食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

未知のウロコ取り器を使ってみました!

ある日釣具屋さんをブラブラしていると、磯金なんかに混じって謎の物体を発見!

商品表示には「ハイパーウロコ取り!!iウロコ取りの革命!」なんていう言葉が書かれています。
(興味がある方は調べてくださいね)

「え?これがウロコ取り!?」
私の知っているものとは相当に形が違います。
2017.07.08新型鱗取り器1
まるで杓文字に刃物が付いたような形状。

1,000円ちょっとだったので「どうやって使うのだろう?」と興味津々で購入。


で、早速使ってみました。

白い柄に力を入れると、弾力のある金具部分を含めて柄の部分が魚の形状に沿って曲がり、カーブが出来ます。
2017.07.08新型鱗取り器2

その状態でウロコの下をこそぎ取る感じで力を入れます。
ジョリッ!!

「おお!これはすごい!! まるで髭剃りの様にウロコが取れる。しかも全く飛び散らない!!!」
ウロコ取りと言えばウロコが飛び散って、捌き終わった後は壁や床に乾いたウロコがくっ付くことが当たり前だったので、かなり新鮮な感動♪ 

しかし調子に乗ってジョリジョリやっていると、ちょっと力の入れる方向を誤り、刃先が斜めに滑ります。
2017.07.08新型鱗取り器3
ザクッ!!

「うっ、危なかった。これが手だったらケガしてるな・・・」
という訳で次回からは魚を抑える左手は、軍手をはめて作業。

まあ、今までのウロコ取りを使う時も大抵軍手をはめて作業していたので変わりはないですね。


この写真はウロコの小さなブリですが、鯛などのウロコの大きな魚だともっと効果絶大です。


当たり前だと思っていた道具が、全く姿を変えて登場すると色々なことを想像してしまいます。

このウロコ取りを発明したのは魚屋さんか料理人さんで、一日に何百匹も魚を捌いた後、仕事終わりの夕方には飛び散ったウロコの片付けに追われてヘロヘロ・・・。

「こんなもう仕事やってられない・・・。 そうだ!ウロコの飛び散らないウロコ取り器を作ってみよう!」

と思ったのかもしれませんね。

なんだか妄想拡がるなぁ(笑)。


あ、私の妄想癖は置いておいて、ハイパーウロコ取り絶賛お勧めです♪



↓ハイパー以前に普通のウロコ取り器自体が一般家庭にはないんじゃないの!!?と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

スポンサーサイト

新しいウナギバサミ。そして道具について少し考えてみる。

先日、ウナギ獲りの時に失くしてしまったウナギバサミの代わりに新しいウナギバサミを購入しました。
2016.06.26新しいウナギバサミ1
価格は1万円ちょっと。

以前持っていたものは3,500円くらいだったので、
20091023ウナギバサミ2
今回のものは割高と言えば割高なのですが、これが無いとウナギが獲れないので、必要な私にとっては安いものです。

こんな時にネットで全国から商品が探せるってとても便利だと思います。

本当は川漁が盛んな土佐の手打ちのウナギバサミが欲しいんですけど、高価すぎて手が出ません。
(ここの手打ちのホコ先を愛用しているので、その良さは充分に分かります)

いいものなんだろうなぁ~。死ぬまでに手に入れてウナギを獲りまくりたいなぁ♪
そんなことを夢想してしまいます(笑)。


「職人の一品物」とか「完全受注生産」って、私はそれだけでなんだか憧れてしまいます。
今はプログラミングするだけで様々な部品を自動的に作ることが出来る機械があるのも知っていますが、ウナギバサミなんていうレアなものを作ってくれる奇特な場所は無いでしょう。

でも例え「鍛冶屋一筋ン十年」という職人が作り上げるものと、機械で自動的に削り出したものとで全く同じ性能を有していたとしても、やはり私は鍛冶屋の名職人さんが作ったものを使いたいですね。
そこには「作り手の心」が入っていると思うから。



ここでちょっと話は逸れますが、先日仕事の出先の片田舎で急遽ホームセンターの場所を探さなくてはいけない状況になりました。

「スマホで近くのホームセンター検索して電話番号教えてほしい。カーナビに入力するから」
運転中だったので、(ちょっと人間関係が苦手で普段から色々と問題のある)助手席の部下に指示します。

すると彼はスマホを取り出し、なにやらヒソヒソ声でスマホに向かって喋りかけています。
「Hey,Siri! Hey! あ、あれ?おかしいな・・・。Hey!Hey,Siri!」

その様子を眺めながら唖然としていると、ずっとスマホに向かって話しかけています。
「いや、普通に検索していいから」

検索した電話番号をカーナビに入力して現地に向かっていると、更に何度もスマホに話しかけた後にようやくスマホから回答が来ます。
「ね!便利でしょ? 例えば明日何時に起こしてなんて頼むと自動的にアラームがセットされているんですよ。分からないことも大抵答えてくれるし。どうですか?使うなら使い方教えますよ」
「いや、いい。確かに便利なものなのかもしれないけれど今のオレには不要なものだ。それにそんな人間力を退化させるようなものを使い続けていたら、自然の中でアクシデントが起こった時に自分の直感を信じれなくなるような気がする」

「キミがちょっと人間関係が苦手で、社会生活を送る上で問題があるのはそんな事が原因じゃないの?」
と聞いてみたい気持ちをグッとこらえて
「(取引き先のお客様がいたりすることもあるから)ビジネスシーンでは今回の様にスマホに話しかけるのは以後禁止。いいね?普通に検索してくれればそれでいいから。スマホに向かって話しかけるのはプライベートだけにしてくれ」
と少しウンザリしながら説明します。(正直恥ずかしいし。笑)

「便利な道具なんですけどね・・・」
と彼はちょっと不服そう。



手打ちのウナギバサミの事を仕事中に考えている人間と、仕事中にスマホに話しかける人間・・・。

まあ、傍から見るとどっちも変わった人間なんだろうなぁ(笑)。



↓現代社会では手打ちのウナギバサミの事を仕事中に考えている人間のほうがよほど変人だと思うよ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

ビフォーアフター

愛用のウナギバサミ。
2011.09.161ウナギ獲り1

トゲトゲの付いた裁ち鋏って感じです。
2011.09.21前後11

色々な形状のものを使ってみたけれど、この形状が力が入りやすくて一番使いやすいかな。
(だけどこの形状のものが終売になって、もう売っていないんですよね。)

もう少し棘が長かったらいいんだけど。




矛先もそうですが、海に入る前には刃先をやすりで軽くタッチアップしています。

ほんの少しやすり掛けするだけで刃先の食い込み方が良くなり、獲物に逃げられる確率もグッと減ります。




でも、気を付けたいのがウナギを何匹か掴んだ後。

ウナギの体表の粘膜でこうなります。
2011.09.20前後2

2011.09.20前後3

分かりにくいかもしれませんが、ウナギの体表の粘液がベットリと刃先に絡み付いています。


これは浴槽にいるウナギを捌く前に氷漬けにして仮死状態にするためにクーラーボックスに入れた後の刃先の様子。

こうなると刃先が滑って、ウナギを掴んでも逃げられます。



潜りながら軍手で拭い取るんですが、強力な粘膜なのでなかなかきれいには取れません。




今回も手首サイズの一番大きなウナギには逃げられました(涙)。



昔から「逃げた魚は大きい」と言いますが、大きい魚だから逃げるんだよね~。


釣りと違って潜りで大きな魚を逃がすと、見えているだけに悔しさ倍増です(笑)。








にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村



ハズシ

ハズシと呼んでいる釣り用の針ハズシを作りました。
2011.09.01外し

適当な棒にこういう形の硬質ステン針金を縛り付けただけのもの。

漁師の兄貴から教えてもらって、すごく便利がいいので愛用しています。



実は先日のアジ釣りの時に忘れてしまって(失くしてしまった)、アジを素手で掴んで針から外していたので手がボロボロに。

このハズシを使うと簡単に針が外れるだけではなく、魚に触らずに外せるから活かしておく時などは弱らずに済むのです。




で、使い方です。

便宜上、ハサミを針に掛かったお魚としましょう(笑)。
2011.09.01ハズシ2

ミチイトに沿わせて針のカーブした所までハズシを滑らせます。
2011.09.01ハズシ4

それからミチイトを下向きに引っ張ります。
同時にハズシを上に向かって上げます。
2011.09.01ハズシ5

魚の自重で簡単に外れます。
2011.09.01ハズシ6

なんとなく難しそうに見えるかもしれませんが、慣れると瞬時に外せるようになります。




生簀のある船釣りでは手返しよく釣れますし、防波堤からの釣りでも魚受けのバケツを用意しておくと良いです。

魚に触らないので手が魚臭くならないし、毒のある魚なども安全に外せます。




今のところこういう形の針ハズシは市販されていませんが、私の釣りには無くてはならないアイテムです。

漁師直伝のハズシ、お勧めです!





にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村





ホコのゴム

頼んでいた物が届きました。

2010.07.20アメゴム1

ホコに装着するアメゴムです。

私の使っている物は「内径8mm×外径12mm」。
ゴムの厚みが2mmのチューブ状になったものです。


2010.07.20アメゴム2
ちょっと、とあるルートからのコネがあって、業務用のものが安く買えます。

メートル売りではなくキロ売り(笑)。
これだけで20メートル近くあります。
値段は6千円しないくらいなので、1メートルあたり300円くらいですね。

釣具屋さんなどで買うと、1メートル700~800円くらいするのでかなりお得。


このアメゴムにも種類がいろいろあって、色のくすんだ物は耐久性があるけど水中での伸びがありません。
耐久性を追い求めて、自転車やバイクのタイヤチューブなんかを細く切って使っている方もおられるようですが、飛距離において雲泥の差がありますね。

感覚的なものですが、私の使っているこのゴムは「初速と飛距離が5割増し!」という感じです(笑)。


このアメゴムは工場生産直後の物を特別に指定して持ってきてもらっています。
ベビーパウダーをまぶして日陰に保管。
3~4ヶ月使うと伸びが悪くなるので、切れる前にどんどん交換しています。

常時3種類くらいの長さのホコを使い分けているので、これだけあってもかなり消耗しますね。

それでもゴムを替えるのをケチって、大物の魚に逃げられたりすると悔しくて夜も寝られないので、惜しまず替えるようにしていま~す(笑)



さぁ、今年も大物突くぞっ!!


虫よけネット

こんなものを買いました。
2010.05.23虫よけネット
帽子に取り付ける防虫ネットです。
498円でした。


有害鳥獣捕獲で巻き狩りの時に使います。

実際に猟用の帽子に装着したらこんな感じ。
2010.05.23虫よけネット2


巻き狩りは待っている時間も長いし、今まではスキンガードで対応していましたが限界があります。
実は先日の有害の時、あまりにも蚊が多くて獲物の気配に集中できなかったので購入しました。

これで蚊対策はバッチリだ!


しかし、果たしてこれを装着したまま銃を撃っても当たるのか?
頬付けや視界は大丈夫かな?

そこら辺はちょっと疑問なので、今度射撃場で試してみようっと(笑)。

サイドカブ

兄貴の住んでいる島で見つけたおもしろい物。


こっちから見るとそんなに違和感はありません。
2010.05.14サイドカブ



でも前に回って~…、


反対側はこうなっています!
2010.05.14サイドカブ2




じゃじゃーん、これはスーパーカブを改造した、サイドカー(といか荷台)付きの「サイドカブ(兄貴が命名)」なのです。

今は広い道路もありますが、一昔前にはなく、また現在でもちょっと奥に入れば車が通れないような狭い道ばかり。

そんな狭い道に荷物を運ぶためのサイドカブです。


よく見ると、サイドカー部分もフレーム部分も手作りのようですね。
2010.05.14サイドカブ3

タイヤは同じサイズのバイクのものみたい。




こちらはプロパンガスを運ぶための別のサイドカブで、なんとサスペンション付き。
2010.05.14サイドカブ4

2010.05.14サイドカブ5

重たい荷物も快適です♪


島は一応公道なので、ちゃんとナンバーも付いています。




「物がないなら工夫してつくってしまおう!」という精神が素晴らしいですね。




世界で一番売れたエンジン付きの乗り物である「スーパーカブ」。
HONDAの創業者 故本田宗一郎さんが「サイドカブ」を見たらどう思うだろうか?

きっと涙を流して喜んでくれるに違いないんじゃないかな(笑)。



カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード