食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

歩くキジバト

ふと居間から庭を見ると、庭木の陰に何やら動く物体。
2014.04.26キジバト

「お!この模様はキジバトじゃないか」

キジバトは別名「ヤマバト」とも呼ばれる狩猟鳥で、30年ほど前は山間部にたくさん生息していたものです。
田んぼに群れで降りて落穂を拾っているのをあちらこちらで見かけ、親父の猟について行った時に「猟果が寂しいから今日はキジバトでも撃って帰るか」という感じでたくさん獲れていました。

食べてもとても美味しいんですよ♪

しかし近年は山間部には少なくなりましたね。
見かけるのは人家の近くや町中の公園や街路樹ばかり。
決してキジバトの個体数が少なくなったわけではなく、生息域が人間の住んでいる場所に近くなった感じです。

「昔はなぁ、キジバトを獲ると胃袋の中にぎっしりと稲籾が詰まっていたもんだ。近年は農業機械が進歩して山間部の小さな田んぼにも機械が入れられるようになったし、籾をほとんど落とさないように収穫できるようになったから落穂が無くて餌が無いんだろうね。だから猛禽類に狙われたりする危険の少ない都市部に生息地域を変化させたのだと思うよ」
先輩ハンターと話していて聞いた言葉です。

キジなんかも営巣したり休憩するブッシュの中にイノシシや鹿が進出してきているので、同じように人気のある場所に生息域を変えたような気がします。


「オレがハンターになってからも数えるほどしか獲ってないし、今や貴重品だよな…。子供の頃の様に腹一杯キジバトを食べてみたいなぁ」
2014.04.26キジバト2

「どこまで行くのだろう?」と観察していると、時々餌を啄ばみながら「ドテポードテポー」といった感じでお尻をフリフリ歩いて見えない場所まで通り過ぎて行ってしまいました。

ガラスの向こうでそんな事を思っている人間がいるとは想像もしてなかっただろうけど(笑)。


う~ん、平和だねぇ♪


鳥獣対策総合案内コーナー(鳥獣対策、狩猟へのご案内など)
↓「猟期になったら獲るつもりだな!?」と思った方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

自分で釣った初物アオリイカ(笑)

リストラされて職探しをしていたおじさんにアオリイカのエンペラをいただいてから、忙しくて釣りにも行けていませんでした。


さあ、ようやく時間が取れたからアオリイカ釣りに出発!
釣れるといいなぁ~。


海に着いて仕掛けを投入し、防寒着を着込んで星空を眺めていたら、あの時のおじさんを思い出して涙が出そうになりました…(笑)。

「いただいたエンペラはとても美味しかったけれど、あんなに人生の重みが詰まった味のアオリイカは初めて食べたなぁ」


そんな事を思っていたらアジを付けたミチイトがジイィ~!と派手な音を立てて出て行きます。

「よしよし、アオリイカに間違いない」

じっくり待ってヤエンを滑り込ませたいところですが、シーズン初のアタリなので辛抱できずに早めにヤエンを投入!


あっさりゲット♪
2014.04.23初物

1kg少し切れるくらいのメス。


アジの齧られ具合を見るとやっぱり少し早かったけど、獲れて良かった。
2014.04.23初物3

頭が切断されるくらいまで待つのが理想です。


クーラーボックスの中をフヨフヨと泳ぐアオリイカ。
2014.04.23初物2

「やっぱりイカって良い♪ なんかこの柔らかい質感と目まぐるしく変わる色がとても良い♪」


きちんと自分で釣った今年の初物なので、帰宅してお刺身にしていただきました。
(あ、また写真撮り忘れました)


今回は甘かったですよ(笑)♪



今日も自然の恵みに感謝です。




鳥獣対策総合案内コーナー(鳥獣対策、狩猟へのご案内など)
↓おじさんの釣った大物に比べたら小さなイカだな!と思った方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

ロードキルウサギ

「ん!?今のは何か珍しい感じがしたぞっ!!」

車を走らせていると、ロードキルアニマルがあまり珍しくない田舎道でも滅多に見かけないシルエットを発見してUターン。
2014.04.21ロードキルウサギ3

「アレだとしたらこの辺りでは初めて遭遇するな…」
と思って近付くと、やはり正体はロードキルウサギでした。
2014.04.21ロードキルウサギ2

いつもロードキルアニマルの写真を撮影して「こいつ本当に食い意地張ってるな!」と思われる方も多いと思いますが、正直な話「食べられるかどうか」は二の次です(笑)。

車が行き交う車道に出て来ていたということは、野生動物にとってかなりの異常事態です。
そしてそこで撥ねられていたということは確かにそこに生息していた証拠でもあるし、飛び出さざるを得ない何らかの理由があったということなので、ロードキルアニマルを観察することで周囲の野生動物の生息状況を知る手掛かりを得ることにもなるのです。


車を降りて実況見分。

この場所は周囲に身を隠す山林もなく、田畑が広がる場所です。
2014.04.21ロードキルウサギ

近年イノシシが増えすぎてノウサギの巣穴を掘り起こして子ウサギを食べてしまうので、ノウサギの生息数が減った上に生態が変わってしまいました。
以前の様に山中ではなく、民家のごく近く(たまに庭先や軒下など)で営巣している話を聞きます。
(キジなども同様です)

「あそこの集落近くにいたものが道路を横断して来たのだろうか? 道路のこちら側には牧場があるので夜な夜な家畜の飼料を食べに来ていたのかもしれないな…」

少し周囲の状況を確認しながら歩いてみますが、推測できるのはそれくらい。


撥ねられてだいぶん時間が経過している上に損傷が激しいので、今回もお持ち帰りは出来ず(笑)。


ゴミ収集車に回収されるのも忍びないので、ノウサギの亡骸を近くの草むらまで移動。

ここだとカラスやイタチが発見してくれるし、そのお肉は多くの野生動物の胃袋を満たし、骨は土に還って行くことでしょう。


合掌…。


鳥獣対策総合案内コーナー(鳥獣対策、狩猟へのご案内など)
↓素直に「食べられなくて残念!!」と書けよ!と思った方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

Fall in love

若き勢子のご自宅に子犬が産まれたというので、見に行って来ました。

すくすくと育って離乳食を食べ始めた時期ですが、まだまだお母さん犬のオッパイにぶら下がっています。
2014.04.20子犬7
「乳くれ!(笑)」

子犬って乳臭くて、本当にとても良い匂いがするんですよ♪
2014.04.20子犬1

う~ん、なんちゅうか…。
2014.04.20子犬2

プリプリしていますね…。
2014.04.20子犬3

カメラの紐をシャブシャブ(笑)。
2014.04.20子犬4

パンをモグモグ♪
2014.04.20子犬6

いや~、もうホントに…。
2014.04.20子犬5

恋に落ちてしまいました(笑)!!



鳥獣対策総合案内コーナー(鳥獣対策、狩猟へのご案内など)
↓カワイ過ぎです!!と思った方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

イノシシの解体道具

※閲覧注意!かなりリアルな解体の写真をアップしていますので、苦手な方は回避ください。




では始めま~す。



今回は解体に関するお話。

解体方法やそれに用いる道具はハンターや地域によって様々で、そのどれもが興味深くおもしろいものでどれが良いとか悪いとかは言えません。

しかし私が所属させてもらっている大物猟のグループが使っている道具は凄いですよ!

メインで使う道具が「カッターナイフ」ですから(爆)!!




まずはプリプリと肥えたイノシシを用意し、厚手のゴム手袋を着用して70℃くらいのお湯をかけながら毛穴を開かせて毛を抜きます。

残った毛はナイフで剃り、更にガスバーナーできれいに脱毛。
2014.03.23解体9
この方法だとコリコリした皮まで食べられます。
煮物にすると美味しいんですよね♪

捌いているのは「カッターナイフの魔術師」の異名をとる若き勢子。
彼は元々持ったセンスが良い上に、若くして物凄い数の獲物を捌いているのでムチャクチャ手早いですね。
2014.03.26解体1
まずは喉元から股まで一直線に切れ目を入れていきます。

マスク(花粉症だから)と使い捨てのゴム手袋(感染症予防のため)を着用しているとまるで手術中のようです(笑)。
2014.03.23解体2
胸部は肋骨があるので大胆に、腹部は腹膜を破らないように繊細に開腹。

次に骨盤を開くために腿肉の中心を切り広げて骨盤を露出させます。
2014.03.23解体3

繋がっている4か所(分かりやすいよう黄色の線を引いてみました)を切り割り、腰骨を取り除きます。
2014.03.23解体4
ここで使用している道具は剪定バサミ(もっと大きなイノシシの時は太枝切りバサミを使用)なのですが(笑)。

次に胸骨の切除。
2014.03.23解体5
軟骨で繋がった黄色のラインに沿ってカッターナイフを入れていくと、骨を避けて軟骨部分で簡単に切り離せます。

消化器を包んでいる腹膜と腹肉の間に手を入れ、押し広げて剥がした後、腹膜を傷付けないように横隔膜を切り離します。
2014.03.23解体6
ここまで進むと邪魔な骨は取り除かれ、消化器・循環器は喉笛と肛門で繋がっているだけの状態となります。

喉笛をカットし、切った喉笛を後方に引っ張りながら内臓を取り出します。
2014.03.26解体777

腹膜に包まれたまま内臓を摘出。
2014.03.23解体8
胸腔に溜まった血はタオルで拭き取ります。
ちなみに黄色で色を付けた部分は内ロース(ヒレ肉)。


この後骨抜きを行って肉を部位に分けて行くのですが、この工程もカッターナイフで行います。

骨の接合部に薄い刃先を入れていけば関節も簡単に外れますし、骨に沿って刃先を滑らせていくと容易に骨抜きも出来ます。
(脊柱もカッターナイフでバラします)


カッターナイフを使う最大の利点は、使い捨てで切れ味鋭い刃先が使える点でしょう。
道具の使い捨ての是非は置いておいて、猟期に連日何頭もの解体をしなければならない時などは、道具の手入れが最小限で済むという事は疲れた体にはありがたいことです。

カッターナイフで捌くと言うと、道具が道具だけに他のグループで捌く時はかなりビックリされるのですが…(笑)。



鳥獣対策総合案内コーナー(鳥獣対策、狩猟へのご案内など)
↓カッターナイフと剪定バサミにビックリ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

人類の夜明け(笑)

トマトの苗を植えました。
2014.04.14トマト2

偶々テレビを付けたら『趣味の園芸』なんていう番組を放映していて、そこにトマトの育て方が映っているのを見て無性にトマトの苗を植えたくなったのです。

もともと土いじりは嫌いではなく中学生の頃は「園芸部」なんぞに入っていました。
球技や他の部活は先輩たちが偉そうにしていて嫌だったし、園芸部に入部したのは「収穫できたものを食べられる」という不純な動機でした(笑)。
今の様に「ガーデニング」なんていうシャレた言葉はなく、「女子に混じって畑耕してら!」とよくからかわれたものですが…。


しかし今回は理由などはなく、なんていうか発作の様に自分の中に湧き上がってきた衝動でした。
「そうだ!今すぐにトマトの苗を植えねばっ!!」
すぐにホームセンターに行って必要なものを買い揃えて来ました。


(35年ローンの)中古住宅を買ったといえども耕せるような土地は猫の額ほどの面積しかなく、駐車場の横に隠れるようなひっそりとした畑です。


土を掘り起こし、堆肥を鋤き込みながら思いました。

「人類は狩猟生活から始まって、不安定な食糧事情に不安を覚えて農耕民族へと移り代わり、そのずっとずっと後になって蒸気機関なんていうものが発明され、産業革命が起こってこれだけ爆発的に発展した種なんだよな。
今やパソコンやインターネットなんていうものもあって世界中のありとあらゆる情報も入手できるし、ちょっと便利すぎる感じもするけれど…。

はっ!そうすると今土を耕しているオレはようやく生命として狩猟民族から農耕民族へと産まれ変わっている最中ってわけか!?
時間から考えるとサルから毛が抜けかけた感じだろうか?

そう考えると相当に貴重な瞬間だぞ、今(笑)」


そんな事を考えながらも、私が狩猟を始めることになったきっかけの一人でもある先輩ブロ友ハンターの「川ガニさん」のブログ『狩猟民族の館』を思い出します(笑)。

「そっか~、川ガニさんも狩猟採集生活一辺倒だったものが最近では畑仕事ばかりだもんな。さすが人生の先輩は先見の明があって随分先を行ってるな~」


僅かばかりの土地の面積なので、僅かばかりの時間で耕し終わってトマトの苗を植えて終了。
(性格が適当なのでマルチと呼ばれる黒いビニールシートは張っていません)


ジ~ン…。

頼りない感じのトマトの苗を見ると、思いもかけずなんだかとても感動するものが湧き上がってきました。

「安定して食料を確保できる」という理由だけではなく、それはずっと狩猟や釣りや潜りなどの採集生活を過ごしてきた所為かもしれません。
命を奪って食べるという事は生命として必要な事ではあるけれど、きれいごとではなくそれはある意味殺伐とした破壊行為であって、壊すということばかりを続けていると疲れが蓄積するのでしょう。

小さなトマトの苗を植え付けこれから大きく育って行くことを考えると、それはささくれ立って疲れた心に差し込む一筋の光明のような存在ですらありました。


「大きくなっておくれ」


昔見た『レオン』という映画で、ジャン・レノ扮する殺し屋のレオンがとても大切に一つの鉢植えを持っている理由が理解できたような気がしました。



鳥獣対策総合案内コーナー(鳥獣対策、狩猟へのご案内など)
↓今ごろ農耕民族への目覚め!?文明開化には寿命が間に合わないな!!と思った方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

立ち入り検査2014

2014.04.12立ち入り検査

携帯電話に所轄の警察署から着信。

銃砲所持者は用件があって時々かかって来たりします。

まあ、この時期だと「銃砲の保管状況に関する立ち入り検査」についてだろうな~、などと予測が付くのですが、時には全く関係ない時期に電話がかかって来てドキドキすることがあったりします。

「放置自転車に貴方の名前が書いていますけど、心当たりありませんか?」
なんていう内容だったりするのですけどね(笑)。


そんな感じでやはり用件は保管状況の確認についてで「今から行っていいですか?」との連絡。
銃砲の保管についてはいつ来られても問題はないし、特に用事もなかったのでOKの返事をします。


「家の中は片付いてるよな…」などと確認をしていると車が入ってくる音。しかも軽トラ。
頭の悪い私でもさすがに「近頃の警察の公用車には軽トラもあるのか!」とは思わずに、偶々ハンター仲間の誰かが来たのだと理解します(笑)。

「タケノコ掘って来たから持ってきたよ~」
と有害鳥獣捕獲隊隊員の方。

ありがたく頂戴し、家に上がっていただき「今から立ち入り検査なんですよ」などとお話をします。

窓を開け放していたのですが、「狩猟をしていて猟銃が家にあるなんて言うことは、保安上の問題から出来れば隣近所さんにはあまり知られたくはないけど、イノシシを捌いたりするだろうからどちらにしても遅かれ早かれ分かることでもあるし少しずつ知ってもらう必要もあるかな…」と心の中で思いながら、互いに大きな声で
「今年の猟期はこんな感じだった」「あそこの山でイノシシを獲った」
などと情報交換をします。


そんなことをしているとパトカーが家の前に到着。
「おお、パトカーを家の前にベタ着けですかい!きっとご近所の方は何事かと思うだろうなぁ…」
と思いつつ上記のような理由で「それも有りかな」とも思います。

来られたのは初老の制服姿のお巡りさん。

挨拶を済ませ、早速保管状況の確認。
ガンロッカーや装弾ロッカーの施錠状態などに問題がない事を見ていただくと
「所持許可証を見せていただけますか。そして銃番号(猟銃に刻印されている番号。車の車体番号などと同じくすべて異なる番号となっています)の確認をしますので、猟銃の銃番号を読み上げていただけますか」
と言われます。

「おおお、今年はそう来たか!これは初めてのパターンだな。そう言えば去年所轄で闇銃(登録の無い猟銃)を持った不審者が逮捕された事件があったもんな…」

立ち入り検査は例年ですと型通りに保管状況や残弾数の確認だけで終わることも多いのですが、法令の改正や事件や事故があった場合などはそれに対応した検査が行われることがあるので、こちらも柔軟な対応が求められます。

「この銃の銃番号はどこにあるんだ?」
自分の猟銃であっても日頃銃番号を見たりすることは無いので刻印の位置を探すのに苦労しますが、持っている猟銃の銃番号を読み上げて無事に検査は終了。

書類に確認の署名と押印をした後、捕獲隊のハンターの方と3人で少し世間話をして帰って行かれました。


今回は立ち入り検査も型通りのものではなく状況に応じた適切な検査を実施しているじゃないか、と少し感心しましたね。


近々警察署で行われる銃砲検査の案内も来ていたけれど、猟銃を所持している以上必要な事でもあるので適正な銃砲管理に努めたいと思います。


鳥獣対策総合案内コーナー(鳥獣対策、狩猟へのご案内など)
↓珍しく真面目な内容で「らしくないじゃないか!?」と思った方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード