食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

岩虫獲り

干潮時の海辺を散策。

地形の調査も目的の一つですが、マツバガイかカメノテでも獲って酒のツマミを確保するのが主目的(笑)。
せっかく来た海だから手ぶらでは帰らないぞ(爆)!


そこでなにやら珍しいというか懐かしい風景を発見。
工事用のツルハシを持ったおじさんが、岩をゴツゴツと叩いています。
2010.03.29岩虫獲り


地元の漁師さんが、岩の間に棲んでいる「岩虫」というゴカイの仲間を獲っているところです。

「これで今からアイナメ釣りをするのさ。アイナメ釣りには岩虫が一番いいね、いたら一発で釣れる」

「これだけあったら充分だからもうおしまい。
あんまりやったら磯が荒れるしね。」
2010.03.28岩虫獲り2



今では釣りエサは釣具屋さんで買うのが当たり前ですが、ちょっと前まではこうやって釣りエサを自分で調達するのが当たり前だったよな~。
モエビやドバミミズなんかもいつも獲ってきてたし。

特に小・中学生の時は親からのお小遣いではゴカイが高くて…。
最近は岩をひっくり返したり、砂を掘ったりしてゴカイを獲っている人も見なくなりましたね。


懐かしい光景でした。



スポンサーサイト

初潜り! のはずが…

「昼から晴れ、波高1メートル、乾燥注意報が出ています」
天気予報を聞くと問題なし。

「これは今年の初潜りに行かなきゃでしょ!!」

水は冷たいながらも、この時期にしかいない獲物もいるし。
何より潜って水中の様子を見るだけでもストレス解消になります。

そそくさと準備をして海へ!



って、着いたらザブザブと白波が立っているんですけど。
天気予報のウソツキっ!
これはどう見ても波高2メートル以上だぞ。

まぁ、諦めも肝心。
無理して潜っても何もいいことないしね。


そのことに関連してですが、芸人がやってる「獲ったどー!」っていう番組だけはやめてほしい。
ちょっと潜りをやっている人間から見たら、すぐに別撮りと判るような悪天候の中を
「荒れ狂う海の中を果敢にも進む○○!」
みたいなナレーション。

「絶対に無理ですっ!」
完全に海はドロドロに濁っているし、ザッブンザッブン白波立つ海。
そんな海に潜ったら簡単に死ぬ危険性があります。
バラティだとはいえ、ホントに「マスコミ」という公共のメディアがそういうウソを発信するのはやめていただきたい。
なんたって、それに影響を受けて無理をしてしまう人は多いと思う。





我が家から海までは15分くらいだから、そのまま諦めるという選択もあったけど、一旦湧きあがったお魚欲は納まることもなく…。
「釣りに切り替えるか!」

近くの波止場に行って情報収集です。
お知り合いになった漁師の方や駐車場のおじさんに何が釣れているか聞きます。
「なーんも釣れてないよ~」
実際に釣り場を見て回ったけど見事に何も釣れていない(笑)。



「う~ん、じゃあ夜釣りに切り替えるか!」
我ながら好きですね(笑)。

近くのスーパーに行ってイカや適当な魚を買います。
はい、いつものアナゴ釣りの準備です。

18時半に竿を出し仕掛けを投入!
この頃からさらに風が強くなってきます
外気温は10℃だったけど、体感気温はその半分くらいな感じ。

暗くなった19時過ぎにアタリ。
まあまあのサイズの最初のアナゴゲット!
2010.03.28アナゴ釣り

それからますます風が強くなり、アタリもまったくわからなくなります。
仕掛けの点検のために上げたら、さっきより小ぶりのアナゴが付いていました(笑)。
2010.03.28アナゴ釣り2




21時半まで粘ったけど寒くて限界。
仕掛けを上げていたらなんだか重いぞ!

2010.03.28アナゴ釣り3

2010.03.28アナゴ釣り4

小さなテナガダコでした。
こうやって写真を見るとすごく手が長いですね。

いつもはリリースだけど、お魚に飢えているのでお持ち帰り(笑)。


ふぅぅ、寒かった~!

とりあえずアナゴ丼の具材ゲットということでOKで~す(笑)。





チヌの味噌焼き

2010.03.25チヌの味噌焼き


先日釣ったチヌ。

切り身の一部を味噌漬けにして食べました。
サワラの西京焼きのチヌバージョンですね。

味噌、みりん、酒、砂糖なんかをお好みで適当に混ぜて、3日間くらい漬け込みます。

それから味噌を手で拭って焼きます。
焼く時は焦げやすいので、アルミホイルを被せて焼き目を調整。

それでもちょっと焦げてしまいました(笑)。


とっても美味しゅうございました♪


打ち上げ

大物猟のグループの打ち上げに行ってきました。
海の近くの料理屋の一室を借り切っての宴会です。

やはり皆さんお魚に飢えているようですね(笑)。


今年も事故も怪我もなく、たくさんの獲物に恵まれたことを山の神様に感謝して皆さんで乾杯!

2010.03.24打ち上げ
(全員猟銃所持者のため、保安上の理由でモザイクを入れています。決して悪いことをしている人達ではありません。笑)


そこで先輩の方々皆さんに聞かれました
「たっくさん撃ったなぁ!1年目でそんなにたくさん撃ったヤツは初めて見た。
一体何発撃ったんだ?」

「ええと、30発くらい…。3頭は倒して(初矢で当てて)、何頭逃がしたかはゴニョゴニョ…」

「いやいや、3頭撃っただけでもたいしたもんだ。
それにしても、お前さんはよっぽど山の神様に愛されているなぁ~。
普通はそんなに獲物を見ることなんてできないよ。」

「そうですね、運が良すぎた初猟期でした。
それだけに自分の腕の未熟さが悔やまれます。」

「いやいや、みんなそうやって経験を積んでいくんだよ。
お前さんはよく頑張った。すぐに一人前になれるさ。」

涙が出るほど嬉しかったです。



60才代の人が多いけど、80代の人もいれば20代の若者もいる。
会社勤め、自営業、会社経営者、農業、仕事の第一線を退かれた方…、色々な立場の人がいます。

しかしここでは全くそんなことは関係ありません。
皆で猟期の出来事なんかをおもしろおかしく話し、早くも来猟期の話なんかもします(笑)。


そんなことを話していたらあっという間に時は過ぎ…。
全然話し足りないけどお開きの時間です。



親父は全く酒を飲めませんので、自分の車で何人かを送って行きます。

その車中で先輩猟師の方に言われたことです。
「猟場ではいざという時に本当に頼りになるし、格安でナイフを作ってもらったり、キーホルダーや皮細工を作ってもらったり、皆親父さんにはすごくお世話になってるんだよ。親父さんに早く追い付けるように頑張れよ。」


はい、頑張ります!
ようやく道に立ったばかりのヒヨッコですが、早く皆さんや親父に追い付けるように精進します!!



イノシシ肉のお好み焼き

久しぶりにお好み焼きなんぞを作ってみました。
時々無性に食べたくなるんですよね(笑)。

我が家は関西風のお好み焼きです。

2010.03.25イノシシお好み焼き2





で、このお好み焼き、使っているのはイノシシのお肉。
バラ肉を薄切りにしたものをこれくらい使っています。

さらに生地の中にミンチにしたお肉も混ぜ込んでいます。

2010.03.25イノシシお好み焼き


ソースをたっぷり塗って食べてもしっかりとイノシシ肉の旨味が感じられます。






そういえば猟期が始まってからの4ヶ月以上、スーパーでお肉をまったく買っていないなぁ…(笑)。








2010年初釣り

「お魚が食べたい…。」
猟期が終わって、ボーっとしていてふと思ったことです。

思えば4か月以上海に行っていない。
こんなことは何十年もの間、記憶にありません。

肉はモリモリ食べていたのですが、一旦湧いたお魚願望は消えることなく、とりあえずまだ寒い海へ!

うーん、この時期に釣れるもの…。
アジはちょっと早いかな。
アオリイカももう少し。
コウイカはそろそろいい感じだけど、ここら辺ではあまり釣れないんで博打的な感じ。
アナゴだったらなんとかなるかも。

という訳で会社帰りにスーパーによってイカとサバを買って海へGO!!


19時に竿を出しイカの切り身を付けて仕掛けを投入。
もうだいぶん日が長くなってきましたね。

いつもお魚をねだるニャンコがお出迎え。
2010.03.19初釣り5


暗くなると同時に竿が引きずり込まれるようなアタリ!
スゴイ引きだけど、いつものパターンでこりゃエイかサメだな~。

まだヘッドライトもタモも準備していなかったので、強引に引き寄せてミチイトを持って引き抜く。





って、51センチのチヌなんですけど~っ!!2010.03.19初釣り

2010.03.19初釣り2

ラッキー!
丸々と太っててとっても美味そう♪♪♪

それにしてもイカの切り身でチヌを釣ったのは初めてだなぁ。




その後は時々ヒトデなんかを釣りつつ…、
2010.03.19初釣り3



なんとかアナゴを2匹ゲットして21時半に納竿です。
まだまだ夜は深々と冷えますね。

2010.03.19初釣り4



今年の釣りは上々の滑り出しでした(笑)♪



市街地のキジバト

会社帰りのこと。

我が家の駐車場の隣には大きなクスノキがあり、そこにはカラスの巣があるので時々見上げています。

「ん!?」
隣の木のかなり低い位置にカラスじゃない鳥のシルエット。

2010.03.12キジバト

キジバトですね。
かなり近寄っても逃げません。

2010.03.12キジバト2

フラッシュを焚いてもヘーキな顔しています。

2010.03.12キジバト3

思えばキジバトって、最近見るのは市街地ばかりだなぁ。
猟期の間は山でほとんど見なかったし。

少年時代は山間部の田んぼに群れていたイメージですけど、野良猫なんかも少なくなったし市街地のほうが安全なんでしょうね。
獲って食ってやるなんて人はいないでしょうし(笑)


でも、3メートルのタモ網があったら獲れそう!(獲りませんよ。笑)。



カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード