食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

エッチング

ナイフ工房「南風」の職人(つまりは私の親父)の現在のマイナイフの1本。
ハンドルは某所の奇特な方からいただいたエゾ鹿の角。
ハンドル材に使われる鹿角は一般的に色の濃い方が良質とされます。
基本的に受注生産のこの工房、お客様の顔を思い浮かべながら一つ一つ手作りです。当然、角も良い部分から先に製品になっていきます。
で、白色の多い部分はどうでもいい自分用のナイフなどに使用されます。

狩猟民族が雪や時化などで野外で遊べない時は、遊びの対象がこれらの加工に向きます。
白い地を逆手に取ってのエッチングで手慰み。

エッチング

親父用ナイフ2


「使ってくれなくなるから」
という理由で非受注品なのですが。。。
スポンサーサイト

2009年初潜り

鍋物の具を獲りにちょっくら海へ。

天気予報は波高2.5m、強風波浪注意報が出ていたけど、南風だったので様子を見に。
沖は白波が立ってたけど、岸際はベタ凪ぎだったので「イケル」と判断。

30分で時化てきたので、とっとと撤収。
サクッと潜って晩御飯のオカズをゲット。

初もぐり2

※フグを食べることは自己責任でお願いいたします。

警察に行こう!

銃砲店で必要書類を集めたら、それらを持って地元の警察署に行きましょう。

「地元の」というのが肝心で、自宅住所を管轄する警察署じゃないとダメです。
「職場が近いから」とか「隣町の警察署のほうが近いから」なんていう理由で他の警察署で申請をすることはできません。
(ここらへんをもう少し融通利かせてくれたらいいのになぁ)

「生活安全課」を訪ねて行きます。

警察


この時、事前に訪れる時間を伝えておくといいです。
受付は平日の9時~5時くらいですが、担当の係の方がいつもいるとは限りません。
おまけに結構ご多忙なので、順番待ちをすることもしばしばです。
場合によっては聞き取り調査をされる事もあるので、私は警察へ申請に行く時はいつも半休を取っています。
(ここらへんも日曜日の受付とかしてくれたらいいんだけど…)

ついでに服装はスーツにネクタイなんかだと、なお良いでしょう。
第一印象は肝心です(笑)。

私はいつも会社に行く格好の「ジーンズにスニーカー」という格好でしたが…。

後々になって先輩ハンターの方から聞いたことなんですが
「銃所持の免許を取りに行くんだから、少しでも心象を良くしとかないと。
就職の面接に行くのと一緒だよ」
とのこと。

「なるほど~!」


この時に事務手続きだけで受け付けてくれる所もあるようですが、私の場合は違いました。
聞き取り調査を行ないます、と言われ取調室に連れて行かれ色々と質問をされました。


・なぜ猟銃を所持しようと思うのか
・猟銃を何に使うのか
・銃を所持する事、狩猟をすることにご家族は反対されていないのか
・家族の仲は円満か
・獲物は何か
・獲った獲物はどうするのか
・捌き方は知っているのか
・職業はどんなことをしているのか
・職場で頻繁に転勤はないか
・現在の収入は
・借金は
・生活の状態は
・鬱病などの精神疾患ではないか
・覚せい剤中毒ではないか
・自分の性格はどういう性格か
・お酒を飲むか
・近隣家庭とトラブルなどはないか
・交友関係はどういった人が多いか
・血縁者に暴力団関係者はいないか
・過去に前科は無いか
(これらの質問は、実技試験の申込みや銃の申請など、この後何度もされます。)

でも
「獲物の捌き方を知っているのか?」
なーんて聞かれても、経験の無い人は困っちゃうよな~(笑)。

さらに
・猟友会に入るのか
・有害駆除の依頼が来たら引き受けるか
なんていう質問もされました。
(ここら辺に猟師が少なくなっている農家の窮状が表れてるな)

それでも
「狩猟をするために銃所持の初心者講習を受講したい」
という意志が変わらないことを確認すると、手続きをしていただけました。

警察内の証紙売り場で証紙代6800円を購入して用紙に貼り付け、手続き完了。

教本


テキストと 受験票を受け取り終了です。

次は指定の日に初心者講習の受講です。



銃砲店

まずは銃砲店に行ってみよう!

「銃砲店」という聞き慣れない言葉。
狩猟を始めるには、まず近くの銃砲店を探してみましょう。
そんなにたくさんの数があるわけではありません。
ネットなんかで探して気軽にお店に行ってみましょう。

私は幸運な事に、親父の友人の銃砲店の社長さんをよく知っていたので、全く迷うことなく銃砲店の門を叩くことができました。

決してそんなことはないけれど、あるハンターの方に
「たいがい銃砲店ってのは、愛想が無くてとっつきにくいもんだ」と言われたことがありました。

まぁ、そうですね~。
銃砲店に行ったことのない人はちょっと怖気づくのはわかる気がしますけど。

だって鉄格子の入ったシャッター付きのショーウインドウの向うに猟銃がズラーッと並んでるし、ナイフやら剥製やらゴロゴロありますもんね。

銃砲店


そこでお店の人に
「初めてなんですが、猟銃の所持許可を取りたいのです」と伝えると、必要書類を用意してくれ、親切丁寧に教えてくれます。
初心者講習がどこの警察署でいつあるかなどのスケジュールも教えてくれます。
講習は毎月開催される県もあれば、3ヶ月に1回という所もあるようです。

  ・猟銃等講習会申込書 2枚(書き方は銃砲店で教えてくれます)
  ・領収証紙納付書 (申し込み時に警察で6800円の証紙を買って貼り付けます)
  ・写真 2枚 36mm×24mm
  ・印鑑(様々な手続きに必要なので、今後は三文判をいつも携帯しておきましょう)

これらの書類に必要事項を記入します。

この時ついでに「猟銃等講習会例題集」の購入をお勧めします。

例題集


また、講習を受ける前に「予備講習会」が開催されるのなら、受講をお勧めします。
(人数が集まらなかったりすると中止になる場合もあるそうです)
また予備講習会を開催していない県もあるようです。

次は警察に行って、初心者講習の申し込みです。

ハンターデビューを目指した理由

ハンターデビューを目指した理由…、

それは「美味しいお肉を食べたい!」でした。

200901鳥撃ち


親父が狩猟をしているので、猟期になればキジや鴨、イノシシや鹿の肉が食べられるという環境で育ってきました。

そんな親父も60代半ばとなり、この先何年狩猟を出来るか?と考えると、そんなに時間は無いことに気付きました。

今まで当たり前のように食べられていた、それらの野生鳥獣が食べられなくなるかと思うと、それはそれは悲しく残念な出来事です。

「それなら自分で獲れるようになればいいんじゃん!!」

魚介類は、自分で釣りや潜りで獲ってきて美味しいものが食べられます。
ポイントや道具の使い方もメーカーやショップで丁寧に教えてくれたりします。
また、ネット上にもたくさんの情報がありますしね。

しかし狩猟界は、それらの世界に比べてかなりの閉鎖社会です。
猟銃の所持ができ、狩猟免許を取ったとしても、どこに行けば獲物がいて、どうやったら獲れるのか?
初心者にそんなことを気前良く教えてくれる人なんて、滅多にいません。

ずっと私のアウトドアの先生であり、まだまだ越えられない大きな壁である親父が元気なうちに、狩猟のノウハウを教わりたいと思ったのが、ハンターデビューを目指した理由です。


続く

ハンターデビューを目指している現在

「狩猟(ハンティング)」という一般の方には聞きなれない世界があります。

200902猪3匹


只今私は、この狩猟界に入門するべく様々な試験を受け、それに伴う申請をしてます。

私は父親が狩猟をしていて、幼少の頃より狩猟を身近に見てきました。
そして、親父やその友人のハンターの面白おかしい話を聞きながら育ってきました。
そんな環境に産まれ育ちながら、狩猟界に入るのにはかなりの抵抗があり、実際に免許を取ろうと行動を起こしたのは、中年と呼ばれる年齢になってからです。

狩猟界を知っているからこそ躊躇することも多かったですね。

そして、実際に免許を取ろうと行動を起こそうとしても、親父やその友人が免許を取ったのは遥か昔の出来事で、ちっとも参考になりません。

インターネットで検索してみても、思ったよりも情報が少なくて、最初に何をどうすればいいのかが分からない状況でした。

今、狩猟界に入門しようとしている最中なので、具体的にそんなことも少しずつ書いていこうかなと思っています。

狩猟に興味がある方が入門するに当たって、少しでも今後の参考になると幸いです。


続く

プロフィール

性別 : ♂
19××年1月28日生まれ。

幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

サラリーマン社会では「異端児」扱いされながらも、素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。

2009年度より狩猟界にデビュー。

目指せ!タンパク質自給率100%(笑)!!

じゃん

写真は実家の猟犬、ブリタニースパニエルの「ジャン」。

はい、ハンドルネームの「じゃん」はここから来ています。



お便りは

capturefood@yahoo.co.jp

まで、お気軽にどうぞ♪


カレンダー
01 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード