食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

5回目の猟期を迎えるにあたって

2013.10.31 5回目の猟期

明日からイノシシ・鹿の大物猟に限って猟期が解禁になります。
(地域や対象鳥獣によって異なります)

私にとっては5回目の猟期の始まりです。


僅かばかりながら税金から活動補助金が出る有害鳥獣捕獲活動とは違い、明日からは完全に趣味の世界の狩猟になります。

やっていることは同じように思われるかもしれませんが、実は精神的な面で大きく違います。

有害鳥獣捕獲活動は行政から依頼を受けた業務であるので、業績を上げなければいけませんし、ちょっと義務的な一面もあります。

また、時には殺したくもない野生鳥獣を殺さざるを得ない場合もあったりします。




でも、明日からは自分のために純粋に自分の狩猟を楽しもう。

眠い目をこすりながら早起きをして山へ行き、クタクタになるまで山を歩こう。

「農業被害に困っている農家の方のために」ということを考えなくもないけれど、好きで始めた狩猟だから、そんな義務的なことは少しの間忘れて大好きな狩猟を楽しもう。

狩猟を楽しめないと、長続きするわけないしね。




今はちょっと狩猟ブームのような風潮が起こり、高齢化によるハンターの減少と有害鳥獣の増加による農業被害の防止や、自然界の生態系のバランスという観点からしかハンティングが取り上げられていませんが、あまりにも嘘くさい理由だと思います。



「狩猟が大好きなんだよね」
私が狩猟に行く理由はこれだけです。

(同じくらい価値のある副産物として美味しいお肉が待っていたりもしますが…。笑)




狩猟が大好きだから時間のある限りフィールドに出よう。

そしてまだまだヘナチョコだから、出来る限りたくさんの経験を積もう。



野生動物と対峙することは、どんな文章でも映像でも再現することができない「体験」だと思います。

そんな「体験」を数えきれないくらい経て一人前のハンターになれるのだと私は思います。




体験を充分に積んだ上で、

「十を知って一を語る」

そんなハンターに私はなりたい…。



そうなるには、まだまだ果てしなく遠い道ですね(笑)。




可愛がってくださる同じ猟隊の皆さん、少しでも皆さんに追いつけるように頑張りますので今年もよろしくお願いします。

そしてこのブログに訪れてくださる皆さん、稚拙なブログですが今猟期もよろしくお願い致します。





さあ、そろそろ明日の初猟(狩猟解禁日)に備えてもう寝よう。

でもワクワクして眠れないかも(笑)




↓きっと今年も帯状疱疹になるよ!と思われた方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

私怒っています!!

朝晩が急に寒くなってきましたね。



その事で怒っているのがこの方。

2013.10.29怒っています


何個か設置してあるニャンコハウスの中でも、一番暖かい場所にある押し入れの中のものから出てきません(笑)。


時々出てきてはキャットフードを食べておトイレに行き、それからこちらに向かって

「ニャーニャー、そろそろ寒くなってきたからコタツを出してちょうだい! わかった?ニャーニャー!!」

と一頻り文句を言っては再び押し入れの中でドラえもん状態(笑)。



うん、希望は分かったけれどコタツを出すほどは寒くないからまだダメだよ。

それにキミが文句言っている姿がとても可愛いから、意地悪してもう少しこのままにしておこう(笑)。





にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

有害鳥獣捕獲隊、島へ!

いつも有害鳥獣捕獲に行く島でイノシシが暴れているとのことで、有害鳥獣捕獲隊出動です!!

島にある小学校の周囲にまでイノシシが出没しているとのこと。



島なので漁船をチャーターして行くのですが、しかしこの日はベタ凪の絶好の釣り日和。
2013.10.28島の有害鳥獣捕獲8

ああ、今年はあまり釣りに行っていないから釣りしたいなぁ…(笑)。

まあ、今日は有害鳥獣捕獲だからしょうがないよね。




島に到着して作戦会議。

2013.10.28島の有害鳥獣捕獲9

今回は7名と少なめの人数なので、2人の勢子と動ける人は状況に合わせて動く作戦。



とりあえず今回一番若手の私が山頂まで登り、どの場所でイノシシが出ても駆け下ることができる位置で待機。



この島は過疎化で山の手入れをすることを完全に放棄してしまったので、鬱蒼としたジャングルのような様相を呈しています。
2013.10.28島の有害鳥獣捕獲2


この時期、イノシシの主食となるドングリやマテバシイもたくさん落ちていて、食い散らかした痕跡も多数発見。
2013.10.28島の有害鳥獣捕獲3

イノシシたくさんいそうだね。



そうこうしていると猟犬の一頭がやってきて、周囲をうろついています。

勢子の方と連絡を取ると遥か遠くの場所なので、私がワンコに付いて山を探索します。
2013.10.28島の有害鳥獣捕獲111


「イノシシがいると鳴くから分かるよ」

とのことで一緒にテクテクと歩いて行くと、前方20メートルほどの場所からイノシシが飛び起きて逃走!

50kgくらいの親に20kgくらいの子供が2頭。


風上にいたのでワンコの発見が遅れ、逆にイノシシに先に気付かれてしまった感じ。

それを見て吠え立てるワンコ。


瞬時に銃を構え引き金を弾く! 

が弾が出ません。

「あ、いかん。安全装置解除してなかった…」

すぐに安全装置を解除して3連射!!



平気な顔で逃げ去るイノシシ。




一発くらい中ってないかと周囲を見渡しますが、血の一滴も落ちていません。

追いかけて行ったワンコもすぐに戻ってきたから、完全に外れている感じ。トホホ…。



「いや~、あんな茂みも何もない地面に寝ているとは思わなかった。油断した…」

ここのイノシシは犬に追われたり人間の姿をあまり見たりしないので、通常の常識が通用しないことが多いようです。





その後も何頭かイノシシが出たようですが、島の中を迷走して犬が捲かれてしまいます。

こんな竹藪や、
2013.10.28島の有害鳥獣捕獲4

ダンチクのトンネルを巧みに利用しているようです。
2013.10.28島の有害鳥獣捕獲6



それにしても暑い!

2013.10.28島の有害鳥獣捕獲5

来週から猟期だというのにクワガタも平気な顔で樹液を吸っています。

とても猟期間近の光景とは思えませんね。



この山はかなり急峻な角度で、大きな岩が無数に転がっているので非常に足に負担がかかります。

それに最近はカラス撃ちばかりであまり山を歩いていなかったので、体が山に慣れてなくて足が痙攣を起こしそうです。

「潜りにもあまり行けなかったし体が出来ていないな…。来週から猟期だというのに情けない」




昼近くになり、なんとか50kgくらいのメスイノシシを1頭ゲット。

2013.10.28島の有害鳥獣捕獲222

乳腺が張っているので、この時期に子育てをしていたようですね。



ふう、それにしても疲れて酷い筋肉痛だ。

しかし久しぶりに山の中をたっぷり歩いたので心地よい疲労です。





さあ、いよいよ猟期も始まるな。

5年目の今年の猟期にはどんなドラマが待っているかと思うと、今からドキドキします。



そして今年は帯状疱疹にならないように気を付けよう(笑)。

(今年の猟期にも帯状疱疹になったら打率8割じゃん)





にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

カニ獲り

モクズガニは漁業権が設定されている河川では入漁権(鑑札)が必要な場所があります。
また禁止漁法や使用禁止漁具などが設定されている場所もありますので充分ご注意ください。




モクズガニ獲りに行ってきました。

モクズガニは普段は河川に生息していますが、秋になると川を下り海岸で産卵を行うため、汽水域の特定の場所に集まるのでそこを狙うのです。



獲る方法はウナギバサミを使っての捕獲。

干潮時を狙ってモクズガニを見つけて捕まえるというシンプルなもの(笑)。


水中の岩をひっくり返したり、こんな感じのコンクリートの隙間に潜むモクズガニを挟んで捕まえるのです。
2013.10.27カニ獲り2



こういった捕獲活動は基本的に単独行が多い私ですが、今回は同じ猟友会の腹口くん(仮名)と一緒。
2013.10.27


カキ殻などで足を怪我しないように古いスニーカーを履いて水に入ります。



「うひゃあ、冷たい! でも気持ちいい」

二人で砂に足をうずめながら、干上がった河口を進みます。



お!初物のモクズガニをゲット♪
2013.10.27カニ獲り3


岩の下に手を伸ばすと20センチオーバーの大物のハゼをゲット!
2013.10.27カニ獲り5



もう少し獲れる予定だったけれど、この日は苦戦し二人でこれだけの貧果(笑)。
2013.10.27カニ獲り4


う~ん、残念。



カニカゴを仕掛けて引き上げる時のドキドキ感も捨てがたいですが、こういったシンプルな漁法は「獲った!!」という猟欲が満たされてとても楽しいですね。



成果はちょっと残念だったけど、いい年した大人が岩をひっくり返すたびに一喜一憂しながら楽しめた秋の一日でした。






にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

やっぱり怖いぞっ!!

とある秋の日に、有害鳥獣捕獲活動のために山の中をうろついていたら見つけたもの。

2013.10.24オオスズメバチ5

山中に設置されたミツバチの巣箱。



ものすごい数のミツバチが飛び回っています。

体色が明るい黄色だからセイヨウミツバチのようですね。



いや~、すごいミツバチの数だ!!



ミツバチの合間を縫ってオオスズメバチの飛んでいる姿も見受けられます。



そして巣箱にもれなくセットされているオオスズメバチ捕獲用のトラップ。
2013.10.24オオスズメバチ4

一旦ここに入ったら力尽きるまで出られない仕組みです。



でもなんだか格子の向こうから一生懸命に足掻く様子は、昔マンガで見た

「出せ~っ! ここから出せ~っっ!!」

と騒いでいる囚人のようですね(笑)。
2013.10.24オオスズメバチ3


トラップの中に累々と横たわるオオスズメバチの屍。
2013.10.24オオスズメバチ2

結構な数だなぁ。


こちらは分かりやすい、ゴキブリホイホイと同じ仕組みの粘着性のトラップ。
2013.10.24オオスズメバチ

こちらにも沢山のオオスズメバチが捉えられていますね。




先日蜂獲り師さんが獲ったオオスズメバチを食べたらとても美味しかったので、「来年の秋くらいにオオスズメバチの巣穴を掘り出し、ハチノコ獲りに挑戦してみようかな」などと密かに考えています。


しかし3~4匹のオオスズメバチが飛び回っているだけで結構な迫力ですし、1匹だけでも自分の周囲を旋回飛行されるだけで威圧感が半端じゃないです。


「いやぁ~、やっぱり恐ろしいわ! へなちょこのオレにはとても無理っ!!」


と早くもギブアップ宣言(←早過ぎだろ!笑)。




やっぱり本職の人はすごいね♪





にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

気になって気になってしょうがない…

毎朝の通勤途中に気になる痕跡が…。

2013.10.23気になる3


「うっ! こ、これは…」



イノシシのカセギ(餌を食べた跡)に間違いない。しかも真新しい痕跡が毎日増えているということはこの近くに潜んでいて、夜な夜な餌を食べに出没しているんだ

2013.10.23気になる2



確かにこの場所の裏手に小山はあるけれど、普段から車の交通量も人通りもけっこうあるし、山との境にはフェンスが張り巡らされていて出入りできないはず…。一体どこから入っているんだ?

ゆっくりと足跡をトレースしてみたいのですが車を停めて検証できるような場所でもなく、日々徐行運転でチラチラと眺める日々が続きます。



そんなある日、普段物陰になっている場所に獣道を発見!

2013.10.23気になる

「なるほどね、ここから出入りしているんだ! この先を辿ればフェンスの壊れた場所があるに違いない」




それにしても箱罠を置いたらすぐにでも入りそうだ。

だけどここでイノシシが入ったりしたら大騒ぎになるだろうなぁ。

やっぱ無理だよなぁ。




もう日々気になって気になってしょうがないのです。

罠を仕掛けるのが無理ならばせめて足跡をじっくりと見切り、どのくらいの大きさのイノシシが何頭くらい出てきているかを確認したい!!




だけどこの場所は無理なんですよね~。

だって勤務している会社の敷地内ですから(笑)。





にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

闇罠(やみわな)

休日の朝から携帯電話に着信。

相手は市役所の農林土木課となっています。



「もしもし…」

「朝からすみません、今日はお時間ありますか? 実は罠にアナグマかタヌキかアライグマかハクビシンみたいな正体不明の動物がかかっていると連絡がありまして、処理をお願いできないでしょうか…。

その罠なんですが、実は許可を持っていない方が家庭菜園にかけた闇罠なんです…。自分では処分できないから何とかしてくれと市に依頼があったのです」

闇罠と聞いて気が重くなりますが、農林土木課の方には有害鳥獣捕獲などで日頃からお世話になっているし、人助けのつもりで引き受けます。

ただし「闇罠を仕掛けた人には違法行為であることをきちんと伝えてください」とお願いします。



連絡を受けた時は久しぶりの休日でゆっくり寝ていたし、慌てて飛び起き準備。

パソコンで依頼主の住所を確認して出発!



でも気が重いなぁ…。

有害鳥獣捕獲でも自分の仕掛けた罠だと少しは「野生動物との知恵比べ」という駆け引きがあるのですが、人がかけた罠の動物を殺処分するだけだと殺すためだけの行動ですし、一般の方にも「ハンターって動物を殺すことを引き受けてくれる(都合の良い)人間」という誤った認識を植え付けることになるからです。

それに殺処分だけを行った場合、心の底に滓のように重たい何かが溜まっていくのが分かり酷く疲れるのです。



車を走らせながら考えます。
「アナグマやタヌキの猟期は11月15日から始まるから、捕獲許可の出ていないタヌキだったら放獣処置。ハクビシンはこのあたりでは生息していないから可能性は低いな。アナグマかアライグマだったら捕獲許可が出ているからお持ち帰りで解体作業だな。アライグマだと未知の味だから嬉しいんだけど、解体作業でせっかくの休みが無くなってしまうな…」


30分以上車を走らせ現場近くまで来て、詳細な場所が分からずに道に迷って彷徨っていると再び市役所から電話。
「まだ来ないのか?と催促の電話がありまして…」

現場間近まで来ていることを告げ、依頼主のお宅に到着すると挨拶もそこそこに
「何やっとったんじゃ~!? 1時間以上も待っとるんぞ。 ワシも忙しいんやっ!!」
とお叱りのお言葉。


まずはお詫びをし、私の身分証明書と有害鳥獣捕獲従事者証をお見せします。

その上で私の住んでいる場所とこの場所まで来るのにかかる時間を告げ、猟友会の有害鳥獣捕獲隊員といっても仕事を持った一般人であり、市役所から依頼があって伺った今回の件も完全に無償のボランティアであるということをお伝えします。
(一日当たり千円~二千円の捕獲活動費が出るのは週一回の決められた合同捕獲日に出席した場合のみ)





そして依頼者から案内されて現場に到着すると…、

(内緒だけど、実は正体不明の動物と言われてちょっとワクワクしていたんですよね。笑)




なぁ~んだ、どっからどう見ても普通のタヌキじゃん!2013.10.20タヌキ



罠をかけた人がタヌキだと分からなかったのは、何とか逃げ出せないかとタヌキが脱走を試みて怪我を負い、鼻筋が腫れ上がって面相が変わっていたからでしょう。
2013.10.20タヌキ2

痛そうだね…。



「こいつが毎晩畑を荒らしよるんじゃ。殺してくれ!」

タヌキは捕獲許可が出ていない旨を伝えた上で、市役所の担当者に電話をします。

「タヌキでした。依頼者は殺処分を希望していますが、事後許可とか出ますか?」

「タヌキの被害報告はありませんので無理です」

「じゃあ放獣処置ということでいいですね?」

「お任せします。ありがとうございました」



罠ごと車に載せ、かなり離れた山奥まで行って檻を開け放します。

2013.10.20タヌキ3

もう人間の畑を荒らしたりしちゃダメだよ。



林に入る途中でチラリとこちらを見るタヌキくん。

2013.10.20タヌキ4
(残念ながらその瞬間の写真が撮れなかった)


罠を返却しに戻ると
「今度から罠にかかったらあんたに直接電話すればいいんかのぅ?」
と尋ねられたので、一定規模以上(ちゃんと基準がある)の農家の方が自衛で箱罠を仕掛けることは認められているけれど、一般の方が許可を取らずに仕掛ける闇罠は違法であることを説明します。

その上で野生鳥獣による被害があったら市役所に捕獲を依頼し、許可が下りたら猟友会の有害鳥獣捕獲隊員が来ることをお伝えします。



ふぅ、なんとか任務終了。

必要以上の説明や人的対応で結構大変だったけれど、今回は必要以上の野生鳥獣を殺さずに済んだのでそれだけで良かった。




捕まえたり殺したり放したり、人間って本当に身勝手な生き物だよなぁ。





にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード