食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

凄いぞ、スキレット♪

近所のホームセンターでブラブラしていた時の事。
キッチン用品売り場で「スキレット」なるものを見つけました。

簡単に言うと小型の厚手フライパン。
まあ要するにファミレスなんかでハンバーグなんかが乗って出て来て「ジュージュー」いっているヤツです。

これ欲しかったんですよね。
鴨のステーキなんかを作って熱したお皿に盛りつけるけれど、猟期は冬場なのでどうしてもすぐに冷めてしまっていたから・・・。


で、購入後、早速鴨のステーキを作ってみました♪
2017.01.31スキレット1
ジュワジュワジュワーッ!!

バチバチはじけるソースと肉汁。
「うわっ、なんかムッチャ美味そうなんですけど~!」

熱々の鉄板を食卓に運び、いつものようにビール(ホントは第3のビール)や安物の赤ワインをチビチビと飲みながら鴨のステーキを食べます。
「いつまでも温かい。美味い♪」

いやぁ、これは買って良かったなぁ。と言うよりなんで早く買わなかったんだろう・・・。

チマチマとステーキを食べつつ、料理のレパートリーが増えそうな予感にちょっとワクワク♪


さあ、次は何作ろうかなぁ。

楽しみ楽しみ♪


↓次はナポリタンスパゲティだっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム
スポンサーサイト

皮付き猪肉のがめ煮♪

無性に食べたくなったのでイノシシ肉でがめ煮を作ってみました。

まずはイノシシ肉を用意。
脂身多めのバラ肉なんかが美味しいですが、まあどこの部位でも構いません。
2017.01.08がめ煮1
(撮影専用のプレミアムモルツ。笑)

「ゴロッ」とした感じが好きなので、かなり大きめにカット。
2017.01.08がめ煮2
毛抜き処理した皮付きのお肉だとゼラチン質の皮がプルプルと美味しくて、煮物にするには特にお勧めです。
このお肉は肩ロースの下部~バラ肉にかけての部位で、肩ロースの皮はかなり厚いのですが、煮込めば美味しくいただけます。

まずは軽く表面に焼き色が付くくらいフライパンで炒めます。
2017.01.08がめ煮3

次に大きな鍋に出汁昆布や料理酒、味醂などを入れてお肉を投入して煮込み、醤油と砂糖で味付けします。
2017.01.08がめ煮4
私はかなり甘めの味付けが好き。

コンニャク、ゴボウ、レンコン、ニンジン、サトイモなどを適当に投入。
2017.01.08がめ煮5

味が染み込むまで適当に煮込んで出来上がり!
2017.01.08がめ煮6
バラ肉に付いている皮が良い色になっていますね。
がめ煮はお肉の旨味と脂身の旨味が染み込んで野菜がとっても美味しくなるんですよね♪

くるっと丸いのはステーキを作る際に外しておいた皮を一緒に煮込んだもの。
コリコリした食感が好き。


「麦とホップ」を飲みながらがめ煮をつまみます。
プリプリの皮とトロトロの脂身と味の濃い肉の三位一体の味、お肉からの旨味がたっぷりと染み込んだ野菜・・・。
「う~ん、美味い!最高っ!!」

自作のがめ煮、美味しゅうございました(笑)。


今日の自然の恵みに感謝です。


↓脂身の摂り過ぎだな!!でも美味そう・・・、と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

クリスマスロースト

少し前のお話・・・。


ホシノさん達の脱走に手を焼いて、増設した防獣ネット。
「やれやれ、これで一安心♪」

と思っていたある日の事・・・。
「あれ!?」
2016.12.25クリスマスロースト1
ネットの外にいるホシノさん・・・。

「なぜだっ!?どこから脱走した?」

周囲を隈なく調べてみるとこんな感じ。
2016.12.25クリスマスロースト4
防獣ネットの下部の土を掘り下げて逃走経路を作っていたので、直ちにU字ピンを打って補強!

「ふぅ~、やれやれ。これで大丈夫だろう」
と思っていた矢先、信じられない光景。
2016.12.25クリスマスロースト3
「あれぇ~!?どういうこと???」
再度脱走しているホシノさん。

「脱走経路はどこだ?」
と再度状況を確認していると、決定的な瞬間を目撃!!
2016.12.25クリスマスロースト2
固定していたと思ったネットを搔い潜って脱走中の図(笑)!!

「クリスマス近いんだよっ!!!」
ホシノさん達に言い聞かせます。


「でもね、世の中にはどうしようもないことが沢山あるんだ・・・」
2016.12.25クリスマスロースト5

クリスマス料理といえばローストだよね♪


ごちそうさまでした♪


↓ホシノさん達に幸あれ!!と思った方はクリックプリーズ。。。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

良い肉の日の肉料理

11月29日は「いいにくの日」と言うことで、カルガモの良いお肉を食べました。
2016.11.29良い肉の日1
これは10日間ほど熟成させた胸肉ですが、よく脂が乗っています♪

骨とレバーや心臓を使って作ったソースを合わせます。
2016.11.29良い肉の日2
鴨肉から出た脂で炒めた野菜がまた美味しいんですよね!


いやぁ~、ハンターになって本当に良かった・・・。
こんな時本当にそう思います♪


まだ目眩がしているけれど、美味しいお肉を食べてちょっと気分転換になりました。
次の休みは山に行けるといいのだけれど・・・。

無理かなぁ、と思いつつも山にいるかも(笑)。


今日も自然の恵みに感謝です。


↓大人しくしとくんだぞっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

アナグマ胃袋焼き

仕事をしていると有害鳥獣捕獲隊の方から電話。

「おっきなアナグマが獲れたんだ。丸々太って美味そうだよ♪ いる?」
「ください!今日は仕事なんでお伺いするのは少し遅くなります」
「ああ、構わないよ」

「さぁ~って、(相変わらずもらってばかりだけど)アナグマは何の料理にして食べようかねぇ~」
と考えていると、別の有害鳥獣捕獲隊の方から電話。

「おっきなアナグマが獲れたんだ。丸々太って美味そうだよ♪ いる?」
「ついでの駄賃だ、くださいっ!」

2番目に電話をいただいた方に事情を説明して、かなり遅くなることをお伝えします。


それにしてもハンターになる前は「ハンターをやっている間に一度くらいはアナグマを食べることが出来るだろうか?」と思っていた憧れの獲物だったのですが、こんなに「アナグマ食べ放題!」みたいな状況になるなんてなぁ・・・(笑)。


それから仕事をしながら別回路をフル回転。
「仕事が終わって最初のアナグマをいただいて、更に次のアナグマをもらいに行くとなると、一度帰って着替える暇はないな・・・。
どうしよう!?
まぁ、クーラーボックスは車に積んでいるし、なんとかなるかな」

という訳で、仕事終わりにアナグマもらいに直行!
2016.11.10アナグマ胃袋5
スーツ姿の私を見てお二方ともビックリされていました(笑)。


それから持ち帰って処理を施します。

「両方とも本当によく脂が乗ってるなぁ。一体何を食べているんだろう?」
胃袋を割いて内容物を見てみると熟し柿がたっぷりと入っていました。

「なるほどね!季節的に今は熟し柿で栄養を蓄えているんだ」

「それにしても胃袋美味そうだね・・・」
2016.11.10アナグマ胃袋1
イノシシの胃袋などはコリコリして美味いのですが、アナグマは心臓とレバー以外の内臓は小さくて食べたことがありません。
胃袋や腸など消化器系の内臓は食べると美味しいのですが、内容物をきれいに洗ったりするのに手間がかかる上に、処理するのに時間がかかったりすると臭くなるので、通常は廃棄しています。


「せっかく2匹分の胃袋が同時に手に入ったし、熟し柿をたっぷり食べた胃袋なんてフルーツの香りがして美味そうだから捨てるのもったいないな・・・」
という訳で内容物を洗って内側を塩揉みし、再度水洗い。

適当にカットすると見慣れたホルモンって感じ♪
2016.11.10アナグマ胃袋2
でも胃袋自体がとても小さいので2匹分でもちんまり。

アナグマの脂を使ってプライパンで炒めます。
2016.11.10アナグマ胃袋3
味付けはシンプルに塩コショウのみ。

味見のために2~3切れ食べたとはいえ、焼くと縮み、出来上がりは小皿に乗るくらいの更にちんまりした量。
2016.11.10アナグマ胃袋4

でも、うんまいっ!!
コリコリした食感に甘いアナグマの脂。
臭みなんか全くありません。

いや~、熟し柿アナグマの胃袋最高!
ビールが進む♪

こんなことなら次回からは冷凍保存しておいて、何匹分かまとまったら調理しよう。
いや、でも食べるとすぐに無くなるこの希少感が良いのかもしれないなぁ(笑)。

どちらにせよとっても美味しかった♪


今日も自然の恵みに感謝です。


↓内容物の熟し柿でソースを作らなきゃ!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

アナグマ白湯(パイタン)スープ鍋♪

有害鳥獣捕獲で捕らえられたアナグマをいただきました。
2016.10.06白湯スープ7
(後ろを向いています。分かりにくい写真でスミマセン)

ありがたや、ありがたや♪


「天高くアナグマも肥ゆる秋になりにけるかな・・・」などと呟きながら解体し、精肉する前の写真がこちら。
2016.10.06白湯スープ1
これは背ロースとバラ肉になりますが、脂の層の厚みがすごいですね。


「さぁ~って、何の料理を作りましょうかね・・・」
熟成のために冷蔵庫に入れたアナグマを思い、仕事中に考えるのはそんなことばかり(笑)。

仕事をするフリをしながらさりげなくネットでアナグマ肉の美味しい食べ方なんかを検索してみますが、当たり前ながらあまり目新しいものは見つけられません。

「やっぱ骨からの美味しいスープを使った料理がいいなぁ~。定番のすき焼きもいいけど、たっぷり骨出汁エキスを使って味噌鍋にするか♪」
などという思いに至り、圧力鍋で取ったスープがこちら。
2016.10.06白湯スープ3
(浮いているのは炒めた脂身)

炒めた骨と脂身を強火でグツグツ煮込んで取った白湯スープ。
(弱火でコトコト煮込むと澄んだ清湯スープが取れます)
2016.10.06白湯スープ4
煮込んだ骨の量はアバラ一枚と腕一本。


ここでスープにちょっぴり塩を入れて味見。
「うお!美味っ!!」
口から閃光が迸りそうな美味さ!!

「これは是非このスープ本来の味を活かして食べたい」
と思い、味噌鍋から塩コショウだけのシンプルな味付けに急遽変更。

味噌鍋にするつもりだったから、うどん玉しか用意してないけれどチャンポン麺が欲しいところだ。
2016.10.06白湯スープ5
アクを掬いながら煮込んで味を調えます。


そして実食。
2016.10.06白湯スープ6
ハフハフっ!想像通り美味いっ!!
シンプルながらも濃厚なアナグマの旨味。
甘みのある脂身としっかりとした肉の味、骨からとったエキスと野菜エキスをたっぷりと吸い込んだうどんも最高!!

ふぅ、身体が芯から温まりました。


久しぶりのアナグマ美味しかった。
ありがとうございます♪


今日も自然の恵みに感謝です。


あ、あの子アナグマなのか…!?と思った方はクリックプリーズ♪(違います)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

タンカレー

もうすぐ猟期も始まっちゃうし、ふーちゃんに食べさせるオヤツもないし、冷凍庫の片付けも兼ねてふじ用の肉や骨を茹でました。
2016.09.06タンカレー2

鹿肉は生で与えますが、イノシシ肉は寄生虫の問題もあるので火を通します。
お肉や骨はドッグフードのトッピングにしたり、オヤツとして与えます。
ゆで汁は冷蔵保管(多ければ冷凍)して、ドッグフードにかけて食べさせます。


で、ふじ用のお肉の中にイノシシのタン(舌)を見つけたので、タンカレーを作りました。
2016.09.06タンカレー1
「タンカレー」という有名なジン(強いお酒の一種)がありますが、タンを使ったカレーライスのことです(笑)。

今回はイノシシのタン2本使用。
人によっては熱湯をかけて表皮を剥く人もいますが、私は気にならないので(むしろ皮の触感が好き)表面をきれいに洗って、厚切りにカット。

普通のカレーライスと同様にお肉と野菜を炒めてコトコトと煮込みますが、ここで水ではなくイノシシ肉や骨からエキスがたっぷり溶け出したスープ(ゆで汁)を鍋に投入!
2016.09.06タンカレー3
ついでにふーちゃん用の骨を一つ失敬して出汁取りのため一緒に煮込みます。
「まだまだいっぱいあるから怒んないでね、ふじ♪」


市販のカレールーを投入して再度煮込み出来上がり。
2016.09.06タンカレー4

家庭菜園で採れたナスは別に炒めてトッピングしています。


残暑厳しい秋の初めにアツアツの辛口カレーライスを頬張る。
ゴロゴロとしたタンが存在感たっぷり♪

「このイノシシはあそこの山を競った時に仕留めた2頭だな・・・。
 雨が降らずに暑かったけれどカメムシが少なかったのでナスもよく出来た・・・」

食べ進めるとジワリと額から汗が出て、猟期に獲ったイノシシのことや家庭菜園で収穫したナスのことなんかを思い出します。


ふう、美味かった!!


今日も自然の恵みに感謝です。


↓犬用のお肉を横取りすんなよ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード