食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

産屋の作成

ふじのお腹が大きくなってきました♪
2017.07.30産屋1

子犬が吸い付きやすいように乳首が大きくなり、周囲の毛が抜け始めています。


これだけの猛暑だと暑さで流産してもいけないので、エアコン絶賛堪能中の図(笑)!


「おそらく8月の上旬~お盆くらいが出産予定日だ。一番暑い季節だし、出産としばらくの間の子育ては家の中になりそうだな・・・」

私の少年時代は実家でワンコの繁殖を行っていて、何度も子犬の出産や育児を経験しましたが、何しろ久しぶりの事なので必要なものを考えます。


「小物は後でもいいから、まず大物を揃えよう」

近くのホームセンターで杉板などの適当な材料を購入。
材料費約2000円。

ダラダラと汗を流しながら3時間ほどでチャッチャと作成した産屋(お産をして子育てをする簡易小屋)。
2017.07.30産屋3

今の犬小屋では子育てをするには狭すぎるし、陣痛が始まると地面をガリガリと掘ろうとするので、屋内で出産してもらうには必要なので自作。
ふじや産まれ来る子犬がケガをしないように、木のささくれなどが無いように注意して仕上げました。
(それでも子犬が大きくなるとガリガリ噛むんですけどね・・・)

入り口側はお腹が大きくなったふじが飛び越えた時にお腹や乳首が当たらないように低めに作成。
子犬が動き出す頃になると脱走防止のために板切れを一段追加する予定です。
この中にカーペットを敷き、適当な布切れをたくさん入れて子育てをしてもらいます。

うん、子犬が大きくなってふじが横になって授乳しても良い感じだね。


ふじの調子はどうかというと、暑さでハーハー言っていますが、食欲もすごくて機嫌も良く順調です。
2017.07.30産屋2
「石鯛ください」の表情(笑)。


どうか無事に産まれてきますように♪


↓安産祈願代わりにクリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム
スポンサーサイト

プ、プラマークだとっ!?

先日のタイラバ釣りでは兄貴の作った手作りタイラバを使わせてもらいました。
「兄貴、タイラバ恵んでちょ」

「これを使え。オレの作った新しいタイラバ、『激熱!タイガーⅡ号』だ!」
2017.05.05プラマーク1

「見せてもらおうか。新しい手作りタイラバの性能とやらを」


おお、キラキラして深い海ではアピール力高そうだ♪
特にこのピカピカのスカートがいいね!

「ん!?でも裏に何か書いてある・・・」
2017.05.05プラマーク2

「こ、これはプラマーク!?」

「それはポテチの袋で作った。廃棄物の再利用だから安価に作れる!! アルミ蒸着フィルムだから裏側がキラキラしてアピール力も耐久性も抜群だ。

それにな~、何よりも現代社会は情報過多の時代だから、言った者勝ちで『こうじゃなきゃダメ!』みたいな事多いだろ?
メーカーの高価な既製品じゃなくても、これで充分釣れるんだよ」



兄貴の所に来ると、いつも大切な何かを思い出させてもらえます。

創意工夫って大切だな~♪



↓今度タイラバ自作してみよう!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

シイタケとヒラタケの栽培

猟期が終わっても何かと忙しいヘナチョコハンター。

今日は猟期にキノコを植えるためのホダ木をもらってきていたので、シイタケの駒を植え付けました。
2017.03.27シイタケとヒラタケ栽培1
これはシイタケ用のクヌギ。


今年は桜の木ももらってきていたので、シイタケばかりじゃおもしろくないと少し検索。
2017.03.27シイタケとヒラタケ栽培2
ナメコなんかが良さそうでしたが、食感の好きなヒラタケを植えることにしました。
菌駒はネットでそれぞれ400コマ購入。


袋を開けると菌糸に覆われた木製のコマが出てくるので、一つづつインパクトドライバー(か電気ドリル)で開けた穴に押し込んで行き、木槌などでコンコンと表面が平らになるくらい打ち込みます。
2017.03.27シイタケとヒラタケ栽培3

こちらは桜に打ち込んでいるヒラタケの菌コマ。
2017.03.27シイタケとヒラタケ栽培5

コンコンコンコン・・・。
この作業は無心になれてとても楽しい♪


それから菌糸を木の内部に浸透させるための仮伏せ。
(シイタケとヒラタケは別々の場所で仮伏せ)
2017.03.27シイタケとヒラタケ栽培4
まずは適当に積み重ね・・・、

次に適当にダンボールを被せて水をたっぷりと掛けます。
2017.03.27シイタケとヒラタケ栽培6
(実際にはこの倍量くらいのダンボールで覆いました)


電動工具を使って作業をしていると、お隣の野菜栽培好きのおじいさんが見に来られました。

「あ、すみません。うるさかったですか?」
「いや全然。何をしてるか興味があって見に来た。お宅はいつも面白そうなことしてるから(笑)。
ほうほう、シイタケの栽培?
ワシも昔挑戦したことがあったけれど、一本も生えてこなかった。今度教えてもらいに来よう♪」
「いやぁ、素人なんで・・・」

思わぬご近所さんキノコ交流(笑)。


それにしてもシイタケとヒラタケを800個コマ打ちしたら結構な重労働で、腕と腰がパンパン。
筋肉痛確定!


最後の仕上げに更にホダ木を覆ったダンボールにたっぷりと散水。

秋にはたくさん生えるんだよ。


さあ、上手くいったらお隣さんに自慢しなきゃ(笑)♪



↓そんな事を思う人間にはキノコ生えてこないぞ!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

イノシシ頭肉のマース煮(グロ画像注意!)

先日作った魚のマース煮(塩煮)が美味しかったので、調子に乗ってイノシシでマース煮を作ってみました。
しかもお頭で!

その画像がこちら(※閲覧注意)




映画『ターミネーター』のシュワルツネッガーの有名なセリフ、「I'll be back」なんて被せるとピッタリな感じがするのは私だけでしょうか?
2016.06.19鼻曲り1

(炊き出しをするような巨大なものを除いて)手持ちの鍋の中で一番大きなものを使っても入りきらなかったので、顔の左右や上下をひっくり返しながら気長に煮ます(笑)。


で、出来上がりがこちら♪
2016.06.19鼻曲り2
ホロホロと肉が剥がれ、スープには骨からの濃厚なエキスが滲み出しています。

美味そうだ!いただきま~っす!!




ス、スミマセン。またまたウソをついてしまいましたm(_ _)m。

実はこれは先日のイノシシのスケルトン(頭蓋標本)を作成中の写真(塩は入っていません)。
2016.04.10スケルトン1
いつか記事にしようなんて思っていて、延び延びになってしまいました。
左側の穴の開いていないイノシシの頭蓋骨を煮込んでいる最中の写真です。

肉が離れるくらいコトコト煮込み、肉と煮汁はふーちゃんのドッグフードのトッピングに、頭蓋骨はスケルトンになります。


で、なんでこのイノシシの事を書こうかと思ったのかと言ったら、実は失敗したからなんです。
2016.06.19鼻曲り4
この写真では位置が入れ替わっていますけど、右側の穴の開いていないものが写真で煮込んでいる個体。

変なのがわかりますか?
2016.06.19鼻曲り3
鼻先が曲がっています。
これは煮込むときに片面ずつひっくり返して煮たため、均一に熱が通らず骨が変形してしまったからです。

「う~ん、いつも20リットルのミニドラム缶で丸ごと煮るんだけど、七輪を起こすのが面倒で不精したからなぁ・・・」
2016.06.19鼻曲り5
何事も手抜きはいけませんね。トホホ。


いっそのこと「鼻のヒン曲がった変わったイノシシを獲ってねぇ!骨が証拠ですよ」なんてウソ吹いてみるか(笑)!?

案外騙される人多いかも。。。


↓騙されるもんかっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

適当シイタケ栽培(笑)♪

自分の土地があったらやってみたかったことの一つ。
シイタケの原木栽培です。
2016.05.10原木栽培7

これは一昨年と昨年菌を接種したもので、どちらもボチボチシイタケが成り始めています。

それまではシイタケはあまり好物という訳ではなかったのですが、自分で栽培したものは香りが良いのと、ちょっと上手くいったのに味をしめて今年も榾木を入手して作り始めることにしました。
自分で栽培したものが収穫できるとおもしろいですしね♪


まずはクヌギなどの榾木を知り合いの農家の方や林業で間伐をされている方にお願いして入手。
2016.05.10原木栽培1
これくらいの長さでもかなりの重量だし、あまりたくさんあっても食べきれないので今年も1本。
(と言いつつその後3本追加。笑)

これに電動ドリルで穴を開け、シイタケの菌コマをトントンと打ち込んで行きます。
2016.05.10原木栽培3
かなり木屑が出るので、掃除しやすいようにブルーシートを敷いて作業すると便利です。

トントントン・・・。
2016.05.10原木栽培5
このコマを打ち込む作業が楽しいんですよ♪

菌コマはネットでたくさんの購入先が見つかりますが、どの品種がいいのか分からないので、今のところ毎年別の所から購入しています。
自分の好みや栽培条件も異なりますしね。

コマを購入した時の説明書やネットで検索してみると、この後枯葉を敷き詰めた上に榾木を寝かしてブルーシートなどを被せる「仮伏せ」を行い、その後榾木を立て掛けて「本伏せ」を行うとあります。(一番上の写真は本伏せ中)
でも一本だけでそんなことをするのも面倒だし、接種する季節も「梅の花が咲くころ」なんて書いていますが完全に遅れていて、もう初夏の陽気だしなぁ。

仕事で行っている細菌検査を思い出すと、榾木は培養液や寒天培地の役割、菌コマは接種する細菌と考えられます。
という事は仮伏せは樹の幹に菌糸を張り巡らせる予備培養、本伏せは発現させる本培養と置き換えられるので、養分は樹の幹だし、水分と温度を適度に保っておけば菌糸は繁殖するはず。
適当な荒技炸裂!
(まあ適当なのはいつもの事ですが・・・)

榾木をダンボールで巻いて水を掛けて放置!
2016.05.10原木栽培6
水気が溜まるように、下には拾ってきた波板を敷いています。

たっぷりと水を掛けた後、忘れた頃にひっくり返しながら仮伏せ。
これもいつも適当なのですが、「そろそろ菌が木の中に回っただろうなぁ」という頃合いを感覚で見計らい、ダンボールを剥がして本伏せに移行します。

「頃合いっていつだよ!?」と思われる方も多いと思いますが、適当なので上手く言えません。
強いて言えば「菌が死なないように暑くなり過ぎず、このまま放置していたらカビが生える」一歩手前でしょうか。
(気温次第ですが一ヶ月弱)

まあ、それでも毎年上手くいっているので良しとしましょう。


さあ、これで早ければ秋(通常は翌年)にはシイタケが成ってくれるはず♪


自己流の適当感覚栽培法なので、皆さんあまり参考にされないでくださいね(笑)。


↓適当過ぎるっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

スケルトン作成

春本番で麗らかな気候になりましたね。
海や山へ食料捕獲活動へ繰り出したい所ですが、私はと言えば猟期が終わってもしなければならないことが多く、溜まった色々な雑用に追われ捲っています。

これもその一つ。
2016.04.10スケルトン2
イノシシのスケルトン作成です。
(作成途中)

左のものは初めてふじが単独で追い出した大物
右は前親方の罠にかかり、括り木を掘り起こして逃走したものを追跡して仕留めた時のもの

どちらもちょうど100kgだったのですが、左のものはメタボイノシシ、右のものは猟期終盤で脂の落ちたイノシシで、骨格にかなり差があります。

ハンターの興味対象は色々とありますが、私の場合のそれは主としてお肉の味で(笑)、剥製や鹿角飾りやスケルトン等のトロフィーにはあまり興味はありません。
(毛皮の鞣しなどは技術として興味があり行った事はあります)

しかしこの2頭は記念や記憶に残るものだったので作成しています。

右のものは頭蓋に弾痕が残っていますね。
通常は頭蓋に命中するとこんなにきれいに弾痕が残ることなく破壊される場合が多いのです。
2016.04.10スケルトン3
しかも毛付き。
取り除こうかとも思ったのですが、作ろうと思っても作れるものではないし、取り敢えず残しています。

きれいに出来上がったらまた後日アップしたいと思います。


作成途中のスケルトンにふじも興味津々♪
2016.04.10スケルトン1
「な~んか記憶にある感じ・・・♪」


ちなみにこの石は玄関の横にあり、写真撮影した後もこのままの状態で乾燥させていたら、ご近所の方が回覧板を持ってこられてギョッとされていました。
うう、きっと「あそこの家は変わっているぞ」という噂が流れているんだろうなぁ(笑)。


そんな感じで猟期が終わっても何かと忙しいハンター事情でした。


↓噂じゃなくて本当に変人だと思うよ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

手作りの竹竿

たまたま通りがかった防波堤で、今時ではかなり珍しくなった光景を目撃!
2015.09.23のべ竿1

分かります?

ファミリーフィッシングの一コマですが、お母さんが手にしている竿は竹の延べ竿。
長さは2.5mくらい。
所々曲がった感じでまだ青々しい所から見ても、お父さんの手作り。

「何を釣っているんだろう?」と、水中を覗くとハゼの姿。
2015.09.23のべ竿2

「ああ、そうだったそうだった」
私の子供の頃は釣具屋でも同じような竹の延べ竿が売っていたし、自分でも作っていました。
少年時代に釣っていた魚はフナやハヤ等でリール竿なんて必要なかったし、リール自体が高価でリール竿を使って釣るような魚は「大人の魚」っていう感じでしたから。

実際はすぐに親父のお下がりのリールをもらって鯉やブラックバスを釣っていたし、フナやハヤも竹の延べ竿じゃなく安い振出し式のグラスロッドを使うようになりましたが・・・。

「竹を採って小さなナイフで枝を払い、焚火で炙って真っ直ぐに矯正しながら脂抜きをして強度を持たせる」
しかし実際にそんな事をやっていたので、キャンプの時など即席に釣竿が必要な時などはとても重宝したものです。
(釣糸一式は大抵荷物に入れていた)

それに何より、「身近なものから道具を作って工夫をする」ということを経験していたので、そういう思考と知恵は後々随分と私を助けてくれることになったのです。


「お子様たちよ、キミたちは今とても貴重な経験をしているのだぞ!」

「そしてキミたちが大人になった時に少しでも今日の日の事を思い出してくれると、釣り竿を作った父ちゃんも魚を釣っている母ちゃんもきっと嬉しいと思うよ・・・」

そんな事を思いながら現場を後にしたのでした。


狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP

↓手作りの竹竿に幸あれ!!と思った方はクリックプリーズ♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード