食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

鹿の刺身

これは鹿刺しです。

鹿刺し


とっても美味しい♪

味は、敢えて言えば「馬刺しをもっと甘くしたような味」ですかね。

でも、鹿刺しは鹿刺し独自の味なんです。

醤油やポン酢に生姜やニンニクを薬味に入れて食べます。



ところが近年、鹿刺しを食べた人がE型肝炎にかかる事案が報告されています。

厚生労働省や保健所では鹿肉の生食の自粛を求める呼びかけをしていますね。

【厚生労働省のHPより】
食肉を介するE型肝炎ウイルス感染事例について(E型肝炎Q&A)

厚生労働省は
【社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進、並びに労働条件その他の労働者の働く環境の整備及び職業の確保を図ることを任務とする】
ので、病気になる可能性のある食べ物を食べないでくださいと呼びかけるのは当然なことでしょう。
(公衆衛生の向上及び増進の部分が食品に関する箇所ですね)

これを読んで
「食べるのをやめよう」と思われる方は食べなければいいでしょうし、
「今まで食べてきても全然平気だったし、なにより美味いから食べよう」って思う人は食べ続ければいいのでしょう。

まぁ、普通の食品でも腐ったものを食べれば食中毒になるし、食べ過ぎればお腹をこわしたり、肥満になって成人病の危険が増したりしますよね。


私は「食べることは自己責任」だと思います。



話は変わるんですが、品揃えの良い近くのお肉屋さんで
「新鮮!牛生レバー」
と書いてある美味しそうなレバーが売っていたんです。

店員さんに
「これはレバ刺しで食べれますか?」
と聞いたら、申し訳なさそうに
「すみません、その質問には答えられないんです。でも、とても新鮮な商品に間違いはありません。察してください」
と答えられました。

保健所とかの指導でそうなっているんでしょうけど…。

レバ刺し大好きなんで買いましたよ♪
とても美味しかったです。






スポンサーサイト

鹿の生ハム

いただいた鹿の前脚を、生ハムを作成するために塩漬けにしています。

鹿の生肉の基



大体が生ハムって豚ですよね。

牛や鶏の生ハムって聞いたことが無い。

まして羊や山羊や鯨はなおさら。

たぶんそれなりの理由があるんだろうけど、へそ曲がりなんで自分で体験してみないと気がすまない。


以前、いただいたヌートリアで生ハムを作ってみたけど、ヌートリアの特性なのか、味付けや香辛料の使い方が合ってなかったのか、ホコリ臭いというか独特の匂いが出てきて不味かったです。。。



じゃあ、鹿の生ハムは?

これも聞いたことがありませんね~。

と言うわけで作成中で~す♪

そんなヤツはいねぇ!

鹿肉をいただきました。

ど~んと、腕1本と足1本とバラ1枚!!
2009927鹿肉

これじゃわかりにくいですね。


こうしたらわかるかな。
2009927鹿肉2



大きさがわかるように比較物を置いてみました。
2009927鹿肉3




処理がいいので肉質がとても良いですね。




この状態になるまでにどれだけの手間がかかっているかと思うと、まったく頭が下がる思いです。

獲物を獲り、血を抜き、内臓を出し、皮を剥ぎ、部位ごとに分ける。

文字で記すとこれだけですが、実際は大変な作業です。

そこまでしていただいて、分けていただきました。



いただいたこの状態から、さらに肉を切り分け、筋膜やスジ、血管や血合い等を除きます。

そこまでしてようやく肉のブロックになります。

それを薄くスライスしてはじめてスーパーに並んでいるようなスライス肉になるのですね。



スーパーでお肉を買うときにそんなことを考える人間なんて、間違いなくいないでしょう。

逆にそんなことを考えてたりしたら異常な人間として見られるかも(笑)。

「…内臓を出し、皮を剥ぎ、部位ごとに分け…」
なーんて、肉のパックを持ってブツブツと呟いてる人がいたらかなり怖いし!




ありがとうございます、美味しくいただきま~す。


釣れないなぁ…

もういい加減、中型のアジが波止から釣れてるだろうと思い海へ!

夜明け前から仕掛けを投入。
エサ釣りとサビキと両方やってみましたがさっぱりです。
見事に何のアタリもない…。

周囲もまったく同じ状況です。
こういうときは何をやってもどうしようもないですね。

日が上がって、鍋の具材のお土産にチビカワハギでも引っ掛けてみようかと思い、掛け針を沈めてみます。
ところが2週間前にウジャウジャいたカワハギの姿がまったくありません。

こちらもまったくスカ…。


辛抱してクロでも釣れないかと粘っていたら、ようやく1枚。
バリちゃんですね。
2009927バリ


このままじゃ終われないぞ! とか思いつつ一潜りするために場所移動していたら、急に風が出てきて海の状況が一変。
白波が立って、はい終わり~。

天気には逆らえませ~ん。


なんだか最近流れが悪いなぁ。



彼岸花

あちらこちらで彼岸花がきれいに咲いていますね。
彼岸花2009


彼岸花の球根に毒があることは割と知られています。

だから世間一般的には単純に「食べられない」ものとして見られていますね。

しかしこの植物は、食料不足時に食べられる救荒食料としての役割があるのです。

日照りや長雨で農作物がまったく実らない年や、戦争時下などの食料不足の時に食べられる食料です。


正確には「救荒食料としての役割があった」かな。

この飽食の時代にだれも彼岸花の球根を食べてみようって人はいませんもんね。

私も食べたことはありません。

ソテツの実なんかも同じようなポジションですね。



球根を掘り起こし、すり潰し、水に晒して毒を抜き可食状態にする。

そこにたどり着くまでにどれだけの苦労があり、健康を害した人が何人いたかなんて想像もできません。


毒があるとわかっていても、それでも食べざるを得なかった状況があり、それを克服し、食料として利用可能な状態に加工する。

先人たちの素晴らしい知恵であり文化だと思います。



食料不足ということを経験したことがある人は、現代社会ではほとんどいないでしょう。

ダイエットなんかで意識的な飢餓状態に近い人は多いでしょうが…。



しかし田畑や川原の土手に先人の手によって植えられたであろう彼岸花を見ると、そんなに昔でもない時代に食べることに困った時代があったことをついつい思ってしまうのです。



キャンプ生活

自然の中でキャンプ生活をする。

それは私にとってある程度当たり前の出来事として育ってきました。

キャンプ場などではなく、人の少ない海岸や川原や山の中。

水場もトイレも無い場所。

そんな場所でキャンプをするので、水タンクなどが必要です。

必然的に重装備になります。



今回は山の中での犬の訓練のためのキャンプ。


キジにあてる機会をたくさん作り、ジャンには匂いを覚えさせます。


また、私は犬の使役の方法を学びます。




犬の訓練と言いつつ、山の木の実なども見て回ります。

栗やドングリや椎の実、山芋のツル、アケビやムベ。

栗


動物のエサになりそうな植物の生育状況。

ちょうど良い熟れ具合のものはちょっといただいてきます(笑)。



秋の野草も咲いていますね。


吾亦紅(われもこう)
吾亦紅



ルリタマアザミ
2009年9月1


謎のキノコも(キノコは全然知りません)。
謎のきのこ



山の端に日も落ちて…
夕暮れ光景2009922




焚き火をしながら、今日訓練中にあった出来事などを話します。
焚き火の風景921


この日のツマミは焼き栗。


訓練疲れで犬たちもグッスリ。
お疲れの犬



早く山でタンパク質が獲れるようになりたいなぁ~。



そろそろ訓練

3日間ほど山の中でキャンプをしてきました。

もうすぐ猟期なので、我が家のジャンとミックにも本番を想定した訓練です。

それ以上にハンターデビューイヤーとなる私のための訓練です(笑)。


時々親父の狩猟に同行していたし、場合によっては私が犬を使役して撃ち手の方に追い出す勢子の役をしたりしていたので、大まかな事は解っているつもりでした。

しかし、今年は自分が犬を使役しながらの撃ち手です。
そのために必要な事柄を教えてもらいつつの訓練でした。

キジの習性、居付いている場所や地形、餌場や寝屋、場所や時間に合わせた攻め方。
今まで漫然としか考えてなかったことも、自分がハンターになるとなると俄然真剣さが変わります。
どうしたら獲物に出会えるのか、どうやったら獲物を手に入れられるのか。
親父が30年以上かけて得てきた知識を、実地訓練で状況に合わせて教えてもらいます。

キジとの出会いを求めて、実績のある場所を移動。
中には草丈が深くなりすぎたり、木立が繁茂しすぎてダメになった場所もあります。
逆に良さそうな場所では探索を入れてみます。

ジャンも頑張って走っています!
ジャン走る!


時には泳ぎます♪
ジャン泳ぐ!


クレー射撃を少しだけでも練習したので、「これくらいなら撃てるな!」とか「これは出たけどダメだっただろうな」っていうイメージができます。


かなりキジとの出会いはあるのですが、写真はうまく撮れませんでした。
まだ自分の事だけで写真まで気が回りません。

足跡の写真でご勘弁(笑)。
2009シルバーウィーク訓練


シャッタースピードの速い望遠レンズ付きのデジカメほしいなぁ~(笑)。



カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード