fc2ブログ

食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

クスサン

住んでいる町内の地域活動で近くの神社の境内の清掃を行ってきました。
2014.06.18クスサン

田舎って集会や地域活動が多いのですが「郷に入っては郷に従え」ですし、年配の方の昔話を聞かせてもらったりするのが好きなので私はあまり苦になりません。
(そこらへんは狩猟に通じるものがあるかも。笑)
しかし新しく移り住んできた人の中には、地域活動が嫌なので町内会に入らないという変わった方もおられるそうですが…。

ここはかなり由緒があり格式高い神社だそうで、境内には相当な樹齢であることが見て取れる大きな幹の木々が茂ります。
2014.06.18クスサン4
自分の住んでいる地域にそんな神社があるなんて嬉しく思いますし、代々の住民の方が大切にされてきた事を思うと感慨深い物があります。

皆さんとご挨拶をして松葉箒を手にして枯葉を掃き集めますが、地面にポロポロと撒き散らした茶色い粒。
そして所々に落ちている白緑色の物体…。

「うっ、やっぱり!」
2014.06.18クスサン3

楠(クスノキ)に付く大型の毛虫『クスサン』です。
2014.06.18クスサン2

何度かこのブログで告白していますが、こう見えて私は毛虫が大嫌いなんですよ(汗)。
狩猟を始めてだいぶん苦手意識は無くなって来たけど、それでも苦手。

「小学校の校庭に大きな楠があって、台風の時はクスサンがボトボトと落ちてきたよな~。あれは悶絶ものだった…。
今日は風もないし落ちてこないよな。
落ちてくるようだったらお婆ちゃんたちと一緒に公民館の掃除をしよう…」
内心ドキドキしながら掃除をしていると、小学生の頃親父に聞いた話が蘇ってきました。

『「クスサン」は「テグスサン」とも言ってな、これで釣糸を作っていたんだ。
繭を作る直前の毛の抜けかけたクスサンの腹から糸を作る器官を取り出して、酢に浸けて引っ張ると丈夫な糸が出来るからそれを釣糸に使っていた。
今みたいにナイロンのテグスなんて無かったし、あっても高くて買えなかったから手作りのテグスを大切に使っていたよ。
大きな鯉やライギョも釣り上げることが出来るくらい丈夫な糸が出来た』

へえ、こんな毛虫から釣糸が作れるんだね~。
昔の人の知恵ってスゴイ!

触りたくはないけれど、どんなものか一度作ってみたいな。


そんな事を考えながら掃除をしていると、何事もなく無事に終了(笑)。

皆さん、お疲れ様でした。


鳥獣対策総合案内コーナー(鳥獣対策、狩猟へのご案内など)
↓クスサンを食べたのか!?と思った方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード