FC2ブログ

食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

ハイゼットジャンボ 1ヵ月インプレッション♪

こちらでは11月1日にイノシシと鹿の大物猟が解禁となりました。

例年だと平日だろうと休みを取って、初日に安全祈願を行って山入りするのですが、今年は仕事が無茶苦茶忙しくてまだ山へと行けていません(涙)。

初猟の日に山へ行けなかったのは狩猟を始めて初の事でしたが、寝不足や焦る気持ちで山へ行っても楽しめませんし、まあ持っている物がモノだし、万難を排除できなければ事故の元なので勇気を出して中止にしました。



狩猟ブログなので「100kg超えの大物獲れた~!!」と、景気よく記事をアップしたいところですが、ネタもないので今回は軽トラの事をアップします。


ハイゼットジャンボに乗って1ヵ月ほど経過しました。
1ヵ月と言っても半分は自動車整備工場に預けて、山行きに必要な施工をしてもらっていたから正確には2週間というのが正解です。

たいした距離を走ったわけではないのですが、軽くインプレッションをば。


【良いところ】
・見た目が超カッチョイイ!
 これは最初のオーナーさんが2インチリフトアップに大口径ホイール+オフ寄りのタイヤを装着してくれていたおかげです。
2018.11.05ジャンボインプレ1

「あれ軽トラですか!?」
と何人も聞かれました。

軽トラとは思えないほどカッチョイイです♪

あとは色ですね。
オフビートカーキメタリック色が「山行き」という雰囲気を醸し出しています。
2018.11.05ジャンボインプレ2
「あの自衛隊車両みたいな軽トラ…」
とこちらも何人かの人から言われました。

確かに…(笑)。


・座席後ろのスペースはとても便利!
2018.10.21ジャンボ6
ジャンボの特徴である運転席後ろの20数センチほどのスペースは、常備品や買い物した物を置いておくのにとても重宝します。
座席もリクライニングするし、自分一人で乗るような人はこれで充分な気がします。


・やっぱり荷台付きの車はハンターにとって楽です!
ワンコを乗せたりしましたが、汚れに気を使わなくていいので荷台があるととても楽です。
これから血やダニの付いた獲物を積んだりする時に益々重宝することでしょう♪


・視点が高いので視野が広く運転しやすい。
2インチリフトアップに大口径ホイール+タイヤを装着すると、ストラーダよりも車高が高い感じ。
当然視点も高く、見晴らしも良いので運転しやすいですね。


・軽トラなりに近代装備。
軽トラと言えどもパワーウインドウやリモコンキーでの集中ロック、エアバッグなんか装備されていて、私が20年以上前に所持していた、エアコンすら付いていない軽トラに比べると快適さは雲泥の差ですね(笑)。


【悪いところ】
じゃあ逆に悪い所は?と聞かれると、軽トラですので何点かはあります。

・エンジンパワーがない
覚悟はしていましたが、ノンターボでオートマなので非力に感じます。
大きなタイヤを履いてるので、エンジンパワーが食われてロスしているせいでもあります。
私は高速道路も使いますので、正直もう少しパワーが欲しいですね。

・車高が高いゆえに走りの安定感に欠ける
重心が高くなっているので、コーナリングやスピードを出すとフワフワと安定感に欠ける感じがします。
まあ、慣れの問題もありますし、運転技術で充分カバーできる範囲です。
100kgくらいのイノシシを2頭くらい荷台に積むと安定してちょうどいいかもしれません(笑)。


思い出すのはそれくらいでしょうか。

山へ行けば色々と感想も変わってくるかもしれませんが、今のところ正直とても満足しています。

まあ、かっ飛ばす様な車ではないので、安全運転で長く大切に乗りたいと思います。



↓山へ行って脱輪するなよっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム
スポンサーサイト

軽トラへ犬の積載準備♪

「ああ、忙しい忙しい!」
猟期も開幕というのに、バタバタと進まない準備を進めている最中です。

ダメダメ準備不足ハンターの典型ですね。


今年は新規猟用車の軽トラジャンボくんへのワンコ達の積載方法を考えねばなりません。
2018.10.30軽トラへの犬の積載1

まずはワンコ達を積めるようにキャリーを設置しました。
2018.10.30軽トラへの犬の積載2

一般的にはアルミで作られた「犬箱(いぬばこ。移動用犬舎)」というものが良く使われていますが、(結構なお値段なので)私は通常のペットキャリーを3つ並べたもの。

これだと荷台に積んで移動する車の場合、パワーがあってお行儀の悪いワンコだと「早く山を走らせろ~!」と要求した時に破壊される恐れがあるので、正直お勧めできません。
(亡くなったブリタニースパニエルのジャンはアルミ材を曲げたことがあります)

「ま、我が家のワンコ達はお行儀良いので大丈夫でしょう」


山の中をガタゴトと進むので、お風呂マットをクッション材として下に敷きます。
2018.10.30軽トラへの犬の積載3
この後、ワンコが中で暴れても転倒しないように、キャリー同士をしっかりとゴムバンドで束ねて固定。

居室内には古くなったカーペットやマットをサイズに合わせて切って敷きます。


「ワフワフ♪ これは何か新しい遊び道具ね」
2018.10.30軽トラへの犬の積載5
喜ぶもりさん(左)とかやさん(右)。

寒くなってきたらキャリーを包むようにブルーシートを被せて保温してやります。


更に荷台にシートを被せて完成!

「よっしゃ!これですぐにでも山へ行けるぞ!!」
と喜んだのも束の間。

見慣れぬシートカバーを警戒して全く荷台に近寄ってくれなくなってくれました(涙)。

「ワウッワウッ! これは見たことない怪しい感じ。騙されるもんですかっ!!」

2018.10.30軽トラへの犬の積載6
おまけにストラーダの時は後部座席に載せていたので、「私たちが乗るのはこっち!」と軽トラの運転席に無理やり乗り込んで来ようとします。


うう、先は長そうです。。。



↓甘やかし過ぎだっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

ジャンプスターター

ジャンプスターターを購入しました。
2018.10.22ジャンプスターター1

簡単に言うと自動車のバッテリーが上がった時に始動させる持ち運び式のバッテリーです。
2018.10.22ジャンプスターター2
ケースを開けたところ。

スマホを充電するモバイルバッテリーの大型版と言えば良いでしょうか。

バッテリー本体とケーブルや充電用コードなんかが入っています。



私はフィールドに出かける時に「無事に帰って来ること」をかなり重要視しています。
なにせ、人っ子一人いない山の中や、普通の人が探しようの無い水の中に入ることが多いですから。

なので、発生しうるトラブルを出来る限り想定して対応策を施しています。


今回来た狩猟用車両のジャンボはオートマなので、バッテリーが上がった時に押しがけが出来ません。(今の若い人は押しがけなんて知らないだろうなぁ。笑)


今まで通りにバッテリーを繋ぐブースターケーブルを購入しようかと思いましたが、今はジャンプスターターなるものが有るのを知りました。

発電ケーブルを接続するとこんな感じです。
2018.10.22ジャンプスターター3

ストラーダにも使えるように、ディーゼルエンジン対応の強力なものを選びました。
ネットで検索して、1万円未満で購入。


これを車に積んでおくとバッテリーを繋ぐ車を探す必要も有りませんし、仮にバッテリーが上がったのが山際で、車体との間に狭い隙間しかなくても対応できそうです。

単独猟で出猟してもなんとかなりそう♪



バッテリースターターとしての用途以外にも、スマホの充電源やライトとしても使用できるので、緊急時の備えとしても良さそうですね。
2018.10.22ジャンプスターター4

いやあ、色々と便利なものが出来るなぁ。


出来ればジャンプスターターを使う場面が無い方がいいのでしょうが、一度くらいは使ってみたいなぁと思ってしまいます♪



↓いざ使おうとしたら充電切れになってたりしてっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

ハイゼットジャンボの改造手術完了!!

引渡しを受けてすぐに、山行きの装備装着のために自動車整備工場入りしたジャンボくん。
2018.10.08ジャンボ6

ようやく出来あがってきました。
2018.10.21ジャンボ7


「え!?どこが変わったの? 同じじゃん!!」
と思われる方も多いでしょう。

実は譲り受けた時から車高の2インチアップと大口径アルミホイールとオフロード向けのタイヤが装着されていたので、大規模改造は全くしていません。


「大物が獲れた時に引っ張るウインチとか荷台クレーンとか付けるんでしょ!?」
という感じで期待されていた方も多いのでしょうが、大きな改造は最初から施されていたので、残りは「自分の狩猟スタイルに合わせた地味な変更」と言った感じです(笑)。


それに最初からオシャレパーツが結構組み込まれていたんですよ。

オシャレパーツその1。
2018.10.21ジャンボ5
オレンジ色のシートカバーとステアリングカバー♪
シートカバーは防水仕様。


オシャレパーツその2。
2018.10.21ジャンボ8
渋いフロントグリル。

ノーマルのものはピカピカのメッキですが、ダークシルバーに加工されています。
ハイゼットのフロントマスクは、ちょっと「仮面ライダー」を連想する感じで好きなのですが、このグリルだと更に精悍になりますね。

他にもフロントガラスに車検対応の薄いブルーのグラデーションが入っていたり、フォグランプや荷台の作業灯が付いていたり改造多数。



「じゃあ、お前は何をしたんだ?」
と言われそうですが、「自分の使い方に合わせて長く乗れるような加工」をしたという感じです。

まず荷台の防錆塗装。
2018.10.21ジャンボ3
(荷台用のゴムマットとカバーは、前のオーナーさんからいただきました)

私の場合、海水で濡れたウエットスーツを積んだり、アオリイカ釣り用のエサの活きアジを入れたバケツを積んでいたので、ストラーダの荷台は錆びて大きな穴が開いてしまいました。

狩猟でイノシシや鹿を積む時はコンクリを捏ねるプラスチックのフネを積んで、それに入れて積載する予定ですが、血液も錆の原因になるので、長く乗るためにもコーティング塗装。

海に行くことも多いので、同じく足回りやフレームも防錆塗装実施。


車内は無線機をどこに置くかで悩みましたが、ダイハツ純正部品でフロントガラスの上に取り付ける棚があったので、それを装着して無線本体を置くようにしました。
2018.10.21ジャンボ1
操作パネルとハンドマイクは上部に設置。

アンテナは荷台の鳥居に装着。
2018.10.21ジャンボ4


安物のカーナビも取り付け。
2018.10.21ジャンボ2
カーナビは「どこかに行く」という目的よりも、山の中で「自分が今どこにいるか」を知る必要があるのです。

スマホだと山の中では「(今時)圏外」の表示が出て、使えないことが多いからカーナビは必須です。


銃を置いたりして、座席後部のスペースを有効利用したいので、山で使ってみて
2018.10.21ジャンボ6
「もう少し収納スペースが欲しいな」
と思ったら運転席の頭上にネット棚を着けようと思っています。


高速道路に乗ることも多いのでETCも装着。



後はワンコ達を乗せられるようにするのと、緊急時対応の工具を積む必要があります。

しかしまあ、なんとか猟期の解禁に間に合いそうです。


ストラーダ以外の車で山へ行くのは初めてなので、すごく楽しみです♪



↓キミは大した改造してないんだねっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

怪しい取引き

高級ホテルのロビーで電話を掛ける怪しげな男…。
「オレだ。着いたぜ…」

一見すると、男は色黒の坊主頭、筋肉質の悪役レスラーっていう感じ。
ヤクザ映画なんかだと、「鉄砲玉(親分のパシリ)」で真っ先に死にそうなタイプ(笑)。


「分かった、鍵を持って行くからそこで待っていろ」
やがてロビーに降りてきたのは眼鏡をかけたインテリ風の男。
知性と品性で隠しているけれど、隠しきれない殺気がチラリと見え隠れしている感じ。


「例のブツは間違いなく持ってきたんだろうな?」
「ああ、着いて来い」


地下の駐車場へと移動する怪しげな二人…。

そこにはポルシェやメルセデスやBMWなんかの外車ばかりが停まっています。
2018.10.08ジャンボ2

「ブ、ブツはどこだ!?」
見慣れぬ外車達に戸惑う悪役レスラー。

「慌てるな!そこにある。報酬はスイス銀行に振り込んでもらおうか…」
インテリ風の男が示した先は純白のフォルクスワーゲンの隣…。
2018.10.09ジャンボ1

場違いなほどに神々しくそこに鎮座した姿…。
「おお!600kmの遠き道をよくぞやって来てくれた!!」


インテリ風の男性は600km離れた場所にお住いのハンターTさん。
実は少し前に私がリフトアップ軽トラを探しているブログ記事を見て、「似たような車を所有しているのですがどうですか?」とメールをいただいていたのです。

ちょっとアレンジして書きましたが、お会いするのは今回が初めてで
「あ、どうもどうも。はじめまして!」
「あ、どうもどうも。こちらこそ遠くからありがとうございます」
てな感じでお互いに緊張して初対面の挨拶をしたんですけどね(笑)。


やって来たのは2インチアップの(色々カスタムされている)ダイハツハイゼットジャンボ。
オートマ以外はほぼ私の希望通りの車。(車検は4月で1年半残っているし)

しかも2016年式にも関わらず、まだ1000kmちょっとしか乗っていません。
(600km自走して来られても2000kmちょっとのオドメーター)

Tさんに諸事情があって、新古車というより新車に近い状態のものを(メチャクチャ)格安で譲っていただけることになりました。
しかも600kmの遠い距離を自走して届けてくださるとのこと。

「いいんですか、こんなピカピカの車を…」
「じゃんさんのような方に使ってもらってこそです」
「いや~、ブログやってて本当に良かったです」


Tさんからキーを受取り、ジャンボに乗り込みます。
「おお、ドアもスムーズに開くし、シートベルトも滑らかに出てくる(←そこ?)」

ついつい20年選手のストラーダと比較してしまいます(笑)。

走り出すと軽快なエンジン音。
視点が高くて快適だ♪


帰宅して記念写真をパチリ。
2018.10.08ジャンボ6
2インチアップといえども(4インチアップと2インチアップがある)、こうやって見たらかなり迫力あるなぁ。


気になってしょうがないワンコ達も荷台に乗って見学~♪
2018.10.08ジャンボ3
左よりもりさん、ふじさん。

ふじは山に行って何度も軽トラを見たことがあるので「あ、これは山へ行く車ね!」と察したようですが、もりは
2018.10.08ジャンボ5
「うっひょ~っ!新しいトランポリンが来た~っ!!」

てな感じで荷台でピョンピョンと嬉し気に跳ね回っています。


ま、キミ達が気に入ってくれたならそれでいいよ♪
オレは一目で気に入ったからね。


これから少し自分好みに改造しても猟期には間に合うな。

さあ、今年からはこのジャンボで山へ行くぞ!


という訳で、狩猟用の新型車両が決まりました~!!

やった♪


最終改造が終わったらまた詳しくご紹介しますね。



↓「事故って廃車になりました」という記事がアップされなければ良いがなっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

スクーター便利だ!!

去年の夏にふじのお子様たちに離乳食を与えるためだけに購入した110ccスクーターのアドレス110。
2017.09.03新車購入2

実はかなり重宝しています。

購入する時にショップのおじさんは
「まあ、昔ながらのスクーターだよ。今時の高級なスクーターだとABSやアイドリングストップなんかも装備しているし、メットインスペースを広く確保するために燃料タンクはハンドルの下についている。値段も高くなるし余計な装備だと思うけどね。通勤にはこれで充分だと思うよ」
なんて言っていたけれど、久しぶりに購入したバイクだったので技術の進歩に驚いています。

2ストロークのバイクにばかり乗ってほとんど4ストのバイクに乗ったことがなかったので、エンジンパワーには全く期待していなかったのですが、アクセルを開けたときの反応も良いし、スピードも出てよく走ります。

はっきり計測したことはないけれど、燃費も良く、忘れた頃に燃料を補給しています。



ご近所にちょっとした買い物に行く時ももちろん便利ですが、まずは通勤。
車での通勤だと必ず渋滞に引っかかってイライラするのですが、スクーターだとスイスイとストレス知らずで、片道約20分の時間短縮になります。

それなりに(いや、かなり)スピードが出るので、車の流れにも遅れずに小排気量バイクであるが故の危険も感じません。



そして個人的な趣味活動。

釣り場やスッポン水路の偵察、その途中の道路際にイノシシの通し(けもの道)があったり、ロードキルアニマルが転がっている時にも気軽にUターンして確認することが出来ます(笑)。

もちろんスクーターなので際しい山道は無理ですが、未舗装の畦道くらいなら全然平気。


愛車のストラーダはでかくてちょっとUターンしようにもかなり場所を選びますし、下手に細い山道に入ろうものなら、方向転換できる場所が見つからずに延々とバックで引き返す羽目になりますから(笑)。



今は仕掛けていませんが、罠を再開することがあったら近所の見回りは充分スクーターで事足りそうです。(掛かっていたら引き返して準備をする)

大物猟は無理だろうけれど、たまに行く猟犬を連れない近隣のヒヨドリ撃ちなんかでは銃をケースに入れ、スクーターで行くのも面白いかもなぁ。



猟期も近付いて、色々な妄想が膨らんできます♪



↓でも2ストバイクのエンジンオイルが焼けた排気ガスのにおいが懐かしいよねっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

リフトアップ軽トラ!!

まだまだ続いている猟用車探し。

「今年から猟犬が3頭になるし、ダニや血の付いたイノシシや鹿を運んだりするのでやっぱ軽トラかな~」、なんて思っていました。
「でも釣りやキャンプに使うのには軽の箱バンもいいんだよね」
うう、迷う。。。


ちなみに私の自動車所有遍歴を話しますと
・スズキキャリー(軽トラ・年式不明中古。建築会社が破産して競売にかけられていたものを1万5千円で購入)
・三菱ストラーダ(平成10年式。新車で購入)
以上(爆)!!

学生時代モトクロスをしていたので、スズキキャリーはそのトランポ(レース用のバイクを運ぶための車)として購入しました。
エアコンも付いていない車で、夏は暑くて雨が降っても窓を開けて走り、山道に車を停めて川に飛び込んでいたのを思い出します(実話)。
荷台にキャンプ道具をたくさん積み、離島や川に潜りに行ったり渓流釣りに行ったりしていました。

その後バイクだけの時期がしばらくあり、(車が必要な時は実家から借りていた)社会人になっても全国をテント泊で走っていました。


ストラーダも最初の目的としては、モトクロスバイクのトランポとして購入しました。
モトクロスをやめ、少し経ってから狩猟を始めたのですが、狩猟にも都合が良く、結局20年以上乗り続けています。

いい年して所有した車は2台だけで、しかも両方に荷台が付いているので軽トラを購入することには全く抵抗はありません(笑)。
私の場合、「車は道具」としての意味合いが強いですからね。


しかし周囲の先輩ハンターの皆の話を聞くと「ハイゼットは最低地上高が低くてダメだ。オイルパンが岩にヒットして廃車になった人もいる」とのこと。

まあでもデータで比較しても、軽トラってどれも50歩100歩なんですよね。
「やっぱり今のストラーダは気にせずに乗れていいねぇ…」

他社の軽トラや箱バンでも同じように車体の下をヒットして廃車になった人もたくさんいますし。


「ん!?でもリフトアップ軽トラなるものがあるな。口径の大きなホイールとタイヤを履くことで最低地上高も上がる。こりゃ良いんじゃないかい!?」

それで、リフトアップ軽トラのお話を聞くために片道3時間半ほどかけて詳しくお話を伺ってきました。
リフトアップ軽トラで有名な山口県のシーザーさん。
2018.09.02リフトアップ軽トラ6

「おお、たくさんカスタム車(軽トラがほとんど)が並んでる…」
(手前の2台は車体のリフトアップは完了しているけど、まだ大口径ホイールとタイヤを履かせていません)


担当の方に狩猟で使うこととその状況をお伝えします。

こちらと
2018.09.02リフトアップ軽トラ2 (2)

こちらは4インチリフトアップしたハイゼットジャンボ。
2018.09.02リフトアップ軽トラ1
迫力ありますね。

こちらは2インチアップ。
2018.09.02リフトアップ軽トラ4
周囲のリフトアップが3インチとか4インチのものばかりなので大人しい感じがしますが、「これだけ単体で見たら目立ちますよ」とのこと。

こちらは3インチアップのデッキバン。
2018.09.02リフトアップ軽トラ5
色々カスタムされていてカッチョイイ!
もはや商用車ではなく、専用の特殊レジャービーグルに見えます。


で、運転席に座らせてもらって視座確認。
「おお、視点が高いので視界が広い!!」

ちょっと感動。


2インチと4インチアップしたものの運転席に座らせてもらいました。
私個人の感想としては、4インチアップの方が見た目の迫力は満点でしたが、狩猟では2インチアップで充分な気がします。
(インチアップは車体自体の高さで、最低地上高は変わらないとのこと)

何故なら4インチアップだと、乗り込む時によじ登るような感じで、狩猟装備をして銃を持って乗り込むには少し運転席が高すぎる気がしました。
(いや、単に私の足が短いだけなのですが…)

遠くで犬がイノシシを立てている(イノシシを啼き止めている)場合など、一刻も早く車に飛び乗って移動する必要があるのです。
「う~ん、慌てて転げ落ちそうだな…」

それにあまり車高が高すぎると、獲物を荷台に積むのに苦労しそうです。



色々とお話を伺い、ちょっと気になったことを聞いてみました。

「スズキのスーパーキャリーが出ましたよね。スーパーキャリーは扱っていないんですか?」
「扱っていないわけではないんですよ。実際によく売れています。
だけどタイヤハウス(黄色い部分のタイヤ周りの隙間)が小さくて車高を上げても大口径タイヤを装着することが出来ません」
2018.09.02リフトアップ軽トラ7
「え!?じゃあ狩猟用にリフトアップしようと思ったらジャンボ一択なんですか?」
「リフトアップして大口径タイヤを装着するカスタムをしようと思ったらそうなります…」

ちょっとビックリ。。。


「だけどエンジンはキャリーの方がよく回ります。運転席後ろのスペースもかなり広いですしね。
一方、ハイゼットは運転した時のしっかり感があります。トヨタの系列になったせいかは分かりませんが、部品の耐久性も高いです。
後は好き好きですね」

「デザインはハイゼットの方が断然好みなんです。それに当初の目的であるリフトアップして大口径タイヤを装着しようとするならハイゼットしかないのか…」



その他にも貴重な話をたくさん聞かせていただき、恐る恐る見積もりを作成していただいて、納期をお聞きします。
「ジャンボは特装車なのでジャンボ自体の納期に1ヵ月、それからリフトアップ加工で1ヵ月時間をいただいています」

「え、そんなに納期掛かるんですか?正直な話1ヵ月くらいかと思っていました…」

今からだと11月の猟期に間に合わないな。
猟期に納期と車検が被ると辛いというこちらの事情を正直にお伝えし、たくさん時間を割いて説明頂いたことに対してお詫びします。

「いえいえ、こちらこそ遠いところからわざわざ来店いただきありがとうございます」
と気持ちの良いお返事。


まあ、こういうものはご縁のものだと思っているので、今回は縁が無かったのでしょう。


貴重な話をありがとうございました。

またいつか来店しますね~!



↓あと10年ストラーダに乗り続ける事決定だなっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード