食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

雨後の椎茸

とある雨上がりの朝、車の横にある(放置しているともいう)シイタケの榾木を見ると・・・。
2016.09.08雨後の椎茸1

うっひょ~!!

この榾木は2年経過して何度か収穫できたのですが、一度にこんなにたくさんのシイタケが生えてきたのは初めてです。

「それにしても確かに前日は何も生えてなかったと思うんだけど・・・」
キノコの類にはあまり詳しくない私ですが、庭にも謎のキノコが一夜にして生えてきていたりします。

「一夜にしてこれだけ大きくなる菌類ってすごい!」


この場所はナメクジが多くすぐに齧られてしまうので、とりあえず場所を変えます。
2016.09.08雨後の椎茸3
榾木の上下に銅線を巻くとナメクジが嫌がって登ってこないと教えてもらったので、今度試してみましょうかね~。

上の写真は昼過ぎの状態。
朝見た時に比べてかなり大きくなっています。


余り大きくなりすぎると香りが薄くなるので、適当なところで収穫。
このままオーブンで焼いて、軽く塩をかけていただきました。

美味っ♪
(残念ながら調理写真は撮り忘れました)


いや~、シイタケ栽培おもしろいな。
「だんだん大きくなって実がなってきた。そろそろ収穫だな」という野菜とかと違って、「うおっ!いきなり生えてきた!!」というような宝探し的感覚が楽しい♪

今年も榾木をもらって来よう。
シイタケじゃなくて他のキノコも作ってみようかな。


ごちそうさまでした。


↓キミは肉食獣だから栽培には向いてないと思うよ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム
スポンサーサイト

欲深い甘夏狩り(笑)♪

「食料捕獲作戦!」というタイトルのこのブログ。
基本的には野山や海や川を駆け巡り「タダの食料」をゲットすることをメインテーマにしています。

まあ、貧乏人なのでいつもは狩ったり釣ったり獲ったり採ったりして「タダの食料」をゲットしている訳ですが、今回は通常と違います。
なんたって「人が手間暇かけ苦労して作った甘夏柑を好きなだけ取っていい!」という夢のようなお誘いが舞い込んできたからです♪

ハンターと言う人種は、一般の方と比べて猟欲(何かを獲ろうとする欲)がかなり強い人種なので、「獲り放題」とか「釣り放題」とか「狩り放題」なんていう言葉をぶら下げられるとひとたまりもありません。
「うひょ~っ!行く行く!!」
二つ返事でOKの返事をします。

お招きいただいたのはハンター仲間の岡村さん(仮名)。
岡村さん(仮名)ご夫妻は某超大手有名企業にお勤めでしたが脱サラをして、現在は専業農家として様々な作物を栽培されています。

「この甘夏出荷されているんでしょ?オレ達が採っても構わないんですか!?」
「夫婦2人じゃ収穫しきれなくて、結局シーズン終わりには熟しすぎて出荷できなくなるから喜んでもらえる人に採ってもらった方がこちらもありがたいの。好きなだけ採ってください」
と太っ腹なお言葉。

「採り放題」キタ~!!
「放題」大好き人間としては堪りません(笑)。

2016.04.26ミカン狩り8
同行したハンター仲間の数人で甘夏の樹に群がります。

なんかミカンの黄色って葉っぱの緑に映えて癒されるね。
2016.04.26ミカン狩り9

それに白くて小さな花の愛らしいこと♡。
2016.04.26ミカン狩り10

なぁ~んて言っていたのも最初の30分まで。
上を向き高枝切りバサミで大きな甘夏を切って摘んで落下させないように静かに平地に置くことを繰り返し、切った枝がミカンの表面を傷付けないようにきれいにヘタを切り揃えて収穫バックに入れ、溜まったらコンテナに移し替えるために何度も山の斜面を往復します。
甘夏の樹が生えているのはデコボコの斜面で、そこに踏ん張って上を向いて収穫したり、溜まったミカンを運ぶだけで汗が吹き出します。

時々休憩して甘夏をいただきながら、ふと下を見るとこんなものが。
2016.04.26ミカン狩り2
これはサルが甘夏を食べた跡。
「へぇ~、人間と同じように皮をむいて食べるんだね」

これなんか、岩に腰かけて食べている様が目に浮かぶようですね。
2016.04.26ミカン狩り5

ちなみにカラスやヒヨドリなんかの鳥類が啄んだらこんな感じになります。
2016.04.26ミカン狩り3
イノシシの足跡はドカドカと付いているし、こりゃ被害も相当なものだろうなぁ。

「ウチの甘夏は美味しいから、他所の畑は襲われずにウチのが真っ先に狙われるんだよ」
「そっかぁ、こんなに重労働なのに収穫物を野生鳥獣に持って行かれたら大変ですよね」


実はミカン狩りを始める前に周囲の山を少し見ていたのですが、その時木の枝が不自然に揺れたのです。
2016.04.26ミカン狩り6

少し山に近付くとやはりサルの姿。
2016.04.26ミカン狩り1

分かりやすいように丸印を付けてみました。
2016.04.26ミカン狩り7
写真を撮ろうとすると、周囲にサルの警戒音が鳴り響き、少なくとも5~6頭のサルが目視できたので、実際はかなりの数のサル群がいたようです。


ミカン狩りは3時間ほどで2本の樹の実を収穫したのですが、終わる頃には肩や背筋が引き攣り、汗だくになっているような状態でした。
終盤は握力が弱って高枝切りバサミを扱うのもしんどくなってきたので、樹の幹に登ってミカンを収穫していたら、減農薬栽培のため超苦手な毛虫攻撃!

それでも猟期の笑い話やバカ話を皆でワイワイとしながら収穫すると、作業のキツさも少し忘れるようでした。
「いつもは夫婦2人で黙々と作業しているから、今日は本当に楽しかった」
と岡村さん(仮名)ご夫妻。

そうかぁ、「日本の民謡は作業の辛さを忘れるために唄ったものが起源になっている物が多い」という話を聞いたことがあるけれど、機械も何もなかった時代は全部手作業だったから、歌でも唄っていなけりゃやってられなかったんだろうなぁ。


2本の樹を収穫するとこれくらい。(軽トラにも載っています)
2016.04.26ミカン狩り4
すごい量だ!

皆で分けても相当な量があり、私は欲深く車に積める限界の4コンテナもいただいてきました♪
帰宅してご近所さんや知り合いにお裾分けすると、物々交換で野菜をいただいたりで更に食材が増えるわらしべ長者現象(笑)。

ゆっくりとお風呂に浸かると筋肉痛が心地良く、一心不乱に植物と向き合っていたからなのか頭の中のストレスがきれいさっぱりと無くなっていることに気付きました。
ふう、なんか楽しかったなあ。


岡村さん(仮名)、今回は大変お世話になりありがとうございました!


↓欲深すぎだっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

池干し

久しぶりに珍しいものを見ました。
池干しです。
2015.11.25池干し1
「地獄の罠師」と恐れられる大林さん(仮名)から「池を干すよ」と連絡を受けて、猟の間に見学。

池干しを定期的に行う事で池の底に堆積したヘドロを取り除き、池の貯水量を増やし水を清廉に保つ効果があります。
また、その時に池に生息する魚たちを一網打尽にできる楽しみもあります(←こっちが本命。笑)

現地に着くとやってるやってる!
山中にあるため池の水を抜いている最中で、あと少しで水底が見える感じ。
2015.11.25池干し4
無数の魚やエビが跳ねているのが見られます。

もうすでに一回底引き網を引いたそうで、これからはタモ網やサデ網の出番。
2015.11.25池干し2

一掬いするごとに面白いように大きな鯉や鮒が掬いあげられます。
2015.11.25池干し9

その様子を見て前親方も居ても立ってもいられず、タモ網を奪い取って参戦!
2015.11.25池干し3
大きな鯉を掬い取って嬉しそう(笑)。

こんな感じで大漁!!
2015.11.25池干し8
掬い取った鯉や鮒は清流の養魚池で飼われ、冬季の貴重なタンパク源となります。

いや~、皆さん子供のような笑顔になって池干し楽しそうだ♪


しかし一昔前、池干しは地域の一大イベントで子供も大人も総出で魚取りに来ていたのに、僅かな人数で行っていたことに一抹の淋しさを覚えました。

きっと泥だらけになって鯉や鮒を獲る時代ではないのでしょうね・・・。


狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP
↑会場でパネル展示していただいています。

↓でも池干し楽しそうだ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

悪ガキ(笑)♪

人の家に生った柿を青竹を使って折り取る悪ガキ(笑)。
2015.11.18悪ガキ1

私も少年時代はこんなことしてよく怒られたもんだよなぁ~。

今ではこんな風景もすっかり見なくなったけれど、久しぶりに懐かしいものを見ました。


あ、柿を採っているのは72歳になったウチの親父なんですけどね(爆)!

人間って成長しないものだな、と思いました。。。


狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP
↑会場でパネル展示していただいています。

↓血筋って怖いな!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

眼からウロコ!!ムカゴの採り方♪

有害鳥獣捕獲の休憩時間に山芋の蔓を見付け、ムカゴが沢山生っていたのでムカゴ採りをしました。
2014.10.27ムカゴ1

ハート型の葉の裏に隠れるように付いているのがムカゴ。
2014.10.27ムカゴ2
山芋の種子ですね。

山芋がそのままチョコボールくらいの大きさになった感じで生でも食べられます。
味は山芋、そのまま丸くなった感じです。
私は猟の合間にポリポリ齧って栄養補給しています(笑)。
現地調達でき邪魔にならないし、余ったらまた山に還せば山芋になるのが良いですね。

本来だったらチマチマと千切って集めるのですが、「面倒くさいから」と私のお袋が編み出した方法がこれ!
(ネットで調べると何人かの方がやられていますね)
2014.10.27ムカゴ3
傘で受け上から蔓を棒でバンバン叩く!という荒技(笑)。

実際は左手で傘を持ち、右手で叩き落とします。
2014.10.27ムカゴ4

葉っぱや虫などの夾雑物も一緒に落ちますので、蓋の開いた適当な容器に入れて葉っぱを取り除きしばらく放置。
2014.10.27ムカゴ5
クーラーボックスの壁面に何かたくさん付着しているのがお分かりでしょうか?
これはカメムシなんですよ。

何度か攪拌しながら日光に当てていたらほとんどの虫が這い出て排除できます。

それから水洗いしたものがこちら。
2014.10.27ムカゴ6
美味しそう(笑)。

さあ、明日はムカゴご飯にしましょうかねぇ。


今日も自然の恵みに感謝です。



狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP(←パネル展示していただけます)
鳥獣対策総合案内コーナー(鳥獣対策、狩猟へのご案内など)

↓採集欲が強すぎ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

ザリガニ獲り

ザリガニを獲りに行って来ました。
2014.08.01ザリガニ

「行って来ました」なんて書くと遠くに出かけたみたいですが、先日の散歩でふーちゃんがザリガニに鼻を挟まれた場所で、自宅から歩いて3分ほどの場所です。
魚獲りの網を持ってテクテクと田舎道を歩くと、真っ黒に日焼けして駆け回っていた夏休みを思い出します。

現場に着いてタモ網で掬うとこんな感じ。
2014.08.01ザリガニ2

久しぶりにアメリカザリガニを獲りましたが、少年時代のようなワクワク感が胸に蘇ります♪
2014.08.01ザリガニ3
いや~、このフォルム。良いですね♪

ものの10分少々でこのくらい。
2014.08.01ザリガニ4

さあ、活かしたまま持って帰ろう。


大多数の方は「また食べるんだろう!?」と思われるでしょう(笑)。

しかし今回は自分が食べるためではなくこのため。
2014.08.01ザリガニ5

先日いただいたスッポンくんのエサです。
スッポンくんが食べ残したらいただこうかな(笑)。


あ~、楽しかった♪


狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP(←パネル展示していただけます)
鳥獣対策総合案内コーナー(鳥獣対策、狩猟へのご案内など)
↓絶対ザリガニ食べるだろう!?と思った方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

カコボラ

漁師をしている兄貴からもらった三角ミナ(ギンダカハマ)。
2014.07.25カコボラ2
食べるのは面倒だけれども、とても美味しい貝です。

その中にちょっと変わった貝が混じっていました。
2014.07.25カコボラ
10センチちょっとの貝殻にビッシリと毛が生えています。
最初は「海藻かな?」と思ってゴシゴシ擦ってみたのですが、やはり生えている感じ…。

形や模様から「法螺貝の小さいヤツかな?」と思って、とりあえず一緒に塩茹で。
2014.07.25カコボラ3
金串を使って身を取り出すと、ちょっと毒々しい感じ…。
「う~ん、ウルトラセブンに出てきた怪獣エレキングを派手にしたような模様だ!」

とりあえず食べてみますが、味も歯ごたえも良いし普通に美味い♪
「おお!見た目と違ってイケる!!」

美味かった事を兄貴に報告すると、
「あ!いかん、言うのを忘れてた。あの貝はカコボラ。内臓や唾液腺にフグ毒と同じテトロドトキシンがあるから肉以外は食べちゃダメだよ」
とのこと…。

お肉だけしか食べていないつもりだけど…、
早く言ってよね!!

まぁ、今のところ何ともありませんが…。


狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP(←パネル展示していただけます)
鳥獣対策総合案内コーナー(鳥獣対策、狩猟へのご案内など)
↓そんなんでキミが死ぬわけないじゃん!と思った方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード