食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

猟友会総会に出席 2010

猟友会の総会に出席しました。
去年ハンターデビューした私は2回目の出席です。
2010.10.12猟友会総会


警察・役場などの関係者が来賓として来場され、狩猟に関する事故・事件に関する事やハンターに対するお願い事項などを話されました。
内容は猟銃の取扱い、保管など以外に、猟犬のワクチン接種、アマチュア無線免許取得の励行など。


来賓の皆様が退席後、猟友会員での会合。
2010.10.11総会2


新しく猟友会に加入された方が8名。
同じくらいの世代(40代)の方が1名おられただけで、後はご年配の方。

8名の内3名の方は一旦退会した方の再加入です。
なんでもハンター保険の個人の取扱いがなくなったため、猟友会に入らずに個人でハンター保険に加入していた元会員の方も再度加入せざるを得なくなったようですね。

ハンター保険の個人加入が出来なくなった事に関しては、私はハンターデビューしたばかりなのでまだよく解りません。


猟友会に関して全国的に色々と言われていますが、煩雑な事務手続きなどを代行していただけますし狩猟に関してわからない様々な事を教えていただけるので、今のところ猟友会は私にとってはありがたい存在です。
地元のハンターの方々と交流できる会でもありますしね。




全体的な連絡事項や狩猟者登録証の交付、会計監査報告、役員の選出などがあって約1時間ほどで終わり。

その後30分ほどおしゃべりして帰宅。



色々な方から声をかけられるし、思えばこの1年でずいぶんとお知り合いの方が増えました。



もうすぐ猟期だな~♪


にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

狩猟者登録

8月のことなので少し前のことになりますが、狩猟者登録を行いました。
狩猟者登録とは、猟期に「この県で狩猟をします」という登録で、1県あたり16,500円の狩猟税が必要になります。

私の所属している猟友会では係の方が必要書類を届けてくれ、必要事項を記入後回収に来ていただけます。


私の場合、住んでいる県と隣の県に登録。
住んでいる県は大物猟、隣県は鳥猟のためです。
2010.09.04狩猟者登録

狩猟税が16,500円×2=33,000円。
ハンター保険が4,500円。

その他に大日本猟友会会費、地区猟友会会費、登録手数料、県外手数料、等々で合計は~…。






2010.09.04狩猟者登録2
53,000円になりま~す!



ちなみに住んでいる県だけの登録では、およそ32,000円くらい。
猟友会に入らずに自分で登録手続きをすると、もっとお安くできます。


猟期の3~4か月でこの値段。
安いとみるか高いとみるか?

貧乏なサラリーマンである私にはとても安い値段ではないですね。

しかしきちんとライセンスを取り、国に税金を納めて狩猟者登録をするのはとても意義のあることだと思います。
ルールやマナーを守って安全狩猟を心掛ければ、ある意味「国からのお墨付き」をいただいていることになりますしね。



私が他に趣味で行っている潜りなどは、はっきり言ってグレーゾーンの部分が多く、潜る側が法令やルールを知らないために地域の漁師さんとトラブルになっていることもしばしば…。

潜りも捕獲可能・不可能な対象魚、禁止地域等をはっきりと決め、入漁料を払う鑑札制度などにすればトラブルも減ると思うのですが…。




まだまだ暑い日が続くけど、秋になればすぐに2度目の猟期がやってきます。

初めての猟期である去年は、右も左もわからず先輩猟師の皆さんについて行くだけでいっぱいいっぱいでしたが、今年は少しは余裕があるかな?
いや、きっと2年目の今年は今年で新たに学ぶことばかりなんだろうなぁ(笑)。


でも53,000円も払ったから、出来る限り出猟して元はとるぞ(爆)!



いやいや、安全狩猟に努めます(笑)。


新しい相棒

所持許可を申請していた2丁目の猟銃の許可が降りました。

2丁目の猟銃は「ベレッタ テクニス」です。

2010.08.06テクニス1

銃身が短く、山の中などでも取り回しの良いスラッグ銃身。
スラッグ弾の精密射撃ができるような照星・照門(狙うための印)が付いています。

このスラッグ銃身の付いた自動銃が欲しかったんだぁ。



ほとんど使用してなく、ピカピカの中古銃ですが格安でした。



更にこの銃には鳥撃ち用の換え銃身も付いています。

2010.08.06テクニス2
(ケースの中に入ってるヤツ)

こちらの換え銃身の出番はあまりなさそうだけど、チョーク(絞り)もフルセットで揃っています。



昔から「弘法筆を選ばず」と言われていますが、物造りが好きな親父は「良い仕事は良い道具があって初めて為される」と口癖のように言っています。

そのせいか、昨年の猟期にイノシシやシカを外しまくった私は「やっぱりスラッグ弾を撃つからには専用の銃身じゃないとな!」と失中(外した)したときの言い訳にしていました(笑)。


でもこれで外した時の言い訳ができなくなったなぁ~。




いやいや、今年は自分の待ちに来た獲物は1頭も撃ち漏らさないぞ!!
(と心の中で小さく呟いてみる。笑)






立入り検査

2010.06.28有害鳥獣2期

2丁目の猟銃の申請に必要な立入り検査がありました。

普段から銃と弾の管理はしっかりしているつもりだし、特に問題になるようなことはない。
と思っていたけど、立入り前に実包管理帳と保管している弾の数などを再度チェック。



この立入り検査で問題点が2つありました。
「家族に対する聞き取り調査」と「第三者の近隣住民に対する聞き取り調査」です。

書類申請時に、これらを土日もしくは夜間にやっていただけないか?と聞いてみたのですが「平日の昼間のみ」ということでした。

家族の立会いは半日有給休暇をとってもらいました。
しかし、第三者の近隣住民に対する聞き取りは「平日に休んでくれ」なんてお願いしにくいよなぁ。
私の場合は、常駐しているマンションの大家さんにお願いしたのでそんなに苦労はありませんでしたが、普通の場合だったらご近所の方に「この時間に家にいてほしい」とお願いしなきゃいけませんね。

家族、近隣住民、警察の担当者のスケジュールを聞き、全員のスケジュール調整をして自分も半日休暇を取得。
ここら辺をもうちょっと融通利かせてくれないかなぁ。



さて、立ち入り調査ですが、係りの方が時間通りにやって来られました。

まず、ガンロッカーと装弾ロッカーの設置状況・管理状況をチェック。
保管弾数と銃砲管理帳と矛盾がないか照合。

事前に数えていたのですぐに答えられましたが、「この中でスラッグ弾(一発弾)は何発ありますか?」と聞かれました。
私のように大物猟も鳥撃ちもする人間は、今後は散弾とスラッグ弾を分けて記帳しておいたほうが良いかな?

その他に、ガンロッカーと装弾ロッカーの鍵の管理方法についても聞かれました。


その後、家族に対する聞き取り調査。
書類申請時に聞かれた質問の答えに矛盾や隠蔽事項がないか、家族に対して同じ質問がされます。
「銃所持に対して抵抗はないか」
「生き物を殺生することに反対しないか」
「家庭内暴力や動物虐待はないか」
「他人とのトラブルはないか」
「借金はないか」
「酒量、アルコールを飲んでの反応」
「認知症の疑いはないか」
「交友関係」
などを聞かれました。

その質問の間、私は黙って聞いているだけなので、もし警察での申請時の報告と家族の答えの内容が違えば「虚偽申告」となりますね。

銃刀法が改正になる前は自己申告だけで済んだのですが、改正後はこういう聞き取り調査があるので、狩猟を趣味として始めるには家族の理解と同意がないと難しいですね。



それが終了後、第三者の近隣住民である大家さんに聞き取り。
私は大家さんのご自宅まで係の方を案内し、そこで一旦帰宅します。

約15分後くらいに再度玄関のチャイムが鳴り、「これで終了しました」とのことでした。
審査して問題がなければ1ヶ月前後で所持許可が降りるそうです。



こういう聞き取り調査をしたからといって、完全に猟銃を使用した事件や事故が無くなるとは思えませんが、家族や近隣住人に聞き取り調査を行なうことは、その人の生活環境や普段からの性格を知る上で有効でしょうし、以前よりも犯罪防止に役立つとは思います。


それにしても一人暮らしの人や、近隣住民がいない原野に住んでるような人はどうするのだろう(笑)?



さあ、はたして2丁目の猟銃の所持許可は下りるのか???


2丁目の銃の申請 2

2丁目の猟銃を申請しに行ったのですが、用意した書類に目も通していただけず警察を後にします。

2010.06.152丁目の銃
肉離れの足を引きずって階段をトボトボと降ります。




警察署の駐車場で「さて、どうすっかな~」と熟考。

やっぱりどうしても2丁目の銃は必要だし、会社から半休をいただいて来ているので、このまま帰るわけにはいかないしな~。
車内でよ~く考えて、書類だけでも受理してもらえないかと再度生活安全課を訪問。

「あの~、もう一度よく考えたのですが、やっぱりどうしても2丁目の猟銃が必要なのです。
会社もそんなに休むわけにはいきませんから、書類だけでも受け付けてもらえませんか?」

係の方が「また来たのか?」と呆れ顔をしつつも、今度は書類に目を通していただけました。
そしてなぜ新しい猟銃が必要なのか、先程と同じ説明をします。


それから聞き取り調査。
前科や借金の状況などを聞かれます。


誓約書をいただき、内容を確認して記入・捺印。

「書類は受け付けますが、許可が下りない可能性の方が大きいですよ。それでもいいですか?」
了承して手数料6,800円の印紙を買ってきて終了。


なんとか書類だけでも受理してもらったから一歩前へ進んだぞ!
ここまでで2時間以上の時間がかかりました。



何年も銃所持の実績があって、どんな人物かよくわかっているのなら許可を出せると思いますが、初心者の私に許可が出せないのも理解ができます。

そこできちんと自分の使用法や、申請しようとする銃と現在所持している銃の違い、新しい銃の必要性などを論理的に説明ができないと「必要なし」と判断されてしまうのでしょう。

それに1度や2度門前払いを食ったからと言って、「初心者には2本目の許可は下ろせません」と言われて諦めるなら本当は必要性がない人でしょうし、「なんであいつには許可してオレには許可できないんだっ!」ってキレるような人なら直情径行ということで、まったく銃を持つ資格なんてありませんしね。


実際には初心者だから1本しか所持できないとかの法律は無いし、同じ県内でも初年度から2本、3本所持できた人を何人も知っています。


しかし、銃という危険な道具の所持に関してはこれくらい審査が厳しくて当然だと思います。
そういう意味では私の所轄の担当者は「為すべき仕事」をきっちりとしている優秀な警察官だと言えますね。


猟銃の所持に関しては、はっきり言って「なんでこの人が銃を持てるんだ!?」っていう人を知っていますし、これだけ審査を厳しくしても事件や事故が無くなるとも思えません。



一方で、こんなにハンターに対する銃所持の審査や手続きが厳しいと、これからの日本の自然環境と鳥獣による農業・林業・一般市民の被害のことを考えたら微妙なところですね。

これからハンター人口は間違いなく激減します。
ハンターが激減して野生鳥獣による被害が看過出来ないほど大きくなった場合はどうするのでしょうか?

街中や里山にクマやイノシシが出現して、一般市民が犠牲になるようなことが続発したら…。
(現在でも一部地域でそういった被害が出ていますね)



初心者の私ですが、これから10年間くらいの狩猟を取り巻く環境について、興味深く眺めたいと思っています。



次は立ち入り検査です。

果たして許可は下りるのか(笑)!?


2丁目の銃の申請 1

2丁目の猟銃の申請に行ってきました。


1年目の猟期が終了して、これは必要だな!と思ったのが2丁目の猟銃の申請でした。
私の場合、猟期の間は雨でも雪でも休みの度に出猟していたので、猟銃に対する負担も大きく、ちょっとしたトラブルが起こることがありました。
帰宅して分解メンテナンスすれば直る程度だったのですが、重度のトラブルだったらその猟期を棒に振る可能性もありました。
銃が壊れてから新しい銃を申請しても、使用できるまでに1ヶ月2ヶ月はかかってしまいますから、そうこうしている内に猟期が終わってしまいます。


そして現在所有しているベレッタ1201Fは散弾用の銃身が付いていて、どちらかというと鳥撃ち用の銃です。

イノシシ、鹿などの大物猟もやっているので、一発弾(スラッグ弾)を撃つ専用銃身が是非欲しいところでした。
しかし銃身だけ買うととんでもなく高価で、中古銃が楽に買えるほどの値段がします。


現在の銃身。
2010.06.19星・門
ベレッタUrikaのものを参考にして蛍光色のアクリル板で照星・照門を自作しています。
鳥撃ち・大物撃ちどちらも出来るように工夫したつもりですが、微調整が利かないのと、山で落とすことしばしば(笑)。

やっぱりここはもう一丁スラッグ銃身付きの猟銃を申請したい。



馴染みの銃砲店に探していただいて、条件に合うような猟銃を見つけてもらいました。

所持申請するために警察へ!
2010.06.152丁目の銃2


昨年銃刀法が改正になって、多少必要書類が増えました。

必要な書類は以下の通りです。

1. 銃砲所持許可申請書
2.譲渡等承諾書
3.同居親族所
4.誓約書(警察署でもらえ、その場の署名捺印で可)
5.身分証明書(本籍地の役所で発行していただけます。郵送も可)
6.過去10年分の経歴書
7.講習終了証明書
8.診断書(3年以上の勤務経験のある精神保健専門医が作成したもの)

となっています。4,5,8が変わった書類です。


「身分に関する証明書」というのは本籍地の役所で取ることができ
・禁治産又は準禁治産の宣告の通知を受けていない
・後見の登記の通知を受けていない
・破産宣告又は破産手続き開始決定の通知を受けていない
者ではないことを証明する。

ということが書かれています。(手数料300円)


また、診断書も3年以上の勤務経験のある精神科専門医が作成したもの、と変更されています。
銃砲店からの紹介で病院に行き、診断書を作成してもらいました。
代金3,000円。


さらに警察で「誓約書」なるものを書かないといけないそうです。



必要書類を揃えて係の方に「猟銃の申請に来ました」と伝えます。

「銃刀法が変わって簡単に所持許可を出すわけにはいかなくなったんですよね。
それにまだ所持免許取って1年未満でしょう?
なぜ新しい猟銃が必要なんですか?1本目の猟銃の取扱いに充分慣れてからでいいのでは。」

ということで銃身の種類の説明、鳥撃ちと獣撃ちの違い、私が行なった狩猟の方法、猟行の回数、有害鳥獣捕獲の内容などを根気良く担当者に説明します。



猟銃の所持許可申請の担当ということで、係の警察官の方が「それなりに狩猟に詳しい」などと思ってはいけません。
警察の方は「猟銃による事件や事故を未然に防ぐ」のが仕事で、狩猟や猟銃については全くの素人です。(私の担当者はそうです。笑)


1時間ほどそれらの説明をした後、係の方から言われたことは
「所持免許を取って1年にもならない初心者に更なる所持許可を出すわけにはいきません。
経験を積んで、もう一度熟考して申請に来てください。
それに銃刀法の改正になってから、書類審査と同時に保管場所の立ち入り検査・家族に対する聞き取り調査と、近隣住民の第三者に対する聞き取り調査を行う必要があるので、スケジュールを調整した上、事前に予約して来てください。
とにかく申請手続きはできませんのでお引き取りください」

ということで、用意した書類に目も通していただけませんでした。


続く

初めての銃砲検査

初めての銃砲検査(通称:銃検)に行ってきました。

銃砲検査とは、許可を受けて猟銃などを所持している人が、
・その使用や保管方法が適正か
・猟銃を所持するのに問題のある状態ではないか
・眠り銃(使用実績の無い銃)ではないか
・不法な銃の改造などがされていないか

などの点で問題がないかの確認のための検査で、毎年受けなければいけません。


この銃砲検査を受けないと、所持許可が取り消される場合もあるそうです。
平日しか検査が開催されなかったら、半日休暇を取ってまた仕事を抜けてくるしかありませんが、幸い日曜・月曜日の開催なので助かりました。

検査は9時からだったので、日曜日9時ちょうどに会場である警察署入り。
2010.05.23銃検査

おお!この警察署にはエレベーターなんてあったんだ!
何度も来ているけど初めて知りました(笑)。


受付けをしてから、銃の検査。
この時は猟友会のベテランの方もお手伝いをされています。
「この銃の銃身はここからここまでですよ」
「ああ、これは銃口径がこの方法では計測できません」
などと警察の方よりも詳しいですね。


それから聞き取り調査です。
銃の申請などとほとんど同じことを聞かれます。

高齢者の方は健康状態や認知症じゃないかを詳しく聞かれていましたね(笑)。
認知症なんて本人でも分らないだろうから、あんまり意味があるとは思えませんけど…。


私は特に問題なく終了。
費用は無料です。


同じ有害鳥獣捕獲隊のメンバーの方がちょっと長引いていました。
ハーフライフルと呼ばれる銃身の半分以下にライフリングの溝を切ってある銃を所持していたからです。
銃刀法が改正になってハーフライフルの所持が厳しくなったのです。

「この銃で散弾を撃ちましたか?」

「いや、この銃はそういう銃じゃないので(専用の弾で遠距離の大物を撃つ銃なので)、散弾は撃っていません」

「現行の銃刀法では散弾を撃てない銃は散弾銃と認められません」

とのやり取りが続いた後、
「そりゃ、散弾だって撃とうと思えば撃てますよ」
と言うことで散弾銃と認められ、なんとか検査クリア。

所持許可を認めたのは警察なのに、ハーフライフルを問題視した上に、こんなやり取りでクリアできるなんてザル法と言わざるを得ませんね。




狩猟免許取得の時の「ハンター同期生」とも再会し、この猟期の話などを話しました。

皆さん、初めての猟期を楽しく過ごしたようでした♪

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード