食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

我が名はボス

我が名はボス。
2017.09.25吾輩はボス1

何を隠そう、最初に逆子でえらく難産で産まれて来て、人工呼吸と心臓マッサージをした子犬です。

他の子より一回り手足が大きくて、この子だけちょっとサイズが大きくなりそう。


「まっ、済んだことは良いではないか!」

と、ちょっとすっとぼけた表情(笑)♪


ただ今つかまり立ちの練習の最中で~す(←ウソです。笑)


↓次は二足歩行だっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

スポンサーサイト

ガジガジ…、ゲロッ!!

【少し前の事になります】
2017.09.21ガジガジ5
ウキュウキュとぬいぐるみのようにカワイイふじのお子様たち♪


しかしとある日の授乳中の事・・・。
2017.09.21ガジガジ2

あ!ふじがお子様食べてる!!
2017.09.21ガジガジ1
ちょっとビックリしましたが、これは乳歯が生えて乳房を吸われることを嫌がったふじの行動。

「いてて、痛いからちょっと噛むのを止めなさい!!」
2017.09.21ガジガジ3
ガジガジガジ・・・。

お乳を噛む子を無理やり引き剥がしています。

いや~、お母さん大変だね。。。



そして現在の姿がこちら。
2017.09.21ガジガジ4

いつもは人間のエリアにいて子犬を避けていますが、やはり気になるようで時々子犬のいる部屋に入ってはこの状態。

追いかける足も速くなって逃げることも出来ず、乳首を吸われて痛くてもじっと我慢・・・。

すでに諦めの表情(笑)。


ゲロッ!
そうしていると、いきなりふじが吐きます。

「どうしたふじ、具合でも悪いのか?」
と思っていたら吐き戻したふじの胃の内容物を、子犬たちがハグハグと美味しそうに食べだしました。

「ああ、自分で子犬たちに離乳食を与えるために吐き戻したんだね。狼なんかはよくやるらしいけれど・・・」


自分の食べたものまで子供たちに吐き与えていると、そりゃ痩せるよね・・・。

ふじ、本当におりこうさんです♪


いやあ、お母さんって本当に偉いよなぁ~。



↓お母さんホントに大変だっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

無黄卵

「あれ?なにこれ!?」
2017.09.20無黄卵1
ホシノさんの産卵箱を覗くと、一つだけ極端に小さな卵があります。
(一番右)

スズメやカチガラスやカラスが餌を食べに来たり、卵を盗みに来たりすることがあるので、最初は真面目にそれら他の種類の鳥が卵を産んだのかと思いました。


「まあ、でもそんなわけないよね・・・」
2017.09.20無黄卵2
ペットボトルの蓋と大きさ比較。


ちょっとドキドキしながら割ってみたらこんな感じ。
2017.09.20無黄卵3
白身のみで黄身がありません。

これは無黄卵(むおうらん)と呼ばれるものだそう。
黄身がないまま殻に包まれた卵です。

産まれる原因は不明だそうですが、ニワトリが体調不良等の時に産まれやすいとのこと。
夏が暑かったからか、最近産卵効率も落ちていたし体調悪かったのかなぁ。
 

食べてみましたが「普通~っ!」の白身の味でした(笑)。


チッ!かなり面白くないな~。。。



 ↓こんなの初めて見たっ!!と思った方はクリックプリーズ(←私もです)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

ごた~いめ~ん!!

さあ、今日はふじのお子様たちとリンにゃんの初めてのご対面~。
2017.09.20ご対面1

大きさは高齢で筋肉が落ちたリンにゃんよりもすでに子犬たちの方が大きい感じです。
2017.09.20ご対面2

「ウキュウキュ! あなたは誰?」
2017.09.20ご対面3
おっかなびっくりで近付くお子様たち。

「フシャーッ!! 乳飲み子が気安く近付くんじゃないわよっ!!」
2017.09.20ご対面4
出た、久しぶりの教育的指導(笑)!

猫パンチこそ出なかったものの、かなりビビるお子様たち。
 

そういえばふじも小さい時散々指導されたっけ♪


最後は子犬達がワラワラと集まってきたので、リンにゃんも数に圧倒されて逃げだします。
2017.09.20ご対面5

 
しかしまだまだリンにゃん元気です。


まあ、仲良くしなされ♪


↓高齢なのにニャンコ強いね!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

初めての技能講習受講

銃砲所持をして初めての技能講習を受講してきました。
2017.09.16技能講習1
銃砲所持免許の切り替え時や新規銃砲の申請をするのに必要な銃砲の取り扱いに関する実技試験です。


実は所持許可証の最初の切り替え時は、法令改正があったばかりで「有害鳥獣駆除員は技能講習が免除」という話が出回っていたのですがはっきりせず、銃砲所持許可証の更新時に「やっぱり免除になりません」ということになっても困るので警察署で申し込みを行いました。

ところが受講直前になって「有害鳥獣駆除員は技能講習免除になります」との連絡が来ました。
せっかく申し込んで受講料も支払っていたので、どんなものか試しに受講するつもりでしたが担当警察官の言葉は以下のように続きました。

「で、お願いがあるのですが、技能講習の受講必要者(銃砲所持許可更新時期が迫っている人たち)に対して講習の枠が足りないのです。
講習を受けずに他の方に譲っていただくという訳にはいきませんか? 申し訳ありませんが、お支払いいただいた講習料(12,300円っ!)を返却することは出来ないのですが・・・」
「え?法改正があってそれに対応できていないのも、必要受講者に対して枠が足りないのも私の落ち度ではないと思うのですが、お金が返ってこないんですか?」
「すみません、だからお願いという形になるのですが・・・」

かなりビックリしたのですが、まあ法改正があって各役所がバタバタしていましたし、何より一番困惑していたのは(私も含めて)銃砲所持者の皆さんでした。

受講できずに銃砲所持許可証の更新が出来なくて困っているのが自分と同じハンターさんだと思うと、言いたいことは色々とありましたが、一地方の警察の担当者に言ってもどうしようもない事だと思いましたし、「困ったときはお互い様」と受講を取りやめた経緯があります。


その次の所持許可証の更新時は有害鳥獣駆除に従事していたので技能講習免除。


で、今回は忙しくて有害鳥獣駆除をお休みしているので受講の運びとなりました。
2017.09.16技能講習5
(銃砲所持者の保安上の理由からモザイクを掛けています)

講習は午前と午後の2回開催され、私が受ける午後の部の受講者だけで14名。
2017.09.16技能講習2

会場に持ち込む必要のあるものは技能講習通知書、自分の猟銃、弾25発(不発などに備えて予備弾を持って行った方が良い)、銃砲所持許可証、その他耳栓や射撃ベストなど射撃に必要なもの。


猟銃の安全な取り扱いが出来て、5メートルトラップ射撃25発撃ちで3発以上中ると合格。
(スキート競技で受講も可能)

ただし、銃口を人に向けるなどの重篤な銃器取り扱いの不備や暴発などがあると10点の減点になり、80点未満の人(2回重篤な取り扱いの不備がある場合)は射撃点数が合格でも、銃器の安全な取り扱いの面で失格になります。

ちなみに銃器の故障や撃針折れ、弾が不発で予備弾が無い場合などで25発撃てないと失格になるそうです。


「3発なんて初めて銃を撃った人でも中るし、意味ないんじゃないかなぁ」
と、正直この時は思いました。



まずはDVDで座学の後、室内で銃器の組み立て・分解動作確認。

その後射場に移動して実技です。

安全な銃器の取り扱いのために、銃を持ったり、弾を込めたり、射撃後には必ず銃口内を目視確認。
「銃口内確認異常なし!!」
と発声。

今回は受講者が多いので2班に分かれ、不発弾の取り扱い動作確認後に指導員から問題点を確認指導していただきながら3発射撃。
2017.09.16技能講習3

この日は女性も2名受講。
2017.09.16技能講習4

受講者は射台に出入りして弾の装填や射撃が終わるたびに確認を行い「銃口内確認異常なし!!」と発声します。

3発の指導射撃が終わると、各自指導なしで2発の射撃。
私と同じ班の方は皆さん問題なく終了。

終了後に渡されたスコアを見ると25点満点中16点。
各ポイントで安全確認に重点を置いて射台に入ると、やはりなかなか集中できなかったですね。(←単に下手なだけ。笑)



そして受講者の皆さんに問題が無かったかというとそうではありません。

私とは別の後の班にかなりご高齢のお爺さんの受講者がおられました。
耳が遠いようで、指導員の方の注意も聞こえていないようでした。

特に問題だったのが銃器の取り扱い。
自動銃をお持ちだったのですが、銃を片手で持ったりして銃口が明後日の方向を向くことが度々・・・。

「危ないですよっ!」
水平に銃を持った時に銃口が人の方向に向き、ついに指導員からの注意。

「銃口には常に気を配ってください!完全に人の方向を向いていましたよ。
注意が1回なので、もう一度注意を受けると今回は不合格になりますよ」


「やれやれ、色々とうるさいのう・・・」
お世辞抜きに人の良さそうなお爺さんだったのですが、注意を受けた後にそんな独り言を呟かれていました。

う~ん、これが自分の親父だったらと思うと、すぐに銃砲所持許可を返納させていますね・・・。
なにせ持っているものが猟銃ですしね。


2組に分かれた班の内、私が射撃を行った早い組は実技が終わると講義室に戻って終了したので、このお爺さんが最終的にどうなったのかは分かりません。
正直厳しいだろうなぁ・・・。

受講して初めて、技能講習は射撃技能だけではなく銃器の安全な取り扱いのためにあるものだと理解できました。



初めて受講した技能講習でしたが色々と考えさせられることがありましたね。



↓技能講習は必要だねっ!と思った方はクリックプリーズ♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

接近!

ふじのお子様たちは日々大きくなって、力も強くなってきました。
2017.09.13接近1
尖った乳歯で噛まれるとかなり痛い!


そして猟犬の本能で、動くものに興味津々♪

掃除をすると集団で雑巾に噛み付いてくるし、写真を撮るとストラップにじゃれついてきます(笑)。

ストラップで一頻り遊び終わると、次はカメラ本体が気になってしょうがない(笑)。
2017.09.13接近2

まともな写真が撮れないじゃないか~!
でもカワイイ♪


ああ、毎日が戦争のような忙しさです(笑)。


↓はあぁ~、ぬいぐるみのようだねっ♪と思った方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

子育てちょっと休憩! ハゼ釣り行って来ました♪

日々大きくなる子犬たち。
2017.09.09ハゼ釣り1
ふじと子犬たちのいる扉を開けるとウキュウキュと走り寄ってきます。
か、かわいい♪


しかし朝起きては離乳食を作っておしっことウンウンの片付けをしながらご飯を食べさせ、お昼はスクーターに乗って同じことを繰り返し、夕方帰宅してまた同じことを繰り返す・・・。

ふじの散歩と、高齢猫のリンニャンの緩下剤入りのエサを作って、ホシノさんに蚊取り線香を焚いて魚を煮てやって・・・。

子犬可愛いけれど、だああぁっ!!育児(と動物たちの世話)に疲れたっっっ!!!
2017.09.09ハゼ釣り7


という訳で潮の良い時間を見計らって、ちょっと気分転換に3時間ほどハゼ釣りに行って来ました。

釣具屋に行って餌のゴカイを購入。
釣り場に着いて針にゴカイを付けていると、ガラにもなくドキドキしている自分に気付きます。
「やべ、久しぶりの釣りで舞い上がっている。何十年釣りしてるんだ、落ち着けオレ!!」

ドボ~ンと仕掛けを投入。

すぐにアタリ!
2017.09.09ハゼ釣り4
手のひらサイズのキビレチヌ。

お、本命のハゼ♪
2017.09.09ハゼ釣り3
17~18センチの立派なサイズ。

他にもセイゴ。
2017.09.09ハゼ釣り6

チヌ子。
2017.09.09ハゼ釣り5

ハゼはまだ走り(シーズン初め)なので数は釣れませんが、皆20センチ弱くらいの大きめのものが9匹。
キビレチヌやセイゴはハゼの倍以上釣れました。

大きくなる魚なのでなるべくリリースしたかったのですが、針を飲み込んだものはホシノさん達のタンパク源としてお持ち帰り。


さあ、そろそろお子様たちの離乳食の時間だから帰らなきゃ(笑)。

しかし久しぶりの釣りはとっても楽しかった♪


今日も自然の恵みに感謝です。



↓早くも育児放棄か!?いえいえ、休憩って必要だよね♪と思った方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード