食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

ゆ、許さんっ!

ホシノさん達は毎朝1羽1個づつ卵を産んでくれます。
毎日4つ卵が増えるので、油断すると結構な卵長者になるので、頑張って食べたり物々交換したりしています。

で、毎朝鶏小屋に設置した産卵箱の卵を回収するのが最近の日課。


「さぁ~って、今日も卵の回収」
と鶏小屋の中を見た瞬間に異変に気付きます。

床に転がった2つの卵。
どちらも殻に穴が開いています。
2017.04.28許さん1
鋭い嘴で突いた跡。

2つは完食。1つは行方不明なので持ち去られたのでしょう。
1つしか無事なものが残っていませんでした。

「カラスだな・・・」


我が家のホシノさん達は、放し飼いで自由に小屋に出入り出来るようにしていて、いつもはふじがカラスを追っ払ってくれています。

しかしこの日は豪雨。
ふじは家屋の対角線上の裏手にある犬小屋で、雨を避けて休んでいたのです。

雨で音が消え、ふじが遠くにいる千載一遇のチャンスを狙っていたのでしょう。
見事にやられました。

本当にカラスって頭良いな!


「だがカラスよ! 相手が悪かったな。
お前が食べた卵を産んだニワトリの飼い主は、カラスも食べちゃうような悪食ハンターなんだ。
(詳しくは書かないけれど)それなりの報いは受けてもらおう・・・」

ふっふっふ。


↓カラスにバカにされて終わりだなっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

スポンサーサイト

海辺の散歩は危険!

天気が良く少し時間が空いたので、ふじを走らせに海岸へGO!
2017.04.23海辺の散歩は危険4

人がいない場所を選んでリードを離します。
「それ行け!ふーちゃん!!」


海岸線を全力疾走!
2017.04.23海辺の散歩は危険1
まあ、嬉しそうに走り回ること♪

(呼び戻しなどの躾が出来ていることが必須という前提で)やっぱりワンコは走る姿が良いですね。


ところが海岸線には時々危険な物があるのです。
それは主に魚介類の死骸。
打ち上げられて腐敗臭を放っています。

で、それが何で危険かというとですね、ワンコはその匂いに反応して体を擦り付ける習性があるのです!
転がりまわってとても入念に(笑)!!
2017.04.23海辺の散歩は危険2

「あっ!またやってる!!やめて~っ!!!」
体中に腐敗臭がべったりと付くので車内に載せることが出来ないし、帰ってシャンプー必須だし。

「今の時期だとコウイカの死体かな。エビやカニの甲殻類も臭いけれど、イカやタコも相当に臭いもんな・・・」
近寄って匂いの元を確かめようとしますが、5メートルくらいまで近付くとかなり強烈な匂い。

そうして見付けた匂いの元。
2017.04.23海辺の散歩は危険3

「な、なんじゃこりゃ~っ!?」

毛が所々に残った哺乳類。
一瞬、子イノシシかと思ったのですが、明らかに体型が違います。


大きなアナグマの死体ですね。
確かにここはアナグマの多い地域ですが、アナグマも個体数が増えすぎて泳いで新天地を求めたのでしょうか?

アナグマが海辺に打ち上げられた理由は不明ですが、疥癬病で死んだ個体だったりしてふじに感染しても嫌なので、すぐにゲージを車内から荷台に移し替え、帰ってシャンプー。
何より凄い匂いですしね(笑)。


う~ん、アナグマの溺死体は初めて見ました。

野生の世界に何かが起こっているんでしょうか・・・。


↓海岸、色々なものが落ちてるなっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

行けっ!ニワトリ除草隊!!

ホシノさん達を飼っているおかげで、ホシノ達たちの放鶏地帯には全く雑草が生えていません。
2016.10.16除草能力3
いや、本当に凄いな!と思います。

しかしその他の場所は惨憺たる有様。
2017.04.16ニワトリ除草隊1
(右側のネットの内側がいつもの放鶏地帯)

この場所は隣家と接する共有の私道の一部なのですが、春になって気温が上がると雑草伸び放題!
いつもいつも草抜きするの大変なんですよね。

そこで無精者の私は考えました。
「ホシノさん達をここに解き放てば早いんでないかい?」

ふじの運動場も除草してもらいましたが、その後は見事に一本の雑草も生えてきません。
見ていると啄ばんで草の芽を食べる効果よりも、地中にいるミミズや昆虫を食べるために足で草の根を掘り返し、そのダメージで雑草が生えてこなくなる感じです。

とりあえずブロックとステンレスのパイプを買ってきて、園芸用の支柱が立てられるように結束バンドで適当に細工(笑)。
2017.04.16ニワトリ除草隊2

支柱に防獣ネットを張り巡らせ、飲み水だけは用意して、雑草ゾーンにホシノさん達を解き放ちます。
2017.04.16ニワトリ除草隊3

「新鮮な草だわっ!!」
大喜びで啄ばんでいます。

良かった。最近雑草が生えてこなくなったから、生野菜が不足してたんだよね。

草を啄みながら、土をケリケリと掘り返しています。
「よ~し、よ~し。上手くいきそうだ♪ ここはカエルやバッタやミミズも多いし、卵を産むためのタンパク質も充分補充できそう・・・」


一応お断りのためにお隣さんのお宅を訪ねます。
「あら~、これは素晴らしい♪」
「すみません、もしご迷惑でしたらすぐに撤去しますので」
「いいえぇ、全然! もし良かったらウチの方もお願いできるかしら」
なんて依頼をされます(笑)。

たまたま近隣の方も来られて「ウチも雑草に困ってるんだよ。レンタル出来ない?」なんて話になります。


私道に放置したまま3時間ほど外出。
帰宅すると2羽がネットを乗り越え脱走していました。

「うう、やっぱりそう都合よくはいかないか・・・」

と言いつつも天面に貼る遮光シートを買って来たんですよ。
これで物理的に脱走も出来なくなるはず。


さあ、これで2週間後には雑草が無くなっているはずだ!

頑張れ、ホシノさんズ♪


↓2週間後にはイタチか猛禽類に襲われて全滅だっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

寿命について少し考える

夏ごろに撮影した猫のリンと猟犬のふじ。
2017.04.04微妙な距離1

少しは縮まったけれど微妙な距離(笑)。


リンはもう18歳(くらい)。
かなりのおばあちゃんニャンコです。

元々は捨て猫だった子猫を兄貴が拾ってきて飼っていたニャンコだったのですが、脱サラして専業漁師になるために飼えなくなるので私が引き取って飼うようになりました。
私がリンを飼うようになって13年くらいかな。

ペット禁止の賃貸マンションだったので、大家さんにも秘密で飼っていたのですが、私が帰宅すると嬉しそうに出迎えてくれるのがとても楽しみでした。
それまでは真っ暗な部屋に帰って来るのが憂鬱だったのですが、「リンが待っているから」といそいそと早めに帰宅したものです♪


高齢だからある程度はしょうがないところはあるのですが、実は去年の秋くらいからリンの体調が悪く、正直「この冬を越せるだろうか?」と思っていたのです。

特に何か病気を持っているという訳でもなく、高齢が原因で体の筋肉(特に腰回り)が落ち、排泄が困難になることがしばしば。
便が詰まると食欲がなくなり、体力もなくなって更に排泄困難になるという悪循環。

その度に獣医さんに行って摘便をしてもらったり、エサに緩下剤を混ぜたり・・・。


診ていただいているベテランの獣医さんは「最後は何も分からなくなるから大丈夫だよ」と言われました。
私がハンターであることを知っているからかけてもらった言葉だと思います。

普通の人は「なんてこと言う先生なの!?」と思った事でしょうねぇ。


命は必ずなくなります。
それだけはどんな生命にも平等なのです。

私はそういったことに触れながら育ってきました。
だから大きな病気もなく、リンの命が静かに消えていくことに対して「大丈夫だよ」と言ってくださった獣医さんの言葉に、少しホッとしました。

「そうだな、大丈夫・・・」


自分にできる限り可愛がったし、兄貴もそうだった。
捨て猫だったけれどリンも兄貴に拾われて、その後も我が家に来て幸せだったと思う・・・。


はっ!ついついこんなこと書いちゃったけれど、食欲もあるし、ふじに対しての教育的指導も厳しいし、まだまだリンニャン元気です♪

「お腹が張って苦しいのよ~!なんとかして~っ!!」
と訴えかけることは最近多いけれど、その度に獣医さんのお世話になっています。

摘便してもらって楽になると、またガツガツとキャットフード食べてるんですけどね(笑)。


リン、長生きしてね♪



↓あと3年くらいは生きそうだな!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

牡蠣殻

ホシノさん達は毎日卵を産んでくれるので、カルシウムの摂取が必須。

で、時々人間が食べた後の貝殻を砕いてやっています。
(アサリ、サザエ、マテガイ、牡蠣・・・、何でも食べます)

今日は冬の間に食べた牡蠣殻。
2017.03.29牡蠣殻1

庭に放り投げていたものを、暇な時に思い出したように砕いて与えます。
最初の頃は「庭に放り投げていたら自分で突いて食べてくれないかな」と思っていたのですが、それは無理でした(笑)。

しょうがないのでハンマーを持って庭石の上で砕いてやるのですが、これがかなりの危険を伴います・・・。

というのも、牡蠣殻は大好物なので砕いてる最中にも遠慮なく啄ばんで来るのです。

ハンマーを振り下ろしている最中に躊躇せずに差し出される頭・・・。


好物をねだる様子なんて「カワイイ♪」とも思うのですが、「危ないっ!!」と思った事も何度かあります。

まあ、一応今のところ4羽とも存命です(笑)。
2017.03.29牡蠣殻2

しかしこれでハンマーが当たっちゃったりすると致命傷になるよね。
苦しませるのも可哀そうだし、その時は絞めちゃうかも・・・。

自分の性分から言ってもそうなったら捌いて食べちゃうな。。。


美味しく食べてやるからな♪


いやいや、そんな不幸な事故が起きないように充分に気を付けようっと!!


↓何かを確信犯的に狙ってないかい!?と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

初めてのマック♪

猟期が終わり少し余裕があったので、
2017.03.25初マック2
ふじと菜の花を見に行く。


ちょっと小腹が減ったので帰宅途中に人生初のドライブスルーを体験中のふじ♪
2017.03.25初マック1

商品を用意してくれながら、なぜだか笑いをこらえるのに必死なお姉さん(笑)。
「なぜ!?」


後部座席のふじの顔を見て納得。
ヨダレ垂れて物凄い糸引いてる・・・。

良い匂いがして、自然にヨダレが出ちゃったんだね(笑)。


ふじの顔を見ないようにしながらも、ついつい何度も見ちゃうお姉さん。


ごめんなさい、お仕事の邪魔しちゃった感じですね。


↓犬は飼い主に似るっていうから!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

ニワトリ除草と宝物♪

「さぁ~って、暖かくなってそろそろ草も伸びてきたし、今日はホシノさん達にふじの運動場の草取りをしてもらおうかね~♪」

ということで、ホシノさん達をふじゾーンに招き入れます。
2017.03.02宝物1

ツンツン、ケリケリケリ・・・。
いやぁ、ニワトリ除草便利だ!!


「ハッ!!」
2017.03.02宝物5
しかしそこで慌てたのがふじ。

焦った様子でホシノさん達の側を走ってすり抜け、フェンス際で何かを掘り起こしています。
2017.03.02宝物2
「ああ、そこに大切な鹿の骨を隠していたんだね」


骨を奪われまいと、少し意地悪な顔になっているふじ(笑)。
2017.03.02宝物3
いや、それはホシノさん達食べないと思うよ。

その後も宝物を守るために4羽のホシノさん達の動向から目が離せないふーちゃん。
2017.03.02宝物4

いや、それは単にそちらの草を食べに向かっているだけであって、キミの骨を狙っているわけではありませんから♪


おもしろすぎます(笑)。


↓明日はホシノさんが1羽いなくなっているかもっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード