FC2ブログ

食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

絶賛堪能中っ!!

寒くなってきましたね!!


「さあ、子育ても終わったし、子犬たちの仕込みもあるし今年はバリバリ山を引くぞ!!」
と思っていた我が家のアマゾネス軍団(ふじ、もり、かや)が猟期直前に発情期に突入!

「こればかりはどうしようもないよね」
と思って山を引けずに、待ち役として猟に参加する日々。


おまけに3頭が少しずつズレて発情期が来ているので、もうどのワンコが発情しているのかよく分かりません。
「しょうがない、焦るなということか…」


おまけに私がワンコのモフモフの揉み心地の感覚レスで淋しくなります。

「少しだけならいいか」
とそろそろ発情が終わった感じのふじを室内に入れたところ。

2018.12.12絶賛堪能中!!1

コタツ布団を絶賛堪能中の図(笑)♪


「いや、そりゃあ気持ちいと思うよ。
コタツ布団はフワフワだし、コタツから温かさも伝わって来るからホカホカだろうし…。

でもね、ふじ。キミは本来ならイノシシを追いかけて山を走り回る猟犬だよ。
ダニも付くし、泥で汚れるでしょ。

だから山を走るようになったら外で寝るんだよ!」


しっかりと言い聞かせます。
しかし一旦コタツの気持ちよさを知ってしまい、かなり不満そうな顔のふじ…。



しばらくして就寝の時間。

「さ、ふじ。寝る時間だからもう外に出なさい。
オレもおトイレに行ってくるから」


そしてトイレから帰ってくると、いつもなら出口付近で待っているふじの姿がありません。

「あれ?どこいったんだ!? コタツの中かな?」
と思ってコタツ布団をめくりますが姿がありません。


不思議に思っていると後ろから感じる視線。
2018.12.12絶賛堪能中!!3


私の布団の中から見える犬の鼻。つぶらな瞳…。

「いや、そこも相当に気持ちいいだろうね。でもそこはオレが寝る場所ですから!」


うう、心折れそうです(笑)。



↓甘やかし過ぎだっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

スポンサーサイト

海へっ!!

海へ行こうっ!!
2018.10.27海だ!6
3匹の愉快な仲間たち(ワンコ)を連れて海へ行って来ました。

左より、ふじさん、かやさん、もりさん。
(逆光だと正直よく分かりません。笑)


「うっひょ~っ!何この広い水溜りは!?」
「ジャブジャブなってるし、しかもショッパイ!!」

2018.10.27海だ!2
もり(左)とかや(右)にとっては初めての海。

こんなに喜ぶなら早く連れて来てやれば良かったけど、今年の夏は暑すぎて走らせられなかったからなぁ。


はしゃぎ回る3匹♪
2018.10.27海だ!3
左より、もりさん、かやさん、ふじさん。


砂浜を遠くまで走って行って、口笛が届くギリギリの範囲で呼び戻しを掛けます。
2018.10.27海だ!1

ピイィィィ~ピイィィィ~!!
山での呼び戻しの訓練のためです。

初めての海に夢中になっている子犬たちに先立って、ふじがいち早く口笛に気付いて走り寄り、それに付いてくる感じでもりとかやも駆け寄ってきます。

こんな時、ハナ犬(船頭犬)がいると楽だね~。
猟芸もすぐに覚えそうだ。


もう何日かで猟期も開幕。

色々と忙しくて準備不足は否めないけれど、一緒に頑張ろうな♪



↓山ではイノシシ追うよりも水遊び最優先になるのではっ!?と思った方はクリックプリーズ(笑)♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

不思議ポイント

ふじと散歩。

すると最近決まってある場所で姿勢を低くし、そろそろと忍び足になる場所があるのです。
2018.10.07不思議ポイント1
「ん、一体どうしたんだ?以前はこんな反応をしたことなかったじゃないか…」


耳をピンと立て、背中の毛は少し逆立っています。
2018.10.07不思議ポイント2

そしてついには足も止まり、座り込んでこちらに振り返って何かを訴えます。
2018.10.07不思議ポイント3
「どうしよう!?どうしたらいい?」
そう訴えかけてきます。


ふじは意味もなくこんなことをする犬ではないので、こちらも必死に考えます。

この場所は田んぼの側の畦道で、直角になった場所を曲がった途端にこうなります。
「この先は稲穂が実った田んぼしかない。しかしここを曲がると北からの風が吹いてくるから、何かふじの嗅覚を刺激するものがあるんだろうなぁ」

稲穂を収穫していない田んぼの先にはワンコを飼っている家が数件と牛舎があります。

しかし牛舎は小さい時から何度も連れて行っているし、散歩で近寄るワンコ達はいつも匂いを嗅いでいるからそんなに反応するとは思えない。
それにここまで敏感な反応は、どちらかというと獲物(イノシシ)に出会った時の反応なんだよね。


ん~、何キロも先に豚舎があるな。
そこで何かしらの作業(畜養している豚の移動や、堆肥化している排泄物の切り返しなど)を行って、ちょうどその方向からの風に匂いが乗って来ているんだろう…。

「この先に獲物がいるんだけどどうしよう?」
2018.10.07不思議ポイント4

いや、そういう風にアイコンタクトで何度も必死に訴えかけられても、今はどうしようも出来ないんだよね~(笑)。

「うんうん、ふじは凄いね! でも今日は猟じゃなくて普通散歩だから我慢してね」
そう言って聞かせるしか術はありません。


まああと一月で猟期だ。

猟期には思いっ切り頑張ろうね(笑)♪



↓田んぼの稲穂の中にイノシシが隠れてるぞっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

動物との戦い!!

「あああっ!なんてこったいっ!!」
裏庭で叫ぶ私。

そして一斉に視線を逸らすワンコ達。
2018.09.17動物との戦い2
左より、もりさん、ふじさん、かやさん。

私が叫んだ理由はこれ。
2018.09.17動物との戦い4
ガス湯沸かし器の給排水管に巻かれていた断熱材がビリビリ(涙)…。
給排水管の一部からは水が漏れています。
(普段はゴミ箱や使わなくなったクーラーボックスで囲んで口が届かないようにしているんですが…)

それにしても、食い破ったのがガスの配管じゃなくてよかったよ。


ま、犯人はこの二匹なんですけどね。
2018.09.17動物との戦い1
左よりもりさん、かやさん。
(上の写真でふじは悪戯を止められなかったので、母親としての責任を感じて困った顔をしているんです)

ようやく暑さも落ち着いて気温も下がってきたのに、これじゃお風呂に入るのにも難儀するじゃないか…。


という訳でホームセンターで必要なものを買ってきました。
2018.09.17動物との戦い5
(道具は家にあったもの)
断熱材だけだと絶対に同じように齧られますので、ワイヤーメッシュを外側に巻き付けるようにしました。


蚊が多いので厚手の長袖長ズボンの作業服に着替えて首にタオルを巻き、必要な道具を持って庭に降りると喜び大爆発の三頭(笑)♪
2018.09.17動物との戦い3
左よりふじさん、もりさん、かやさん。

「え!?その恰好はもしかして今日は山に遊びに行くの?
そうじゃなくてもお庭で遊ぶのね?」

「いやいやいや、今日はキミ達と遊ぶために降りたんじゃないから。それに刃物を持っているから危ないよ」


作業の間中、遊びたさそうに私の後ろをウロウロする三頭ですが、今日は作業に集中。
「あ~あ、こんなにビリビリにされてお湯が沸かないし、修理するのも大変だなぁ~。お金もかかるし…」

ワフワフワフ♪
尻尾をフリフリして作業を覗き込まれます。

「いいかい!?普通の家庭だったら業者さんを呼んでいるレベルだよ! ウチはハッキリ言って貧乏だからオレがこうやって修理するけどさ…」
ワフワフワフ♪

「まだまだ昼間は暑いから汗が吹き出すし…」
ワフワフワフ♪

「あ~あ、本当に大変だ大変だ…」
ワフワフワフ♪

ワンコ達に言い聞かせるように作業を進めます(←これ大事。笑)。
ワフワフワフワフ♪


給排水管の漏れを止め、断熱材を巻き付けて、ビニールテープで固定。
更にその上から噛み割かれないようにメッシュを巻き付けてワイヤーで縛ります。
2018.09.17動物との戦い6
犬達がケガをしないように針金の切っ先を断熱材に差し込み完成♪

見かけは悪いけれど、これで大丈夫でしょう。


遥か昔に断熱材が無くなっていた水道管も同様に施工。


我が家の可愛いワンコ達のしたことだから「しょうがない」とも思って暑い中で作業もできますが、これが野生動物だったらどうだろうなぁ?

そんなことを考えながら作業をしたのでした。


まあ、猟犬に関しては悪戯一つしないワンコは良い猟犬になりませんし(実話)、なんとかお湯も出るようになったし良しとしましょう(笑)♪



↓飼い主の躾がなってないなっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

ミックはいつも優しい♪

久しぶりのミック(イングリッシュポインター)とレオ(ブリタニースパニエル)。
2018.09.11優しいミック1

レオはすっかり骨格も出来上がった感じで、今猟期が楽しみですね。
2018.09.11ミックはいつも優しい2

ジャンに比べると少し小柄で毛色もちょっと濃いかな。
悪戯盛りでミックは度々噛みつかれて「ヒャンヒャン!」と悲鳴を上げています。

まあ、本気でケンカしたらまだまだ体の大きなミックが勝つのでしょうが、いつも優しい目で小さな友人を見守るミック。
2018.09.11ミックはいつも優しい3

ジャンが死んでずっと独りぼっちだったから、嬉しいのでしょうね。
もともとかなり優しいワンコだったのですが、最近は輪をかけて優しくなったような気がします。


まあしかし、ミックもそろそろレオの相手をするのがしんどそうだし、我が家のアマゾネス軍団(ふじ、もり、かや)を投入してレオと遊ばせてみましょうかね~。

凄いことになりそうだ(笑)♪



↓本当に凄いことになりそうだなっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

モリ、初めてのシシあて

ドキドキドキ…。
友人から「箱罠にイノシシが入った」という連絡を受け、山へ行く準備をして車を走らせます。


今回連れて行っているのはモリのみ。

私が少し緊張しているせいか、外出リハビリ中のカヤは異変を察知して車に乗り込みませんでした。
「まぁ無理やり連れて行って、また外出が嫌いになってもいけないからお留守番してなさい。また次回があるよ」

ふじを鼻犬(先生犬)として連れて行こうかと思いましたが、あえてモリだけの反応を見てみたいと思って一頭だけで出発!

運転しながら初めてふじを初めてイノシシにあてた時を思い出します。
「あの時もドキドキしたなぁ。だけど反応も良くすぐに啼きも出て安心したんだ」

そして先輩猟師の方々の言葉を思い出します。
「イノシシに最初にあてた時に、その猟犬の素質が分かるよ。反応が無い犬ははっきり言ってほとんど使い物にならない」

「さて、モリはどうなんだろう? まあ、日頃の野生鳥獣や野良猫なんかに対する反応を見てるとたぶん大丈夫だろう…」
そんなことを思います。


現地に着くと相変わらず側溝が怖くて躊躇するモリ(笑)。
2018.08.06モリのシシあて1
「う~ん、キミはこれからイノシシと対決しようとしているんだけどしてる状況なんだけど大丈夫かな?」


箱罠に入ったイノシシはこちら。
2018.08.06モリのシシあて2
10kg程の子イノシシですね。

まあ、猟犬の最初のシシあてはイノシシの匂いを覚えさせることがメインの目的なので、最初はこのサイズで充分です。
しかしこのサイズのイノシシにばかりにあてていると、相手を舐めてしまって山で大きなイノシシに出会った時に切られる可能性が高くなるので、そこは飼い主が加減します。


探索能力を身に着けるために少し離れた場所からモリを放します。
しかしモリは山を楽しんでばかりだったので、仕方なく呼び寄せます。


さあ、ファーストコンタクト!
2018.08.06モリのシシあて3
「およ!?何これ?」
おっかなびっくりヘッピリ腰で近付くモリ。

どちらかと言うと初対面のご近所のワンコに会った時のような反応。

しかし、一度箱罠の中のイノシシが捲って(モリに向かって突進してくること)来たらスイッチオン!!
2018.08.06モリのシシあて5
ギャンギャンギャンっ!!
悪魔のような表情になって吠えまくります。

「良かった。啼きも出るし上出来の反応♪」


しかし心配なことも一つ。
2018.08.06モリのシシあて4
相手が小さな個体だったこともあるのでしょうが、イノシシとの間合いが近いのです。
間合いが近いとどうしても牙で受傷しやすくなります。

こればかりは持って生まれたものだからしょうがないね。
次は大きめのイノシシにあてて少し怖い目に遭って学習しようかねぇ…。


しかしこうやって見ると、腰を落とし匍匐前進に近いような格好で、相手がいつ反撃してきても瞬時に逃げられるように備えています。
(特に致命傷になる頸動脈を隠すようにしている)

「やっぱり猪猟犬の血だねぇ」
少し頼もしくも思います。


この前産まれて来たばかりで、この一年はキミ達の成長ぶりに振り回されてきた感じだけど、すっかり逞しくなっちゃったねえ。

うん、猟期が楽しみです♪



↓あんなに小さかったのに逞しくなったね!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

ニワトリは猛獣!

コオ~ッ、コッコッコ!
コケッ、コケッ!!

暑くて締め切った室内からでも聞こえる大きなニワトリの鳴き声。

「なんだろ?やけにホシノさん達がうるさいな。またカラスか野良猫が来て威嚇してるのかな!?」
と思って庭先を覗いてみるとビックリな光景!
2018.07.26ニワトリは猛獣1

「ん?何か捕まえているな。セミにしちゃ大きいぞ。何だ?」
2018.07.26ニワトリは猛獣2

いつもバッタやセミ(成虫・幼虫)、ヤモリやカエルなどを捕食しているので、たいして驚きもせず奪い合っている獲物を見てみました。

「ん!?」
羽毛。翼。飛び出た脚…。
2018.07.26ニワトリは猛獣3
「ウソだろ!?スズメじゃんっ!!」
これにはかなりビックリ!!

急いで庭に出てみますが、すでにスズメは死んでいました。

カラスがスズメを捕食した瞬間を見たことは何度かありますが、ニワトリがスズメを捕食するなんて…。


我が家は茹でた魚なんかのタンパク質をたっぷり与えているので、栄養分の不足でスズメを捕獲したわけではないと推測します。

単純に生きている獲物を反射的に捕食したんだろうなぁ…。


いや~、久しぶりに本当にビックリしました。


今日も自然の恵みにかn
あ、いやいや。
失われた命に黙祷…。



↓晩御飯は小さな鳥と大きな鳥の丸焼きだったんだろっ!?と思った方はクリックプリーズ(笑)♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード