーナー(鳥獣対策、狩猟へのご案内など)

↓このハンターベストをもう少しオシャレにしたら若い人や女性もハンターになりたい!と思うんじゃないかい?と思った方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

完敗!

体調が少し回復したので山へ行ってきました。

山を駆け回る勢子役はまだ無理なので、狙撃手の一人として待ちに付きます。
2015.01.19完敗1
今日の待ち場はこんな感じ。
他の狙撃手からはかなり前方に位置し、撃つだけでなく後方のメンバーに状況を中継するポジションでもあります。

ヌタ場や餌を食べた様子と足跡から、50kgくらいと60kgくらいの2頭のイノシシと数頭の鹿が入っている見立て。

この山は小さ目の山で、しかも獲物の逃走経路が限られているので、獲物が入っていれば比較的獲りやすくグループが得意としている山です。

狩猟を行う山にも色々あって、
「滅多に獲物は入らないけれど獲りやすい山」
「たくさん獲物はいるけど獲りにくい山」
「沢山獲物もいて獲りやすいのだけど、養豚舎があったり狩猟に理解の無い住民の方がいて競れない山」
などの中で、この山は「獲物も良く入るし獲りやすい」という特A級のポイントです。


勢子副長と若き勢子がそれぞれ3頭ずつの猟犬を放して巻狩りの開始!

すぐに獲物を発見し、追い立てる鳴き声。
「獲物出てるよ!気を付けてよ!!」
「よ~っし、久しぶりに山に来たんだ。オレの前に出てこいよ!」

1発の銃声。
50kgくらいのイノシシが待ち場の間を抜けて行ったそうですが、残念ながらこれはハズレ。
逃げられてしまいました。

そして再度犬の追い鳴き!
今度は鹿を出したそうですが、フェンスが一部低くなった場所から逃走…。

「うう、獲りやすい山だけど今日はダメかぁ」
比較的小さな山なので勢子役がほとんど競り終わった頃に私の待ち場で異変…。

「パシ…、パシ…」
僅かに枝を踏み折る音。

「ん!?イタチやテンなんかの小動物か?でもなんか変だ」
自分の中で鳴り響く妙な警鐘。

「見切りではイノシシは2頭入っていた。しかし小さな山を2人の勢子と6頭の猟犬がかき混ぜた後だぞ…」
半信半疑ながらも、先輩方の見切りと自分の野生の勘を信じます。

静かに安全装置を解除して据銃(銃を構えること)。
2015.01.19完敗2
「来た…」
60kgサイズのイノシシが孟宗竹の間からチラチラと姿を見せます。

勢子と猟犬を振り切り、更に狙撃手の位置も完全に把握してコソコソと逃走を図っている模様。
「まだ遠いし竹が邪魔で撃てない。だけどオレの存在には気付いていないな…。あと10メートル近付けば狙撃ポイントもあるし、後方に他のメンバーもいるから迷わず撃つ!」

銃を構えたまま気配を殺し、イノシシの動きに合わせて銃身をスライドさせます。

しかしここでタイミングの悪い連絡。
「もう車の近くまで戻って来た。そろそろ待ちを解いてもらおうか?」
「ええ、こっちも大丈夫ですよ」
競り終わってこのラウンドが終了間近であることを告げる、副長と若き勢子の声。

「う、どうする?あと10秒もあればイノシシが狙撃地点まで来るけれど、待ちを解けの号令が下されてからの射撃は安全面からルール違反だ。
それに半矢になって後方にイノシシが走った場合、肝心の狙撃手は脱砲していてどうにもできない…」

そんな事を思っている間に親方からの連絡。
「よーし、皆待ちをと…」
ドカンッ!

号令が終わらない内に、僅かに見える隙間を狙って発射!
弾が中った気配はなく、弾け飛ぶようにして弓の中(包囲網の中)に戻っていくイノシシ。
「イノシシが戻ったよ!!気を付けて!」

状況を説明するとすぐに勢子役が競り返してくれます。

猟犬の追い鳴き。
待ちに付いているメンバーに緊張が走りますが、結局このイノシシには逃げられてしまいました。
「くそ、完全に猟犬の撒き方を知っているイノシシだった!6頭もの猟犬を撒いて逃げるとは何て賢いイノシシだ…」

しかもこの時、副長のワンコがイノシシの牙で切られてしまいました。
2015.01.19完敗4
(ふーちゃんと同腹の姉妹犬『サクラ』)
幸い切られたのは薄皮一枚で軽傷。
良かった。

「しかしあれだけ賢いイノシシが犬を切ること覚えてしまった。今後の事を考えると出来れば今日叩いておきたい相手だったな…。」
今日は完敗です。


犬が切られてしまったし、雨も降って来たのでこの日は早上がり。


解散後ちょっと鴨撃ちをしてカルガモをゲット!
2015.01.19完敗3
(この猟欲の強さが自分でも本当にイヤ。笑)

野生動物の賢さに只々脱帽です。


狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP
鳥獣対策総合案内コーナー(鳥獣対策、狩猟へのご案内など)

↓それでも手ぶらじゃ帰らないなんて食い意地の張ったヤツだな!!と思った方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード