FC2ブログ

食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

晴れた!潜りに行くぞっ!!

晴れたぞ!
少し風があるけど、様子を見ながら潜りに行こう。


風と波が高くなる予報ですが、海に着いて様子見。

うん、ギリギリで大丈夫そうだ。
2019.07.17晴れたぞ!1
(分かりにくいのですが、沖は結構波立っています)

これ以上波が高くなったら迷わず水から上がることを前提に海に入ります。


「雨と風でやっぱり結構濁りが入っているな。魚影も少ない」

獲物に恵まれなかったら久しぶりにアカエイでも食べようかな。
2019.07.17晴れたぞ!2


サーフの潜りで大切なことは「こちらが相手を発見する」ことだと思います。

これは小さなネズミゴチですが、砂の上にいるのが分かりますか?
2019.07.17晴れたぞ!3

正解はこんな感じ。
2019.07.17晴れたぞ!6

「見つかっていない」と思って、じっとしていることが多いんですよね。


苦戦しつつもボチボチ魚をゲット。
しかし波が高くなり始めたので無理はせず1時間ちょっとで撤収。

そして岸に向けて戻っている最中に砂の中に違和感。
2019.07.17晴れたぞ!4
ついでの駄賃で49センチのヒラメゲット。

よっしゃ、ラッキー!



全体的にはこんな感じ。
2019.07.17晴れたぞ!5

まあまあのサイズの石鯛(37センチ)が獲れたので満足。

クロ(メジナ)にヘダイ、石鯛、ヒラメ。
この条件にしては獲物も充分です。

何より水に入って波に揺られてストレス解消になりました。


ああ、楽しかった♪


今日も自然の恵みに感謝です。



↓アカエイ料理の記事頼むっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

スポンサーサイト

さあ、ようやく雨も上がったから軽トラの荷台を乾かすために幌をオープンにして走ろう。

そんな事を考えて軽トラで出勤。


私の軽トラは荷台に防錆塗装を施しているので、比較的錆びには強いと思うのですが油断は禁物です。
なにせ海水で濡れたウエットスーツを積んだり、血の滴るイノシシを乗せたりしていますからね(笑)。

この日は梅雨の晴れ間で、夏日になって暑い一日だから荷台もよく乾きそうです。
2019.07.16檻1


そんな事を考えながら仕事をしていると、同じフロアで働く若い女性から声をかけられます。
「荷台に乗っているのが檻なんですね!!」

「へ!?一体何のこと???」

「イノシシを捕まえるための檻でしょ、あれ!?」

そこでようやくピンと来ます(笑)。

「ああ、あれは猟犬達を乗せて山へ行ったり、散歩に連れて行くためのゲージなんだ。イノシシを捕まえるための檻(箱罠のことね)はもっと大きいよ」


少し話をすると、私の軽トラはいつも幌を張っているので何が荷台に乗っているのか気になっていたとのこと。
2019.03.25ハイゼットジャンボ1

そして初めて幌を開けていたのを見たので、てっきりイノシシを捕まえるための檻だと思ったとのことでした(笑)。


それに犬の散歩にゲージを使うことが想像できなかったことを教えてもらいました。
なるほど!最近は小型の愛玩犬ばかりでゲージを使っての移動なんて少ないんだね。


それにしても一般人から見るハンターのイメージって、かなり実際とはかけ離れているもんですね~。


ご期待に沿えずにすみません(笑)。



↓たぶんそんなにかけ離れてないよっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

雨ばかりでストレス溜まりまくりなので、釣りに行って来ました!

休みになったら雨雨雨雨雨…。

「だあぁぁ~っ!!いくらなんでも限界がある。ストレス溜まりまくりなのでちょっとくらい濡れても釣りに行ってやるっっ!!」
2019.07.14サーフからのキス釣り2

今にも降り出しそうな空模様の中を出発!


そう、私が社会生活を送る上で一番大切なことはストレス発散。
人によって飲み歩いたり都会に出たりとその方法は様々なのでしょうが、私の場合フィールドに出て遊ばないとダメなのです。


というわけで雨の合間に海に出かけます。
目的はキス釣り。


最初のポイントはヒイラギや…
2019.07.14サーフからのキス釣り3

チャリコ(鯛の子供)に悩まされて場所移動。
2019.07.14サーフからのキス釣り1


「う~ん、網が入って最近キス釣りではまともに釣れてないから、思い切って新規ポイントの開拓だ!」
と考え、目ぼしい場所を見て回ります。


「自分で海底を見てきた経験から考えろ。網が入れにくい場所で大きなキスがいる場所…」
2019.07.14サーフからのキス釣り4

こんな感じの、砂浜に沈み瀬が入り混じった場所に見当を付けます。

キスは砂浜に群れているイメージがありますが(それは確かに事実なのですが)、岸近くの大きなキスは岩礁周りに自分のテリトリーを持って、餌を独占するために他のキスを追い散らしています。


根掛かり覚悟で沈み瀬の間に仕掛けを投入!!

一投目から強烈なアタリ。
2019.07.14サーフからのキス釣り5
この日の一番大きな24センチのキス。


少しずつ場所を移動しながら、その後も中くらいのキスをコンスタントに釣り上げます。
2019.07.14サーフからのキス釣り6


なかなかのペースだったのですが、土砂降りになってきたので納竿。


20センチを超えるものは4匹のみでしたが、大小合わせて全部で30匹ちょっと。

「うん、我ながら良い場所を見つけた」


それなりに釣れたし、ストレス解消になりました♪



今日も自然の恵みに感謝です。



↓天気が悪いくらい、いい年して我慢しろっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

最近の野外活動の必需品

ここ数年野外活動で手放せないもの。

それはこれ!
2019.07.11必需品1
「日焼け止め」です。

当然ながら「お肌の手入れは大切だから」とか「日焼けをするとシミやソバカスが増えるから」なんていう理由ではありません。
後がムチャクチャ楽♪だからです。

長時間野外にいると、直射日光だけではなく海や地面からの照り返しがあるので物凄く日に焼けます。
特に春先のシーズン初めの釣りの時には、肌が紫外線に慣れていなくて、日に焼けると夜にヒリヒリするし酷く疲れるのです。

日焼けって大げさに言えば軽い火傷ですしね。


最初は釣りで使ってる方がいたので真似をしてみました。
そして寝る時間になって布団に横たわると、ふと思い出しました。
「あれ?全然疲れ方が違う。なにこれ!?」

それ以来愛用していますが、当然ながらどこのメーカーの何という商品が良いのかなんて分かりません。
いつも安い時に日焼け止め効果が高いもの(SPFの数値が大きなもの)を適当に買っています。

最近はコンビニでも売っているので、「あ、忘れた」という度に購入してしまい、釣り道具や車の中に何個も転がっている状態です(笑)。

汗をかくし水に濡れるので、買うのはウォータープルーフ品。
釣りに行く前に塗り、釣りの休憩中に時々思い出したように塗り込みます。


最近では釣りだけではなく、潜る時や有害鳥獣捕獲活動の時、長時間の植木の剪定や草抜き時にも使用しています。

ヒリヒリして暑くて眠れないという様な事もなくなるのでお勧めです。


まあしかし、もうすでに真っ黒に日焼けしているおっさんが肌にベタベタ塗り込んでいるのはサンオイルと思う人が大半で、日焼け止めと思う人はまずいないだろうなぁ(笑)。



↓おっさんが日焼け止めを塗っているのを想像したら気持ち悪いぞっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

有害鳥獣捕獲活動の始まり

有害鳥獣捕獲活動が始まりました。

今月の銃器による捕獲対象はカラスとドバト。
週に一度の合同捕獲日に集合して捕獲活動を行います。

「ええっと、暑いけれど長袖の上下作業服に長靴。クーラーボックスに氷を入れて冷たいお茶を用意。ああ、蚊がいるから虫除けも必要だな…」
2019.07.07有害の始まり1

久しぶりの夏山での有害鳥獣捕獲活動に、思い出しながら必要なものを揃えます。


現場に到着して先輩方に様々な情報を教えいただき、私にとっては初めての場所だったので、周囲の地形を確認するために軽トラで周囲を一回り。

これは事故を防ぐためにも必要な事です。
飛んでいる鳥は空に向けて撃つことになりますから、地形や建築物や道路の位置を把握していないと安心して撃てませんからね。


カラスを撃つ場所はこんな感じ。
2019.07.07有害の始まり3
この小山を超えてカラスが飛んでくるとのこと。

各方面に散らばっている先輩方と手分けして、散弾銃で追い払いを兼ねて撃ち落とす作戦。


身を潜めて待っていると、たまにカラスが上空を飛んで行きますが、高すぎて完全に射程外。

2019.07.07有害の始まり2
すぐにフルチョーク(銃身の絞りの中で、一番遠くまで弾が飛ぶもの)に交換します。


この日の捕獲は全員で6羽。
2019.07.07有害の始まり4

陽が上がると気温も上がり過ぎて、カラスもすっかり身を潜めてしまった感じですね。



有害鳥獣捕獲活動に関しては考える事や思うことも色々とあるのですが、ゆっくりと考えてその内に記事にしたいと思います。

ただ私個人としては
「生命維持の根幹となる第一次産業従事者の方々が悔しく哀しい想いをしないように、そしてきちんと報われる社会であって欲しい」
と願い、そのお手伝いをする気持ちのみです。


しかし暑かったなぁ。

熱中症で倒れないように頑張りま~っす!!


↓復帰してもすぐに戦力外通告出されそうだなっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

ふじの子供の頃

ふじの子供の頃の写真が出て来て、単純に懐かしいのでアップします。
2019.07.04子供の頃のふじ2

これは我が家に来てすぐの頃で、生後2カ月半くらいでしょうか。


口周りが黒くて、瞳も黒目がちな子犬でした。
2019.07.04子供の頃のふじ1
耳も大きく「リボンを付けてるみたいだ」と感じていましたね。

私が家に帰る時間になると、いつも玄関で待っていてくれていたので、仕事が終わると飛ぶようにして帰宅していました。


最初の頃は互いの信頼関係を築くために、同じ部屋で寝泊まりしていたのを思い出します。
2019.07.04子供の頃のふじ3

夜中にふじの気配がして目を冷ますと、寝ぼけ眼で歩き出してジョボジョボとおしっこをして、更におしっこを踏んだ足で私の顔に乗って来たり…。

ああ、あの頃は本当に可愛かったなぁ♪


ちなみに目が開いたばかりの頃の写真がこちら。(一番左のコがふじです)
2019.07.04子供の頃のふじ4
親方(若き勢子)撮影。

この写真を見た時、「この子は少しパグの血が入っているんじゃないだろうか?」と、真剣に思ったものです(笑)。


ま、ツラツラと子犬の頃のことを書くのは、最近こんなふじを毎日見ているからなのですが…。

2019.07.04子供の頃のふじ5
エアコン絶賛堪能中!!の図(笑)。

すっかり部屋の中でオヤジ化しているふじでした。


オヤジ化してても可愛いから許せます♪



↓甘やかし過ぎだっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

親子だねぇ(笑)♪

今日も元気にワフワフと走り回るワンコ達。
2019.07.02親子2 (2)

左より、カヤさん、モリさん、ふじさん。


ピイィィイ~~~っ!!

と口笛を吹いて呼び戻しをかけます。


暑い中、戻る途中で走り疲れて小走りになるワンコ達。
2019.07.02親子1

左より、ふじさん、モリさん、カヤさん。

ふじのお子様たちはどの子もよく似ていて、猟期に「おお~い、茶色の犬が来たけど名前が分からん!」と猟隊の方々によく言われました。


改めてこうやって遠目に見るとよく似ていますね。


やっぱ、親子だねぇ(笑)♪



↓似過ぎだっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード