FC2ブログ

食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

絶品!!イノシシ飯♪

イノシシ肉で私の大好きな部位の一つ。

背骨周りのお肉です。
2018.12.16イノシシ飯1
骨周りのお肉は加熱すると骨髄から旨味が染み出てきて、お肉が格段に美味しくなるんですよね。

骨髄は豚骨スープなんかのスープの素と言えば分かりやすいでしょうか。


シンプルに塩茹でにしても美味しいのですが、今日は甘辛い味付け。
昆布やカツオで少し出汁を取り、酒とみりんと醤油なんかで適当に甘辛いタレを作り、その中にイノシシの背骨を投入!

好みで生姜や唐辛子なんかを入れても美味しいです。

骨髄液がしっかりと抽出できるように圧力鍋でコトコトと長めに煮ます。


で、出来上がりがこちら♪
2018.12.16イノシシ飯2

このまま骨を手に取ってしゃぶることも多いのですが、この日はイノシシ飯(味ご飯)を作ってみました。


骨周りの肉を手で取り、ゴボウやニンジンなんかと一緒に炊飯器へ!!
2018.12.16イノシシ飯3
お米は洗って水気を切り、お肉を煮た出し汁で味付けます。

この時はお米を3合入れたのですが、モリモリのお肉と野菜で5合くらいになってしまいました(笑)。


炊き立ての熱々のご飯に刻んだ三つ葉を加えて出来上がり。
2018.12.16イノシシ飯4

骨髄から出た旨味と脂がご飯に染み込んで、まるで炒飯のようにパラパラとほぐれます。

「ハフっ!ハフっっ!!」


ああ、美味しい♪
骨から出た旨味が絶品!!


そう言えば先日若くして亡くなった叔父の大好物が、近くの駅の名物の「かしわ飯」だったんだよな~。

実家に寄る度に「かしわ飯が食べたくなったから買ってくる」と言って買いに行っていたっけ。


イノシシ飯を食べながらそんな事を思い出していたのでした。


ごちそうさまでした。



↓う、美味そうじゃないかっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム


スポンサーサイト

イノシシを立てて(啼き止めて)いたんだけどなぁ

「ハッ、ハッ、ハッ!」
山の中を忍び足の全力疾走で駆ける私。


勢子長のワンコ達がイノシシを追い出して、遥か遠くで啼き声が留まっています。
「立てた(啼き止めた)な!!」

飼い主である勢子長は相当に離れた場所にいたし、走り回れる人の中で一番近い場所にいた私が持ち場を動くことを伝え山の中を走っていた状況だったのです。


段々と近付く犬の啼き声。
「ゼェェ~ハッッ、ゼェ~ハッ、ゼェ~ハッ!」

それなりに若いつもりですが、世間一般では立派な中年に仕分けされる年齢でもあるので、足はもつれ息も絶え絶えと言う状況(笑)。


「あと一尾根…。この稜線の向こうにいるはず」
上がらなくなった足を引き上げ、一層細心の注意を払って静かに忍び寄ります。


尾根を上がり犬の姿を探します。
「いた。孟宗竹の藪の中に向かって吠えている…」


そしてその時に明らかにイノシシではない動く物体に気付いてギョッとします。
勢子副長が車で先回りして山の中を上がって来てくれていたのです。

もう言葉は発することが出来ない状況だったので、
「お前が行け!オレは上からカバーするから」
とジェスチャーで合図を交わし、音も立てずにスルスルと寝屋の上側に登っていく勢子副長。


先輩の勢子役の方々の言葉を思い出します。
「いいか、啼いている猟犬の視線の先に必ずイノシシはいる。犬を信じろ。
そして犬が吠えている時がチャンスだ。イノシシは猟犬に気を取られてハンターの接近に気付きにくい」

倒れた竹を跨いだり潜ったりしながら出来る限り近付きます。
吠え続ける猟犬たち。

猟犬たちの視線の先の藪に向け銃を構え、静かに待機。
「ゼッ、ゼッ、ゼッ…。勢子副長の位置取りOK。犬達の位置も把握…。さあ、出て来い。姿が見えた瞬間に撃つ!」

帽子のつばから汗が滴り、息が上がって構えた銃身が上下にブレます。


猟犬たちが吠える先の藪が少し動き、弾き跳ぶように猟犬が後ずさり。
(これはイノシシが猟犬を攻撃しようとしたため、猟犬たちが気配を察して躱した)
しかしイノシシの姿は見えず。

「くそ、少しでいいから姿を見せろ…」

イノシシの攻撃を受けて用心したのか、猟犬たちの啼きが止まります。


そしてそれっきりイノシシは音もなくどこかへ逃走してしまいました。


「やられた…。向こうの方が上手だった」

待場に待機する仲間にイノシシの逃走方向を伝えます。


イノシシはグルグルと包囲網の中を逃げ回っているようでしたが、しかし最後には上手く待ち(射手)に掛かり仕留められました。
2018.12.14立てていたんだけどなぁ2

54kgのオスイノシシ。
2018.12.14立てていたんだけどなぁ3
脇腹の下(中には肺や心臓がある)の良い場所を撃って一発で仕留めていますね。

プリプリとしたもち肌でよく脂が乗っていました。


その日は背ロースのステーキを拵えて山の神様祭り。
2018.12.14立てていたんだけどなぁ5

とっても美味しいイノシシでした。


一部始終を見ていた勢子副長が
「いや~、今日はじゃんが仕留めたと思ったんだけど、あとちょっと運が無かった。惜しかった…」

「一発で倒した射手のオレの事も褒めて。起き上がってこようとしていたので、止め矢を撃ったけどそっちがまる外れだった事は内緒だけどね(笑)」

なんて言う話で大いに盛り上がったのでした。


今日も自然の恵みに感謝です。



↓勢子が未熟だなっ(はい、その通り)!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

絶賛堪能中っ!!

寒くなってきましたね!!


「さあ、子育ても終わったし、子犬たちの仕込みもあるし今年はバリバリ山を引くぞ!!」
と思っていた我が家のアマゾネス軍団(ふじ、もり、かや)が猟期直前に発情期に突入!

「こればかりはどうしようもないよね」
と思って山を引けずに、待ち役として猟に参加する日々。


おまけに3頭が少しずつズレて発情期が来ているので、もうどのワンコが発情しているのかよく分かりません。
「しょうがない、焦るなということか…」


おまけに私がワンコのモフモフの揉み心地の感覚レスで淋しくなります。

「少しだけならいいか」
とそろそろ発情が終わった感じのふじを室内に入れたところ。

2018.12.12絶賛堪能中!!1

コタツ布団を絶賛堪能中の図(笑)♪


「いや、そりゃあ気持ちいと思うよ。
コタツ布団はフワフワだし、コタツから温かさも伝わって来るからホカホカだろうし…。

でもね、ふじ。キミは本来ならイノシシを追いかけて山を走り回る猟犬だよ。
ダニも付くし、泥で汚れるでしょ。

だから山を走るようになったら外で寝るんだよ!」


しっかりと言い聞かせます。
しかし一旦コタツの気持ちよさを知ってしまい、かなり不満そうな顔のふじ…。



しばらくして就寝の時間。

「さ、ふじ。寝る時間だからもう外に出なさい。
オレもおトイレに行ってくるから」


そしてトイレから帰ってくると、いつもなら出口付近で待っているふじの姿がありません。

「あれ?どこいったんだ!? コタツの中かな?」
と思ってコタツ布団をめくりますが姿がありません。


不思議に思っていると後ろから感じる視線。
2018.12.12絶賛堪能中!!3


私の布団の中から見える犬の鼻。つぶらな瞳…。

「いや、そこも相当に気持ちいいだろうね。でもそこはオレが寝る場所ですから!」


うう、心折れそうです(笑)。



↓甘やかし過ぎだっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

親方(若き勢子)の立て撃ち!

今日の待ちはこんな感じ。
2018.12.08親方(若き勢子)の立て撃ち1

結構な急斜面をフーフー言って登り、斜面中腹を走る2本の通し(けもの道)を待ち受けます。


猟犬を放って巻狩りが始まりますが、ワンコ達は包囲網を通り抜けた外側で啼き出します。
「しまった!弓(包囲網)の外で寝ていたか。抜け足を見落とした…」


獲物が包囲網の外で出た場合は、地形にもよりますが獲物を追い返して来たりして乱戦になり、判断に迷う時が多いです。


そんな時にゲームメーカーであり指示をする勢子役の技量が問われます。

親方(若き勢子)の的確な指示!
「南方向の◇◇方面に走っているよっ。こちらの待ちは追い返してきた場合に備えてそのまま待機! ○○さんと△△さんと□□さんは、待ちを解いて車で◇◇方面に先回りお願いします!!」

「ラジャーっ!!」


行政区が変わるような広範囲を移動しての先読み。
何人かは猟犬が獲物を追って行った方向に車で先回りし、すぐに2重3重の包囲網を布陣して主要な獣道で待ち受けます。


そして勢子役の親方(若き勢子)と勢子長は山の中を突き進み、猟犬と獲物を追います。


私はと言えば、一番高い所近くに上がっていたので一旦山を下り、車で先回りする方向を目指します。



連絡を取りながら親方(若き勢子)と勢子長が山の中を突き進み、ほぼ同時に犬の啼き声近くに現地到着。

「完全に追い込んで立てている(啼き止めている)。寄るよ!」

猟犬2頭が啼き止めていた所に親方(若き勢子)がイノシシの背後から寄り、横を向いた瞬間に立て撃ち。


しばらくの静寂の後、「止めたよ」の報告。
ほっ。

75kgのメス。
2018.12.08親方(若き勢子)の立て撃ち2
よく脂が乗っていました。


「2頭で挟んで長いこと止めていてくれたいた。子犬(ふじの子供のボブ)もほぼ出来上がったね~♪」
2018.12.08親方(若き勢子)の立て撃ち3
なんて話が飛び交います。

左がボブ。


「うんうん、この前産まれたばかりだと思ったけど、こんな大きなイノシシを啼き止めるほどに成長したんだね…」
我が家でワンコ部屋に一月以上泊まり込んだ日々を思い出し、ちょっと感慨に耽ります。


そしてご年配の方が多いとはいえ、親方(若き勢子)が的確に指示を出し、上手くチームとして機能していますね。
「適材適所」や「リーダーシップ」なんて言う言葉が自然と頭に浮かびます。


猟自体は乱戦模様になったけれど、良い獲物に恵まれました。


今日も自然の恵みに感謝です。



↓包囲網を突破されても諦めない強い心が凄いっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

子イノシシの坦々キムチ鍋

12月になったのに25℃を超える夏日を記録したり、寒くなったりと変な気候ですね。

暑さ寒さを感じながらも、とりあえず寒暖差で体調を崩さないためにも「人間って食べることは重要だ!」と日々思っている次第です。
(まあ、年間ずっとそう思っているので、単に食い意地が張ってるだけなのでしょうが…)


今日の晩御飯は先日獲った子イノシシを使ったピリ辛坦々鍋。
2018.12.04子イノシシの坦々鍋2

猟師の特権で、「これでもかっ!!」というくらい皮付きのお肉やタンや心臓なんかをたっぷりと投入♪
(ドンドン食べないと溜まる一方だから)

出汁をしっかりと取った味噌鍋仕立てで、豆板醤や豆鼓醤、ゴマペーストやゴマ油を加えて中華風に仕上げます。


味がしっかりと染み込んだうどんが美味い!!
2018.12.04子イノシシの坦々鍋3

それにゼラチン質の皮がプリプリした食感でとても坦々風鍋によく合うんですよ♪


辛々味にしていますが、更に七味唐辛子を振りかけます。

「ハフハフハフ…、ズズッ!!」

熱々の鍋を頬張ると、体の芯まで温まります。


「あ~、美味しかった!!」


今日も自然の恵みに感謝です。



↓寒くなってきたから体温まりそうだねっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム


あれ!?獲物が入れ替わった!

この日は朝から獲物探しに苦戦。

メンバーの皆さんが各地に散らばってイノシシの足跡やカセギ(餌を食べた痕跡)を探索しますが、目ぼしい痕跡がなく1時間ほどが経過します。

「うう、獲物に逃げられるのは時の運だとしても、獲物の痕跡が無いのに犬を入れてもエネルギーの無駄だしなぁ…」


猟場をウロウロと彷徨っては獣道の痕跡を探りますが、どこも足跡が古くてダメ。


そんな時にふと田んぼの中に黒い塊が動く様が目に入ります。

「あれっ? んんん!? え~っと、もう8時半になるけど、確かに田んぼの中にいるのは50~60kgほどのイノシシだっ!!」
モグモグと何かを食べていましたが、私の乗っている軽トラに気付くと山の中に入って行きました。

巻狩りは獲物の痕跡から寝屋を推測して猟犬で追い出す猟法で、そこがおもしろい所でもあるのですが、今日の様に獲物の痕跡が乏しい時は目視できるほど確実な証拠はありません。
滅多にないことですしね。


急いでメンバーの皆さんに連絡して山を囲んでもらいます。
2018.12.04子イノシシの坦々鍋4

待ち役が山を取り囲み、勢子役が猟犬を入れます。


ギャンギャンギャンっ!!
すぐに追い啼き!

しかしこれは狙っていたイノシシではなく鹿。
一旦猟犬を呼び戻し、再びイノシシが入った山へ犬を導きます。


ギャンギャンギャンっ!!
「よし、出たぞ! 今度こそ本命のイノシシだっ!!」

すぐに一発の銃声。
無線連絡が上手くいかず、はっきりとは分かりませんでしたがイノシシを仕留めたようです。

「よっしゃ、上手くいった!
それにしてもこんなに獲物の痕跡が乏しい時に田んぼに出てきたイノシシを見付けるなんてラッキーだったなぁ♪」


しかし現場に駆け付けると私が見た50kgオーバーのイノシシではなく、仕留められたのは20kgほどの子イノシシが2頭。
(1頭は犬が噛み止めた)

2018.12.04子イノシシの坦々鍋1

「あれ~、どういうこと?」
どうやら私の目撃した親イノシシが逃げ込んだ山の中にたまたまこの子イノシシも潜んでいて、こちらの子イノシシを先に猟犬が発見してしまったようです。


無線連絡が上手くいっていたら「獲物が違うから競り返すぞ!」となっているところでしたが、一旦包囲網を解いてしまったので抜けられている可能性が高いと判断してそのラウンドは終了。


その日はもう2ラウンド競りましたが、上手く待ち(狙撃手)に掛からず…。
残念!!

う~ん、猟は上手くいく時もあればそうでない時もあります。
だからこそ上手くいった時は嬉しいんですけどね。


しかしまあ、2頭の獲物に恵まれたので良しとしましょう。


今日も自然の恵みに感謝です。



↓なんだ?真っ白なイノシシだなっ!!と思った方はクリックプリーズ(毛を抜いて処理したのです)♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム


イノシシのシチューとすき焼き♪

たまにはイノシシ料理をば…。

まあ、普通のお肉と同じ感じなんですけどね。


まずは端肉(すじ肉やステーキにならないような端のお肉)で作る、「お肉ゴロっとシチュー」です。
2018.11.27学会に参加1
せっかく骨が手に入るので骨を煮てベーススープから作ることも有りますが、市販のシチューの素を使っても十分美味しくできます。

お肉はかなり大きめにカット。
すね肉なんかを使うことが多いですが、猟師の特権であるタンや頬肉や心臓なんかもふんだんに使います。

肉をドンドン食べないと冷凍庫にも収納できなくなってきますしね。

後は圧力鍋で適当に煮込むだけ。

スプーンで軽くおさえるとホロホロと筋肉の繊維がほぐれます。
いやぁ~、なんか高級料理店みたいだ♪

美味い!!



あとはやっぱり鍋ですね。
2018.11.28イノシシのすき焼き2
今回はイノシシのタンとお肉がたくさん入ったすき焼き♪

本当に美味しいお肉は脂身の美味しさがしっかり味わえる水炊きがお勧めですが、毎日だと飽きるのでキムチ鍋や味噌鍋や醤油鍋やコンソメ牛乳鍋を作ることも多いです。

美味しいお肉はどうやって食べても美味しいですね♪


すき焼きは摘まんでも簡単に黄身が破れない自家製ホシノさん卵でいただきます。
2018.11.28イノシシのすき焼き1

手前味噌ですが、「日本一美味しいすき焼き♪」って感じ。


やっぱり美味しいものを食べている時が一番の幸せな時間。

今日も自然の恵みに感謝です。



↓イノシシシチューとすき焼き美味しそうじゃないかっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム


カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード