fc2ブログ

食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

元気のない時は鹿肉のステーキでも食べよう♪

すっかり元気になりましたが、まだ抜糸の済んでいないカヤの背中の傷を見ると凹んでしまいます。
2020.11.12カヤの経過2

「うう、犬がイノシシに切られる度に泣いているオレは猟師失格かなぁ…」


そんな事を思いますが、まあ元気が無い時は肉を食べよう。

しっかりドリップを抜いた熟成物の鹿肉がちょうど食べ頃なんだよね~♪
2020.11.19鹿肉ステーキ3

肉を食べるために猟師になった私は、肉を食べると幸せになれます。


鹿肉は美味しい肉です。
でも年配のハンターの方に聞くと「パサパサで美味くない」という答えが返ってくることが多いです。

これは単純に火の通し過ぎですね。
煮物なんかでカチカチになるまで火を通すと、レバーの様な食感になります。


そんな鹿肉のお勧めの食べ方は「厚切りステーキ」です。
2020.11.19鹿肉ステーキ2
ガッツリ厚切りにして、塩コショウのみのシンプルな味付け。

お好みの焼き加減で仕上げますが、私は中心部が真っ赤な「ベリーレア(ちゃんと低温で火は通っている)」くらいが好きです。
2020.11.19鹿肉ステーキ1
(これは写真撮影用に、いつもより相当火を通しました。笑)

ソースは醤油に柑橘を絞った和風サッパリソース♪
これがまたいくらでも食べられるんですよ。

「生肉がダメな人は食べられないだろうなあ…」
と思いながら、大きめにカットして血と肉汁滴るステーキを頬張り、安物の赤ワインを飲みます。

「ふう、満足♪」
久しぶりに食べる鹿の生肉のステーキは胃袋も心も満たしてくれたのでした。

美味かった!!


今日も自然の恵みに感謝です。


↓ジビエ肉を刺身で食べちゃダメよっ!!と思った方はクリックプリーズ(でも時々口の中に入っていることあるけど、笑)♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム
関連記事
スポンサーサイト



コメント
低温調理
こんばんは、
旨そうな鹿肉ですね~。
私の猟場には鹿が居ないんです、だから他県の猟仲間からたまに頂くくらいです。
やはり、がっつり焼くとパサパサになるので低温調理機を買いました。
ジビエ肉だけじゃなくて、牛、豚、鶏等々も時間と温度を設定するだけで安全にジューシーな肉を食べられるという肉好きな私にはピッタリなアイテムです!
それにしては本当に美味しそうな鹿肉ですね~ワインにあいそう🎵
2020/11/20(金) 00:05 | URL | kotaro #-[ 編集]
シカステーキ🎵
やっぱり、じゃんさんはこうでないと。
さすがの猪肉も、この食べ方は出来ませんからね。
この焼き加減がミソですね。
急にシカ肉が食べたくなってきました!
2020/11/20(金) 19:27 | URL | あっきょ #-[ 編集]
kotaroさん
こんばんわ~。
お肉は調理次第で味が変わりますよね。
好みでしょうが、私はあまり熱を通さない方が好きです。

ウチのお袋は、海から遠い場所の出身だったので、少しでも赤い肉は「気持ちが悪い」と言って食べません。
それも食中毒から身を守る術だったのだと思うと、それぞれの意見を尊重したいと思います♪
2020/11/20(金) 21:51 | URL | じゃん #-[ 編集]
あっきょさん
脂身たっぷりのイノシシ肉も抜群の美味さですが、状態の良い鹿肉の美味しさも捨てがたいですよね♪
色々あって最近は鹿肉の刺身を食べていませんが(そういう事にしてください)、やっぱり肉の刺身はじゃなかった、レアステーキは美味しいです!!
2020/11/20(金) 21:55 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
負傷したワンコにも上げて下さいな(・∀・)
2020/11/21(土) 13:43 | URL | rossi #-[ 編集]
rossiさん
ありがとうございます♪

はい、もちろんワンコが第一で、鹿肉の良い部位を生で食べさせてやっています。
カヤはもう元気ですよ!
2020/11/22(日) 19:04 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード